惑星Xニビルって?2014年最新情報!

宇宙は謎に包まれているといっても
最新の技術や発明によって
宇宙へ直接赴き、その目で確かめたり
データを取ったりしているのもあるので
ある程度のことはわかっているとは言っていいでしょう。

 

 

しかしどうやら、完全に謎に包まれている
惑星Xがあるのだとか。
惑星Xの目的は…恐ろしいものかもしれません。

スポンサーリンク

惑星Xニビルって?

 

惑星Xとはご存知だろうか。

 

 

Xというのは
未知の事柄、物などに置き換えて
使われるアルファベットだというのもあり
惑星Xがいかに謎に包まれた存在であるということが
その名称だけでも伝わってくると思います。

 

 

惑星X…
現在世界中で大きな波紋を呼んでいて
様々な情報や噂などが
人々の間で語られています。

 

 

あまり日本では聞くこともないので
日本人だけが知らない、なんてことを言われていたりと
初めて聞くという人も多いでしょう。

 

 

まず、惑星Xとは何なのか。

 

 

海王星よりも遠い軌道を公転している
とされている惑星サイズの天体のこと。
というのが惑星Xの説明になりますが
そもそも、惑星Xの存在の有無については
確かな証拠はまだ出ていません。

 

 

存在するかしないのかすらわからない
とされているというのもあり
未確認を意味するXがつけられている
というわけです。
まさに未知の事柄、ですね。

 

 

そもそも何故惑星Xの存在自体が
浮上してきたかというと
まだ未確認で正体不明の天体が
何度か発見をされたことから
この名称で呼ばれるようになりました。

 

 

それだけならば
新しい天体の発見というだけで済まされますが
この何度か発見されている惑星Xは
超巨大天体であり
本来は太陽系外にあったとされているため
大きな波乱を呼ぶことになりました。

 

 

巨大天体であり、もともと太陽系のものではない
ということはすなわち
太陽系のバランス崩壊させる可能性あるということ。

 

 

そんな巨大なのに何故存在が不確かなのかというと
それらしき天体を見つけても
惑星Xの条件にそぐわなかったり
惑星Xとされる惑星が見つからない
というのがこの惑星Xの不思議なところなのです。

 

 

何度か謎の天体であり、それが巨大である
ということで見かけられているので
実現はした、というところから広まったものですが
あまりの情報量の少なさから
その存在の有無については
長年議論が行われていたようでした。

 

 

火がないところには煙は立たない
とも言いますし
それらしき太陽系を脅かす存在が
あったというのも
否めませんよね。

 

 

もし太陽系のバランスが崩れれば
私達が住まう地球にも影響が及び
大惨事に見舞われるということもありえます。

 

 

なので惑星X=おそろしい惑星
として話題にあがっていたということですね。

 

 

そして、この惑星Xなのではないか
とされていたのが惑星ニビル

 

 

ニビルは
古代シュメール文化と深い関わりがある
とされている天体ですね。

 

 

紀元前4000年頃の文化であり
当時の太陽系図などを見ると
謎の惑星が描かれていたりします。

 

 

惑星ニビルにはニビル人が住んでいて
火星を基地に地球で活動をしていた
ということも言われています。
火星にある建造物や人面岩なども
ニビルと深い関係があるとされていますね。

 

 

ニビルは巨大な天体であり
惑星Xとの類似点も多いことから
惑星X=ニビルなのでは
ということも言われていました。

 

 

大昔の遺跡や文化跡には
多く天文学が用いられていたり
描かれたりもしているため
宇宙人との関わりは昔はあったのでは
ということも言われています。

 

 

なので惑星ニビルらしきものとの関係も
古代シュメール人が残した図板などを見ると
その存在は確かにあったのではないかとも
思えてきます。

 

 

しかしこの惑星二ビルも
実際に発見されたということはありません。

 

 

歴史的なものに描かれているから
文化として痕跡が残っているから
とはいえるものの
実際確かな情報はなく
神話やおとぎ話、そんな感じすらしてしまいますね。

スポンサーリンク


2014最新情報は?

 

惑星Xと惑星ニビル。

 

 

もし存在が本当にあるのならば
いつしか地球に何らかの影響を
及ぼすといえますし
私達が現在持っている宇宙での知識や概念も
もしかしたら覆される
ということもありえます。

 

 

しかし、それでも
惑星Xが惑星ニビルだったとしても
実際に存在するかはわかりません。
2つの惑星が別の物だったとしても
それは変わりません。

 

 

なのでこの【惑星Xと惑星ニビルは存在しない】
というのが現在の見解のようです。

 

 

しかしそれでもこういったオカルトは
まだまだ加速を続けていき
何よりも宇宙という空間においては
謎が多すぎるというのも事実。

 

 

なので存在はしないとはいっても
存在すると信じている人はやはりいますし
実際どうなのか、というのは
本人が決めることのようです。

 

 

個人的にはどんな影響もあるのかもわからないので
【存在していない】という方に
賭けたいなぁとは思います。

 

 

ただし、現在わかっている情報では
存在しないが有力なだけで
新たに発見や大きな見落としをしている
ということもありえます。
この惑星Xと惑星ニビルについては
今後も多くの人達の間では
話題になっていきそうですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す