渦巻銀河の構造やでき方。回転速度について。

宇宙に存在する銀河には
様々な種類がある中で
最も一般的なものといえば
渦巻銀河のこと。

 

 

そんな渦巻銀河ですが
どういったでき方や構造を経て
渦巻銀河になっているのでしょうか。

スポンサーリンク

渦巻銀河の構造やでき方

宇宙にはたくさんの銀河が
存在しています。

 

 

銀河の中には
恒星や星間物質、宇宙塵からダークマターなどが存在し
小さいものであれば1000万個の星
大きい銀河であればさらにそれ以上の星々が
集合しています。

 

 

私達のある地球が属している太陽系も
銀河である銀河系に含まれるものですよね。

 

 

銀河はそんな美しい星々の集合体である天体なので
写真や画像なども人気がありますし
宇宙といえば銀河の姿を思い浮かべる人も
多いのではないでしょうか。

 

 

さてそんな銀河ですが
銀河にも種類があり
楕円銀河渦巻銀河などがあります。

 

 

私達の銀河系は
後者である渦巻銀河であるために
銀河の中でも特に一般的で
身近なものだと言えます。

 

 

今回はそんな渦巻銀河について
注目していきますが
渦巻銀河の特徴といえば
その名前がついているとおりに
渦巻状になっています。

 

 

中央にはバルジと呼ばれる
膨らみが存在していて
凸レンズ状の形をしているのが特徴的です。

 

 

このバルジには古い恒星が多く含まれている
と考えられていたり
ブラックホールが存在しているとも
言われていますね。

 

 

そのバルジはディスクと呼ばれる
バルジを取り巻く円盤状の構造が作られており
この中に渦巻き銀河の最大の特徴である
渦状腕があります。

 

 

渦状腕はバルジから外側へ向けて
螺旋を描くような形で伸びているので
これによって渦巻銀河のシンボルでもある
渦巻きが描かれています。

 

 

これが渦巻銀河の構成であり
この中に幾千もの星々が存在していて
銀河を作り上げているのです。

 

 

では何故こうした形の銀河が作られたのか
どうやって渦巻銀河が出来るのか
それも疑問に思うことですが
実際現在の段階ではわかっていないと言えます。

 

 

年々銀河の観測結果が変わって来ているともいえ
そこから銀河自体は成長を続け
新たな形に変化をしているのではないか
ということも示唆されていますが
銀河はとても巨大なものであるために
観測時に全て等しく観測するということは
難しくあります。

 

 

ちょっとした角度の違いや時期
宇宙のその時の環境というのも
変わってくるために
観測結果が変わるというのは
当たり前のことだと言えます。

 

 

渦巻銀河と言われている私達の銀河系も
実は棒渦巻銀河なのではないか?
という考えも出てきているために
銀河のでき方や構造については
今後も議論が続くのではないでしょうか。

スポンサーリンク


回転速度について

銀河の中にはたくさんの天体が存在していますし
回転速度が気になるという人も
多いかと思います。

 

 

ディスク上に存在する恒星は
ほとんど変わらない速度で周回しているとされており
内側・外側関係なく
等しい速度で動いているらしいと言われています。

 

 

もともと中心部と外側とでは
回転速度に違いがあるのではないか
ということも言われていましたが
観測結果によると
どれも等しいということ。

 

 

回転運動の物理法則を見てみると
中心部と外側の回転速度というものは
違いがでるものになりますが
ほぼ等しい速度で回転しているというのは
不思議な現象ですよね。

 

 

中心部と外側の回転速度を等しくするためには
外側に重力を取り巻く何らかの物質が必要となります。

 

 

その何らかの物質というのが
暗黒物質ダークマターと呼ばれるもので
宇宙に数多く存在する物質であるダークマターが
関係しているのではないかというのが
渦巻銀河の回転速度にまつわる現段階での見解のようですね。

 

 

実際こうしてみてみると
渦巻銀河を含む銀河について
私達人類はほとんど何も知らないと言っても
過言ではないかもしれません。

 

 

宇宙にまつわる多くのものは
未知のものであり、憶測や多数の説によって
考えられているものばかりなので
いつか銀河の決定的な構造やでき方
そして回転速度の謎についてわかる日が
くればいいと期待していきたいですね。

    スポンサーリンク


    1件のコメント

    • 根保孝栄・石塚邦男

      謎だらけの渦巻き銀河ですね。

    コメントを残す