宇宙飛行士になるにはどういった条件があるの?

以前と比べて宇宙や他の惑星や天体などに関する
情報やニュースなどが耳に入りやすくなったこの時代。
宇宙飛行士になりたいと夢見ている人や
宇宙に憧れている人も多くなっています。

 

 

宇宙飛行士は宇宙空間でも適応できるように
訓練を積んだりして宇宙へと向かっていますが
そもそも宇宙飛行士にはどうやったらなれるのか
気になるものですよね。

スポンサーリンク

宇宙飛行士になるにはどういった条件があるの?

「将来は宇宙飛行士になりたい」

今では生活をしていく上でも宇宙空間を利用した
システムが使われていたりするため
宇宙は身近に存在しています。

 

 

そのため、宇宙飛行士になりたいと夢見る子供や
将来的に宇宙飛行士になりたいと
思う人も増えてきていますね。

 

 

宇宙は完全に未知なる世界なので
それを体験でき、新たな発見をすることができるならば
これほどまでにワクワクする仕事は
ありませんよね。

 

 

最近では漫画やアニメ、映画などでも
宇宙や宇宙飛行士に関することなどが
取り上げられているために
より身近な存在となりつつあります。

 

 

最近では、他の惑星へと移住する計画が
たてられていたり
宇宙旅行などが話題になっていたりと
将来的にはさらに宇宙はより身近な存在へと
なりうるでしょう。

 

 

現在は一般的には
宇宙飛行士のみが宇宙へと行けます
その宇宙飛行士になるためには
どんな条件をクリアしなければならないのか
気になりますよね。

 

 

将来宇宙飛行士になりたいと思う人や
まだ夢を諦めていないという人など
宇宙へ憧れを抱く人は少なくありません。

 

 

しかし、誰もが簡単になれるものでもなく
多くの条件をクリアしなければ
宇宙飛行士になれないというのが
誰もが想像しますよね。

 

 

そもそも、宇宙飛行士を募集していることも少ないために
宇宙飛行士になるためには
まず募集がある時期を逃さない
というのが大きなポイントとなります。

 

 

何故宇宙飛行士の募集が少ないのかというと
宇宙飛行士として宇宙へと旅立つためには
多くの訓練などが必要となります。

 

 

それにかかる費用は膨大なものであり
多くの人を訓練したりできないという
大人の事情があるみたいです。

 

 

なので本当に限られた人しか
宇宙飛行士になることができない
ということを踏まえておきましょう。

 

 

では、早速募集条件について見てみましょう。
(募集は日本国内でのもの)

スポンサーリンク


条件は大まかに見て7つあります。

・日本国籍を有する
・自然科学系大学の卒業以上
・自然科学系の研究など3年以上の実務経験
・訓練に柔軟に対応できるか
・英語が堪能
・心身ともに健康である
・協調性、長期的な業務に従事できるか

こんな感じですね。

 

自然科学系大学というのは
理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部。

訓練内容としては
着衣状態で行う泳力訓練
科学知識・技術知識などをしっかりと
学ぶことができるか、ということですね。

 

他にも日本人グループだけで
宇宙へと行くわけではありませんから
英語が話せないとチームメイトと
コミュニケーションをはかることはできません
協調性や長期的な宇宙空間での実務を
行うための精神などがなければ
宇宙飛行士になることはできません。

 

 

心身ともに健康であるというのが
結構難しいラインとなっています。

身長は158㎝~190㎝以下
宇宙船から出て宇宙空間で船外活動を行うには
165㎝なければいけません。

 

体重は50㎏~90㎏
血圧が最高血圧140mmHg以下
最低血圧90mmHg以下

他にも視力、聴力なども基準が設けられているほか
虫歯がある人は宇宙飛行士になれない
というのも大きなポイントです。

 

だいたいの宇宙飛行士の条件は
こんな感じとなっているため
決して難しすぎる条件ではありません。

 

ただ、それでも競争率が高いため
条件に満たしていたとしても
採用されないことが多いということ。

 

また、宇宙飛行士になったからといって
宇宙へと100%旅立てる確率や
一度行ったから二度目もある
とは限らないのもこの世界には
よくあることなのだとか。

 

 

宇宙飛行士を目指す人や
将来なってみたいと思っている人は
日頃から知識を培いつつ
心身ともに健康状態でいて
誰よりも宇宙へと夢見ていれば
きっとその夢も実現するかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す