宇宙庁。就職の採用試験ってあるの? 天下り先との噂も。

自衛隊に宇宙部隊が設置されることが決まっていたり
宇宙に関しての活動の幅は年々広がりを見せ
より人々と宇宙との関わりや
活躍が多くなってくる数年後。

 

 

どうやら宇宙庁が出来るようで
さらに宇宙と人々のつながりが
深くなっていきそうな予感ですよね。

スポンサーリンク

宇宙庁。就職の採用試験ってあるの?

人と宇宙との関わりは年々その濃さを
増してきているといっても
過言ではありません。

 

 

宇宙空間に頼ったシステムは
人々の生活を便利にしていますし
宇宙とはなんら関係もなさそうな企業が
宇宙開発の大きな役割を担っていたり
また、自衛隊が宇宙部隊を発足させる
ということも発表されましたね。

 

 

宇宙に関してはアメリカにあるNASAが
中心となっているというのもあるので
日本にいればあまり関係なさそうだ
とはいっても、今後は日本も宇宙を
より身近に感じる瞬間というものは
増えてくるかと思います。

 

 

そして今年6月に自民党が発表した
事案も現在大きな話題となっています。

 

 

それが、宇宙庁の設置。

 

 

国家戦力の遂行に向けた宇宙総合戦略の事案
ということで
「安全保障」「専業振興」「科学技術」
の宇宙利用をバランスよく推進するためを
目的とした宇宙庁の設置を
3年後を目処に設置するということ。

 

 

現在は内閣に設置されている組織に
宇宙開発戦略本部がすでにありますが
それに代わる大々的なものということで
より本格的に日本でも宇宙に関してのことを
取り扱っていこうという取り組みのようですね。

 

 

世界中では現在宇宙に関してのことについては
国家をあげて大きく話題となっており
日本もさらに深く宇宙のことに関心を向け
取り組みをしていくことによって
他国との親交を図ることができます。

 

 

実際すでに安部首相オバマ大統領
宇宙での防衛協力を促進することや
宇宙ゴミなどの監視についてなど
意見は一致していたりと
日米で宇宙に関することについては
協力方向でいくことが決まっています。

 

 

また、日本は他国と比べて
宇宙に関しての予算問題や情報などについては
少し遅れをとっていることもあり
以前から宇宙に関して深く取り組むべきだ
ということは指摘されていました。

 

 

宇宙庁が設置されることにより
より宇宙開発に向けての予算や権限なども
広がっていくと思いますから
宇宙がより身近になっていくであろう将来を考えると
早くにそういった取り組みをするべきだと思います。

 

 

2017年度に設置予定
ということなのであっという間に宇宙庁については
さらに話題になっていくと思いますが
そこで気になるのが宇宙庁の採用についてですよね。

 

 

宇宙庁が新設されることになれば
もちろん職員は必要になりますし
採用枠も設けられると思います。

 

 

現在わかっている情報では
ほとんど採用についてはまだ話されていないようで
今後の発表を待つということしかできません。

 

 

ただ宇宙庁は今までとは全く違う
感じになっていくかと思うので
採用される条件としても
特殊なものがあるかもしれません。

 

 

採用について発表されれば
さらに話題になっていきそうですし
情報解禁を待ち望んでいこうと思います。

スポンサーリンク


天下り先という噂も?

宇宙庁設置が発表され
ネット上では大きく話題になりました。

 

 

宇宙に利用した生活をすでに送っている
ということや
世界中で宇宙開発がどんどんされているので
賛成意見も多いかとおもいきや
不安な声を口にする人も多いようです。

 

 

その中の声には
天下り先なのではないか
という噂も浮上しているということ。

 

 

現在日本で宇宙開発に関して取り組んでいるのが
宇宙航空研究開発機構、通称JAXAですよね。

 

 

宇宙庁を設置は
このJAXAの天下り用
と言われてしまっているようで
噂として広がっているみたいです。

 

 

確かに現在宇宙に関してのことは
JAXAが担っているというのもあるので
わざわざ宇宙庁を設置する意味がわからない
という意見が多いのも納得いきます。

 

 

他の国との競争心や時代先取り感が否めないとして
宇宙庁は単なるお飾りになるのではないか
という意見が多くあります。

 

 

政府で本格的に宇宙に対して関心を持つ
というのは将来的には必要になるかと思いますが
どこか急いで作っている感じ
確かに否めませんよね。

 

 

まだ宇宙庁に関しての情報が
解禁されていないというのもありますが
最近では政治家による問題なども多発していたりと
国民からの信用がガタ落ちということもありますし
宇宙庁設置が純粋な目的ではなさそうだ
ということが広まってくれば
さらに信用問題となっていきそうな予感。

 

 

宇宙に関しての研究を積極的に執り行う
というのはいいものかもしれませんが
その前にこういった噂が浮上しないように
はっきりとした目的や採用問題など
情報を国民に伝えていくことができなければ
せっかく設置されても悪評ばかりが目立ちそうですし
他国からの信頼なども難しくなりそうです。

 

 

まだ情報が解禁されていませんが
今後は徐々に方針などが固まっていくにつれて
さらなる議論や波紋を呼びそうですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す