宇宙ゴミが地球に落下危機。網で回収する新技術?

現在宇宙の問題として
宇宙ゴミが大きな話題となっています。

 

 

この宇宙ゴミは地球へと落下をする危機に
あるといいますが
どうやらとある方法で回収する技術が
作られたようですね。

スポンサーリンク

宇宙ゴミが地球に落下危機

宇宙開発が進むことにより
我々人類と宇宙はより身近な存在へと
なっていきました。

 

 

他の惑星や天体に
探査機を送ったり
人工衛星を打ち上げることにより
GPS機能をはじめとして
生活にも宇宙を使ったシステムが
今では当たり前となってきています。

 

 

もはや宇宙の力なしでは
今のような生活を送ることができなくなっているので
宇宙と地球の関係は
より密接なものとなってきていると言えますね。

 

 

地球という存在を知ることによって
宇宙の存在を知って
人類は宇宙進出も果たしてきました。

 

 

しかし物事には決して良いことばかり
ということはありません
必ず代償となることもあります。

 

 

人類が進出することにより
宇宙には宇宙ゴミが排出されることに
なってしまいました。

 

 

宇宙ゴミとは
地球の衛星軌道上を周回している
人口物体のことです。

 

 

宇宙へは人工衛星などが打ち上げられていますが
打ち上げるために使われた
ロケットの残骸や、切り離しなどによって
生じてしまった破片
宇宙飛行士が落とした部品や工具など様々。

 

 

宇宙にとってはそれらは異物であり
本来は存在するはずのないものですから
これらが増えてしまうと
宇宙が汚染されてしまうことになります。

 

 

ただ漂い続けているように思えても
それらが他の惑星や天体などに
衝突をするという可能性は否めませんし
いずれは大きな障害となる
ということもありえます。

 

 

また、地球の軌道上を漂っている
ということもあり
いつかは重力に引き寄せられて
墜落する危険性があると言われているのです。

 

 

なので地球の危機としても
この宇宙ゴミ問題を解決しなければ
将来的には大きな危険性がある
といえるということですね。

 

 

宇宙から重力によって引き寄せられれば
地上へと落下したときは
大きな威力となっていきます。

 

 

ただ落下するだけではなく
その衝撃は計り知れないものとなるので
かなり危ないですよね。

スポンサーリンク


網で回収する新技術?

深刻化している宇宙ゴミ問題ですが
現在それを解決するために
様々な案が考えられています。

 

 

ゴミを作らないような
ロケットを設計をしているなど
まずはゴミ自体を増やさない方法が
多く考えられてきています。

 

 

また使い終わった人工衛星に関しては
大気圏に突入した際には
燃やすということもしています。

 

 

なるべく宇宙にゴミを出さないように
ということを意識して
計画が行われています。

 

 

また、現在宇宙空間に存在している
宇宙ゴミの回収に関しても
新技術が発明されています。

 

 

しかもこれがかなり意外な
ものを使った回収技術なのです。

 

 

その意外なものというのが漁網

 

 

まさか宇宙ゴミを回収するために
漁網が使われるというのは
かなり意外なものですよね。

 

 

宇宙ゴミを開発するこの漁網は
頑丈であり柔軟な3本の金属繊維をつかった
幅が30㎝の網です。

 

 

これを宇宙へと放ち
軌道に乗せることにより
300mに伸びて、磁場を作ります。

 

 

そして浮遊している宇宙ゴミを引き寄せる
という仕組みのようですね。

 

 

しかもこの漁網開発に携わったのが
日本で100年近く漁網製造の経験を持っている

 

 

まさか日本の漁網製造会社が
宇宙ゴミの回収に携わっている
というのは本当にすごいことですよね。

 

 

日本の醤油で有名なキッコーマンも
宇宙開発には大きな役割を
果たしてきていますし
日本の意外な会社が
宇宙へと関わっているというのは
光栄なことです。

 

 

100年にわたって製造をしてきた
歴史を持つ日東製網株式会社が作る
漁網が宇宙ゴミ開発の大きな手助けになってほしいな
と思いますし
少しでも今後は宇宙ゴミが増えないことを
願っていきたいと思います。

    スポンサーリンク


    コメントを残す