宇宙葬ってどうなんだろう。費用はいくらかかる?

人が亡くなった時に遺灰や遺体を
自然葬として海や山に還す人も少なくありません。

 

 

そんな中で最近では宇宙葬というものが
注目されて話題に上がっているようですが
一体どんなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

宇宙葬ってどうなんだろう

宇宙葬がここ数年で注目を浴びており
将来自分が死んだときには
宇宙葬にしてくれ、と願う人なども
増えてきているかもしれません。

 

 

以前と比べて宇宙はより身近な存在となり
より多くの情報を耳にすることが
多くなりましたから
宇宙への憧れやロマンを抱く人は
増えつつあります。

 

 

宇宙葬とは似た感じである
自然葬も人気のある葬送法の一つ。

 

 

遺灰などを海や山に還すことにより
自然の一部となって
見守り続けたいなど
自然に回帰するのを目的とした
葬送法ですよね。

 

 

自然の一部となって
死んだ後でもその地にとどまったり
広大な自然の一部として
残っていられるのも
それはまた素敵なことかもしれません。

 

 

では宇宙葬というのは
一般的な自然葬のように
遺灰などを宇宙へと散骨させること
なのでしょうか。

 

 

いまいち漠然としたイメージしか
浮かべることができませんよね。

 

 

宇宙葬とは
遺骨や遺灰などをカプセルにおさめて
それをロケットで宇宙へと打ち上げる
葬送法のこと。

 

 

これにより宇宙空間
ほとんどの場合には地球を周回する
軌道上に散骨されるようですね。

 

 

実はこの宇宙葬は
すでに1997年に行われているのです。

 

 

空中発射型ロケットによって
スタートレックの生みの親でもある
映画プロデューサー
ジーン・ロッデンベリーをはじめとした
24人分の遺骨を納品したロケットが
宇宙へと放たれました。

 

 

スタートレックというと
まさにSF映画の真骨頂。

 

 

ジーン・ロッデンベリーが
宇宙葬をしたというのも
シリーズのファンとしては
とても胸が熱くなりますよね。

 

 

その後には
何度か宇宙葬は行われているため
特に珍しいものでもなく
今後はさらに宇宙葬は増えていくのではないか
と思われます。

 

 

広大な宇宙の一部となって
地球を見下ろすことができるのならば
とてもロマンチックですよね。

 

 

多くの星々が輝く
どこまでも広がる空間は
神秘的ですし
個人的にも宇宙葬はすごく気になります。

スポンサーリンク


宇宙葬の費用は?

多くの人が今注目を集めている
宇宙葬。

 

 

宇宙の一部となって
この世を去ったあとも
地球や他の星を眺めることができるなんて
想像しただけでも素敵なことですよね。

 

 

宇宙はより身近になってきているため
地球だけではなく他の惑星への
移住計画なども噂されていますし
いつか地球だけではなく
他のところへと人類は進出していくかもしれません。

 

 

そんな様子までも
宇宙からも見守ることができれば
寂しくないですよね。

 

 

さて、そんなロマン溢れる宇宙葬ですが
気になるのが費用ですよね。

 

 

まさにビッグイベントともなる
宇宙葬ですし
宇宙へと発射するということ自体も
大規模なものとなるだけに
費用はかなり高くつくのではないか
と思われます。

 

 

宇宙飛行士の訓練費や
宇宙へ行くための費用などを観てみると
かなり高額となっているので
宇宙葬を夢見たとしても
きっと出来ないだろう…と
思ってしまうもの。

 

 

しかしどうやら宇宙葬は
そこまで高くはなく
むしろ格安で出来るということで
将来自分の死後は宇宙葬にしてもらいたいと
思う人が急増中なのだとか!

 

 

宇宙葬を行うサービスを展開しているのが
元NASAの技術者が始めた会社。

 

 

遺灰を人工衛星に乗せるサービスということで
1990ドルで行ってくれるようです。

 

 

日本円にすれば
19万6000円。
たった20万円で広大な宇宙へと
打ち上げられることができるのならば
とんでもなく安い値段ですよね!

 

 

このサービスは
記念宇宙葬というサービスで
遺灰の一部をカプセルにおさめて打ち上げ
数ヶ月にわたって、90分の1周という速さ
地球の周りを周るのだとか。

 

 

いつまでも空から観ていてね
というのはまさにこのことですよね。

 

 

しかも遺族としても嬉しいサービスがあり
なんと打ち上げられて軌道を周回するカプセルは
無料アプリによって現在地を確認できるというもの。

 

 

なので広く果てしない宇宙へと行ってしまっても
現在地がわかるため
遺族としても遠い存在にならずに
寂しい気持ちにはならないというわけですね。

 

 

数ヶ月にわたって周回したカプセルは
その後大気圏へと突入をします。

 

 

その時の熱によりカプセル自体は
燃え尽きてしまうので
永遠に宇宙を漂うことはありません。

 

 

宇宙ゴミも問題になっていますが
これならば宇宙ゴミも増やさずに
地球に突然落下してくるということもないので
環境にも優しいというのが売りになっています。

 

 

すでに日本でもサービスは始まっているようなので
気になる人はチェックしてみるといいでしょう。

 

 

今後はさらにこの宇宙葬については
本格的に話題にあがってきそうですし
葬送法も進化していきそうですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す