宇宙ステーションの大きさ。どんな生活をしているんだろ。

宇宙飛行士が宇宙へと長期滞在する際に
生活をする、人工天体である
宇宙ステーション。

 

宇宙での生活を送るために特化して
作られている宇宙ステーションですが
どれくらいの大きさで、どんな生活を送れるのか
気になるという人も多いですよね。

スポンサーリンク

宇宙ステーションの大きさ

宇宙開発が進んでいく上で
宇宙でのニュースがだんだん多くなってきたり
人々の耳に入るようになってきましたね。

 

 

宇宙へと行く宇宙飛行士は
宇宙で長期滞在をしていくものですが
その期間中に過ごしていくのが
宇宙ステーション

 

 

いまいち宇宙ステーションとは
何なのかわからないという人も
いるかもしれません。

 

 

宇宙ステーションとは
地球の軌道上にある人工天体のことで
大きな宇宙船と思ってもいいでしょう。

 

 

一般的な宇宙船とは違い
宇宙空間の中で人が生活をしていけるようにと
設計されているものであり
日常を送っていくために必要な機能に特化しています。

 

 

宇宙の地球の近くにある
宇宙ホテル、と思うとわかりやすいかもしれませんね。

 

 

現在の宇宙ステーションは
国際宇宙ステーションというもので
アメリカロシア日本カナダ
協力して運用しています。

 

 

国際宇宙ステーションは
地上から約400㎞上空にあり
地球を約90分で1周
1日で約16周しています。

 

 

2011年に完成をしていて
予定では2016年までの運用期間でしたが
現在2024年まで延長を検討されていますね。

 

 

この国際宇宙ステーションの大きさは
約108.5m×約72.8mで重さは約420トン
だいたいサッカー場と同じ大きさですね。
かなり大きいというのがわかるかと思います。

 

 

これは人類史上では
宇宙空間に浮かぶ構造物としては最大なので
これがあるからこそ
宇宙開発や宇宙飛行士の活躍が
さらに円滑に進むというわけですね。

スポンサーリンク


宇宙ステーションでの生活は?

宇宙での長期滞在での生活に特化をした
宇宙船、人工天体である
宇宙ステーション。

 

 

現在宇宙空間にある
国際宇宙ステーションには
約半年ごとに滞在チームを交代しています。

 

 

宇宙空間で特化しているというのもあるので
おそらく生活をおくる上では
かなり便利になっているのであろう、とは思いますが
地球とはまったく違う空間で過ごすのは
あまりイメージがつきませんよね。

 

 

一体どうやって生活を送っているのでしょうか。

 

 

まず生きていく為に欠かせないのが食事です。

 

 

宇宙での食事というと
宇宙食が定番ですが
現在はその種類も約150種もあるそうです。

 

 

プラスチックの容器に入ってきて
水やお湯で溶かしたり
オーブンで加熱して食べたり
徐々に地球での食事と近くなってきています。

 

 

飲み物はパックとなっていて
ストローで吸って飲みます
これは液体が空間に浮遊して機械にこぼし
支障をきたさないためにもあります。

 

 

食事の種類は約300種類ものメニューも
用意される予定なので
食生活はさらに彩りを見せていくようですね。

 

 

次に睡眠はどうするのか。

 

宇宙は無重力空間ですから
地球のように横になって睡眠をとるというのは出来ません。
もし寝れたとしても身体がプカプカと
どこかへと浮いてしまうので
危険を伴いますね。

 

 

睡眠をとる際には
身体が浮かないように小さい寝室や
寝袋などを使って眠るということ。
軽くバンドでしばるというのも
必須となっていますね。

 

 

また、宇宙ステーションは機械音がありますから
寝る際にはアイマスク、耳栓などを
装着して、平均約6時間ほど1日睡眠をとります。

 

 

トイレに関しては
宇宙専用のトイレが用意されています。
身体が浮いたり排泄物が浮かないように
まず身体を固定して
掃除機のような吸引器で排泄したものを
吸い取るのが、宇宙式トイレです。

 

 

吸い取られた排泄物は
真空状態で乾燥させて
地上へと持っていきます。
宇宙へと捨てるということはしません。

 

 

だいたい生活をしていく上で
必要なことはほとんど出来るようですね。

 

 

地上とは違えど
徐々にそれと近い形になってきたりしているので
これからはさらに改善されていくのではないかと思われます。

 

 

さて、宇宙飛行士は宇宙に
長期滞在をしていくわけですが
いつでも忙しいというわけではありません。
もちろん暇な時間だって出てきますから
その間にどう時間を潰していくのか
というのも気になりますよね。

 

 

宇宙空間での娯楽については
それぞれ好きなように
時間を過ごすことができます。

 

 

読書や、宇宙を写真で撮影したり
様々ですし
機器があれば映画を見たりすることも
するようですね。

 

 

また、長い間家族や友達などとは
離れ離れになっていると
お互いに寂しくなってしまうものです。

 

 

その場合には電話をかけることも
できるようなので
週に一度電話をするという人も
多いみたいです。

 

 

宇宙空間での生活は
まるで想像ができないものでしたが
あまり地球での生活と変わらなかったり
少し工夫を取り入れたりと
さらに宇宙についてのことを知ることができましたね。

 

 

将来宇宙旅行ができるようになるとも
言われていますし
今後さらなる宇宙ステーションの発展を
応援していきたいと思います。

    スポンサーリンク


    コメントを残す