天文学者になるには。大学で勉強する必要がある?

宇宙開発に欠かせない存在となる
天文学者。

 

 

星を研究し、その研究結果を
宇宙開発に役立てていたりと
天文学者は日夜、地球や宇宙の未来を見据えて
研究を続けている存在です。
そんな天文学者になりたいと望んだ場合
どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

天文学者とは?

天文学者は子供でもどんな存在かわかる
比較的誰もがその名前をきいて
「宇宙に関係する人」「星を研究する人」
というイメージをもてる職業だと言えます。

 

 

そのイメージ通りに
天文学者というものは
惑星、恒星、銀河などの
天体について研究をする科学者のことを指します。

 

 

世界的有名な天文学者といえば
近代天文学の父とも言われる
ガリレオ・ガリレイですよね。

 

 

ガリレオ・ガリレイは
天文学において
最も早く望遠鏡を取り入れた研究をはじめ
代表的な発見といわれているのが
月の表面が凸凹しているということや
木星の衛星を発見したことなど
現在わかってる宇宙の情報の
大半を見つけた人物といっても
過言ではありません。

 

 

ガリレオ・ガリレイの発見は
現代にも研究の延長線として
注目されている研究対象になっていますし
まさに天文学の父と呼ぶには
ふさわしい人物だと言えます。

 

 

さて、そんな天文学者
星を研究する科学者なんて
少しロマンチックですしかっこいいですよね。

 

 

将来天文学者になるんだと
夜空に浮かぶ満天の星空を見ながら
子供時代に思ったことがある
という人も少なくないでしょう。

 

 

自分の研究によって
宇宙開発の手助けをすることができたり
未だ発見されていない何かを見つけ
歴史に名を残すことだってできるかもしれません。

 

 

宇宙はそれほどまでに謎であり
未知の世界であるために
その可能性は決して低い数字ではないとも思います。

スポンサーリンク


天文学者になるには、大学で勉強する必要がある?

では、天文学者になるためには
具体的に何が必要なのか
気になるところですよね。

 

 

 

 

どうしたら天文学者になることができ
どういった場所に就職をし
お給料はどのくらいなのか
この3点について見てみましょう。

 

 

まずは天文学者になるために
必要なもの。

 

 

それはとても頭のいい頭脳です。
科学者・研究者というものは
狭き門だとはききますが
天文学者というのはさらに厳しく
非常に頭が良くなければなれません。

 

 

まず天文学者になるためには
大学に行く必要がありますが
多くの天文学者が卒業している大学が
東京大学です。

 

 

東京大学には
天文学部が用意されていますから
そこに通い、天文学の知識を身に付ける
ということが必要になるわけです。

 

 

他に天文学を学べる大学というのは
東京大学以外に、京都大学
北海道大学
どれも一流大学ですよね。

 

 

設備等も十分であり
将来的にも有望であることから
この3校に進むことができれば
天文学者になることができる可能性が高い
といえます。

 

 

また天文学科というものはなくとも
天文学を学ぶことができる大学は
他にもあるようなので
もし、成績的に厳しいけれど
少しでも勉強をしたい、研究をしたい
というならば調べてみると
いいかもしれませんね。

 

 

例を出すと
立教大学東京理科大学など
宇宙物理学部というものを
設置しているようなので
そちらもチェックしてみてください。

 

 

では、卒業後、どういった場所に
就職するのか
どこかの研究機関
というのが大半のイメージでしょう。

 

 

一般的には3つの職場に分かれており
1つは大学、次に研究所
そして天文台が主な就職先となります。

 

 

大学や研究所、天文台で就職をした後
研究を続けていくということですね。

 

 

ひとえに天文学と言っても
その中には多くの分野があります。

 

 

天文学のどの分野について研究をしたいのか
興味を持っているのか
どこに着目していくかによって
進学先や就職先も変わってくると思うので
まずはどういった分野があるのかを
調べてみるといいでしょう。

 

 

次に現実的な問題として
天文学者になったらしっかりと生活できるのか
お給料面について見てみましょう。

 

 

天文学者は難しいわりに
お給料が少ないということは
よく聞きますよね。

 

 

決して少なすぎるというわけではなく
一般的な公務員の平均年収くらいである
300万円から1200万円ほど。

 

 

大学の教授ともなれば
1000万円越えということもありますが
なかなか難関の割には…
という印象を受けますね。

 

 

また、博士号を取得後
研究員として働いている
通称ポスドクの場合には
年収は300万円から400万円ほど。

 

 

なので無事大学を卒業したとしても
教員職や研究所に正規就職をしなければ
厳しい生活が待っていると言えます。

 

 

しかしそれでも天文学に
携わっていきたいと思う人は少なくなく
日本に多くいるのが
アマチュア天文家の存在。

 

 

別の職業に就きつつ
その傍らで天文学について研究する者のことをいい
自由に天文学について研究をすることができるため
日本でその存在は多くいます。

 

 

どこかの機関に所属をしてしまえば
設備は整っていたとしても
なかなか自由に研究することが出来ない
というケースもあるでしょう。

 

 

アマチュア天文家は
設備自体は左右されてしまうものの
好きなだけ天文学を自由にできますし
本職もあるために生活には困りません。

 

 

ただ天文学について自由にやりたい
そう思うのならばアマチュア天文家の道を
歩んでみるのもいいかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す