太陽と月の明るさってどれくらい?反射率について!

太陽と月の存在は
地球を照らして輝いてくれる
大切なものですよね。

 

 

太陽の眩しい光は朝から日が暮れるまで
月は夜の主役として輝いていますが
2つの明るさはどのくらいなのでしょうか。

スポンサーリンク

太陽と月の明るさ

星にはそれぞれ明るさの位が
存在しています。

 

 

天文学において
それは等級と呼ばれていて
夜空を見上げて
ひときわ輝く星があると
あれは一等級の星の輝きだ
なんてことはよく言います。

 

 

現在わかっている中で
ハッブル宇宙望遠鏡を使った観測で
最も暗い天体だと言われているのが
31.5等級の星

 

 

ハッブル宇宙望遠鏡をつかっても
ギリギリ観測できるくらいの
暗い天体ですが
宇宙のさらに遠くには
幾千もの星々が輝いていますし
望遠鏡のスペックが上がれば上がるほどに
今後等級のレベルが増えてくるかもしれませんね。

 

 

さて、地球の地上から空を見上げたとき
やはり誰もがみることができ
誰もが知っている天体といえば
太陽ですよね。

 

 

太陽も月も
その明るさから
地球や他の天体に大きな影響を
及ぼすほどのものなので
地球から見える天体の中では
1,2位を争うものです。

 

 

まず、天体には種類があり
大きくわけてみると
自ら輝くことができる天体を恒星
輝くことができない天体を惑星や衛星など
恒星以外の天体に部類されていきます。

 

 

太陽は自ら燃えて
輝く天体なので恒星に値しますが
月は衛星であり恒星ではありません。

 

 

では、なぜ月が輝けているかというと
それは太陽の光を
月の表面が反射をしていて
輝くことができるというわけです。

 

 

なので太陽がなければ
月は輝けませんし
その現象を表しているのが
月食になっていますね。

 

 

さて、それでも月は
地球からみれば輝く天体ですし
太陽は言わずもがな輝く天体。

 

 

どれほどの明るさを持っているのか
気になりますよね。

 

 

まず太陽の明るさについて。

 

 

太陽は地球から見える天体の中では
最も明るい天体です。

 

 

太陽がのぼり、空一面を明るくさせるほど
明るい天体ですから
その明るさは容易に想像ができますよね。

 

 

太陽は-26.79等級という
明るさで考えられています。

 

 

普段私達が耳にするのは
1等級あたりのものであり
マイナスがつく等級は
なかなか耳にしないものですが
これほど身近にあったと思うと
少し変な感じですね。

 

 

では次に月ですが
月の場合は満月時の明るさをもとに
考えられていて
満月で-12.66等級

 

 

太陽と比べると
半分以下の明るさですが
それでも夜に浮かぶ月は
夜空をやや明るくしていますから
十分に明るいですよね。

 

 

満月時になると
その明るさ故に他の天体を
覆い隠してしまうほどの影響をきたすので
天体観測や流星群の時に
満月だと条件が悪いと言われてしまうのも
このためだといえます。

スポンサーリンク


反射率について

さて月と太陽の明るさがわかったところで
太陽の光によって月が反射をし
輝いていると説明をしましたが
どれほどの光を月は反射しているのでしょうか。

 

 

太陽ほどの明るさを持つ
天体の光を月が受け止めて
輝くというのはロマンチックですが
地球を明るく照らしてしまうほどの
明るさを持つ太陽の光なので
かなり月にあたって、反射しているのではないかな
と思ってしまいますよね。

 

 

しかし実際のところ
月が太陽の光を反射している反射率は
たった7%ほどだと言われています。

 

 

それ以上に太陽の光を
受けているようですが
それでも反射まで及ぶのはたった7%です。

 

 

思ったよりも少ない数値ですよね。

 

 

しかし、この7%ほどの明るさでも
地球から見える天体の中では
二番目に明るい天体ですし
これ以上に反射をしてしまったら
夜は徐々に明るいものとなっていき
他の星々を観測することは
困難になっていきます。

 

 

では番外編として
地球の明るさについて見てみましょう。

 

 

地球は惑星なので
輝くことはないものの
太陽の光や大気中にある雲によって
月と比べて反射率は大幅に跳ね上がっています。

 

 

なので月と比べてみると
地球は約80倍も明るいとされていて
もし月から地球を見たのならば
青く光る地球はとても輝いていると言えます。

 

 

月と太陽の明かりについて見てきましたが
それぞれの距離や関係性から
明るさなどに影響をしていくというのは
とてもロマンチックであり
そういったことを踏まえてみると
天体観測が楽しく思えてきますよね。

 

 

もし気になる天体などがある場合は
その天体の等級などを調べてみると
より楽しいものになるかもしれません。

⇒太陽の寿命は?そのとき地球はどうなるの?

⇒太陽と月の重力は?他の惑星も調べてみました。

⇒太陽の本当の色?月の色も違う?

⇒太陽と月の表面の様子について!大きさの違いや関係は?

月の記事一覧は⇒こちら

太陽の記事一覧は⇒こちら

    スポンサーリンク


    コメントを残す