太陽の本当の色?月の色も違う?

昼間は太陽、夜は月
それぞれ空の主役として存在している
太陽と月ですが、時間や日にちによって
見える色は違いますよね。

 

 

太陽と月は色が違うのか
本当の色は何なのか
今回は太陽と月の不思議について
注目していきます。

スポンサーリンク

太陽の本当の色

太陽の絵を描いてみましょう
と言われれば大抵の人はオレンジ色や赤色などで
太陽を描くかと思います。

 

 

それは古く昔からのイメージですし
太陽の暖かさを表すためにも
暖色系の色で表現するというのが
最適だと言えるでしょう。

 

 

しかし、実際空を見上げた時にある太陽の色
燃えるようなオレンジ色や赤といった色ではなく
白っぽかったりするのも確かであり
決してイラストや太陽のイメージと
目に見える太陽の色が同じということはありません。

 

 

ただ昼間のうちは白い太陽だったとしても
夕暮れ時には燃えるようなオレンジ色になって
夜の始まりを告げていきますし
日の出の時も夕暮れ時に似た色で
朝の始まりを告げます。

 

 

時間とともに、そしてその日の天気や季節によって
太陽の色は違ってくるため
本当の太陽の色は何なのかわかりませんよね。

 

 

宇宙に浮かぶ太陽の色は赤色ですし
やっぱり太陽の色は赤やオレンジ色なのではないか
そう考える人が多いでしょう。

 

 

でもそれならば何故白く見える太陽があるのか
色々と見え方が異なるために
本当の色を決めるというのは難しくもあります。

 

 

では何故太陽の色というのは異なって見えるのか
それは人の目が感じる色彩の変化や
地球の大気によって変わってくるからなのです。

 

 

想像しづらいことですが
人間の目は人間に適した色の見え方があるため
実際の色とは異なって見えることもたくさんあります。

 

 

また太陽のように
空の色も時間によって変わってくるものですが
これも地球の大気中には目に見えない塵などの物質もたくさんあり
それらが光を屈折させるため。

 

 

それは大気を通してみる太陽にも言えることなので
人間の目からみる色の見え方や
大気によって変わるものなので
こうして太陽の色というのが
異なってみえるということだと言えます。

 

 

では本当の太陽の色というものは
一体何色なのか。

 

 

それらを知るためには
人間の色の見え方にとらわれず
大気の影響を受けない状況で
観ることが大切。

 

 

そうするためには宇宙に出なくてはなりませんが
太陽の色というのは
複数の色が混ざり合ってできているため
一色に限定するのは難しいかもしれませんね。

 

 

暖色系の色であり
オレンジ色、赤色と表現するのは
決して間違いではないですし
昼間の太陽が輝く色である
薄い黄色っぽい色も間違いではありません。

 

 

ちなみに太陽は恒星ですが
恒星の色というのは表面の温度によって
決まってくるものです。

 

 

太陽の表面温度は
だいたい約6000度

 

 

3000度の表面だと赤くなり
1万度になれば白くなっていくので
その中間である太陽は白っぽい黄色

 

 

表面温度からなる色で考えるならば
太陽の色は白っぽい黄色である
と考えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク


月の色も違う?

太陽に続いて月の色というのも
日によって、白くみえたり黄色くオレンジ色に見えたり
様々なものだと言えます。

 

 

月というのは太陽とは違って恒星ではないため
自ら輝くことはありません。

 

 

私達の夜を照らす月は
太陽の光を月の表面が反射をして
光っているように見えるといえます。

 

 

夜の月を見上げてみると
ほとんどの場合は青白く見えるのが
一般的ですよね。

 

 

月の写真などを見てみても
どこか青白く白黒のような感じなので
月はどちらかと言えば白っぽいのだろうか
と思うものです。

 

 

しかし青白く見えるのは
人間の目の色の見え方であるため
月そのものの色ではありません。

 

 

人間の目は暗闇の中で光る
暗い淡い光を青っぽくみせる仕組みがあるため
月が青白く見えるだけだと考えられています。

 

 

では月の本来の色は何色なのか。

 

 

宇宙から観る月の色というのは
いくつもの色が存在して月となっているようです。

 

 

地球も陸の色は赤茶色や焦げ茶などの
複数の色からなっていますし
海の色といっても一重に青色だと言えません。

 

 

月も地表の多くは赤土色であるものの
青みがかった部分もあるようで
一色に限定することはできないと言えます。

 

 

また、月の表面というのは
青白く光っているように見えて
実は赤い光のほうが反射をしやすいため
夜に浮かぶ月が黄色や赤くなるというのも
こういったことから言えることかもしれませんね。

 

 

太陽と月の本当の色は何なのか。
それについて注目してきましたが
地球にいる以上、本当の色というのを実際に目にすることは
難しいことだと言えるでしょう。

 

 

ただ太陽は表面温度から考えることができますし
月の本来の色というものも
最近の技術では見ることができるようになってきました。

 

 

太陽の場合は今までのイメージと変わらなくとも
今後月の場合は、白っぽいという考えから
複数の色に変わっていくというのも
あるかもしれませんね。

⇒太陽と月の明るさってどれくらい?反射率について!

⇒太陽の寿命は?そのとき地球はどうなるの?

⇒太陽と月の重力は?他の惑星も調べてみました。

⇒太陽と月の表面の様子について!大きさの違いや関係は?

月の記事一覧は⇒こちら

太陽の記事一覧は⇒こちら

    スポンサーリンク


    コメントを残す