2014年に観測できる彗星は?

彗星が地球へと接近をしていたり
地球から丁度観測できる時期になると
ネット上で大きな話題になっていたりします。

 

 

今年2014年も残りわずかですが
これから地球から観測できる彗星があるのならば
ひと目観てみたいものですよね。

スポンサーリンク

彗星とは?

今年2014年もあと少しとなりましたが
彗星を観測することができる
ということもあり、現在話題に上がっているみたいですね。

 

 

彗星というのは
時に地球へと接近をしていたり
近くを通過する際には
地球から観測できたりと
人々の関心を引きつけていました。

 

 

そもそも彗星とは何なのか。

 

 

彗星とは
太陽系小天体の中でも
氷や塵を主として作られているもの。

 

 

彗星によっては
その破片が流星群の一部になるなど
深い関わりがあることもありますね。

 

 

そして太陽に近づいた際には
大気のコマや
コマが流出して尾ができたもの
を指すとしています。

 

 

彗星は古来より記録されており
その度に人は伝説を作り上げたり
様々な諸説ができたりと
歴史にも大きく関わってきました。

 

 

人類滅亡説も
彗星の中でも有名なハレー彗星の噂には
あったりしますし
その巨大でいて美しい姿は
やはり脅威に見えるということも
あるのかもしれません。

スポンサーリンク


今年2014に観測できる彗星は?

さて、今年2014年も少しになりましたが

地球から観測することができる
彗星がある様子。

 

 

パンスターズ彗星ですね!

 

 

今回観ることができる
パンスターズ彗星は
2012年に発見された
パンスターズ彗星C/2012 K1というもの。

 

 

パンスターズ彗星は
4台の望遠鏡を使った
移動天体や突発天体を
検出する計画である
パンスターズによって
発見されたものです。

 

 

なのでパンスターズ彗星には
今回のC/2012 K1以外にも
多くのパンスターズ彗星が
存在をしている
ということですね。

 

 

9月には朝方の東の空に見え
10月に入ると朝方の南東から南の空
中心に観測することができるようになります。

 

 

 

9月はあまり高度が高くはないために
観測条件はよくないですが
10月上旬は月明かりの影響も受けないために
条件はいいといえます。

 

 

中旬になると
月明かりの影響を徐々に受け始めることに
なるようですが
それでも見れないということはなさそうです。

 

 

オススメなのは
10月上旬に観ることですが
見逃してしまっても中旬まで観ることができるので
あまり焦ることもなさそうですね。

 

 

今月9月も観測条件はあまりよくありませんが
観れないわけではないので
観測してみるのもいいかと思います。

 

 

10月下旬になると
南の空へと向かってしまい
高度も低くなるために
観測は難しくなります。

 

 

明るい彗星なので
出来る限り見逃さないように
観測日を考えてみてくださいね。

 

 

彗星はわりと1年中を通して
様々な種類のものが
地球付近を通過することも多いため
調べてみるとその時期に通過する
彗星を観ることができます。

 

 

今年2014年はもう終盤
ということもありますが
彗星をしっかりと観てみたい
気になるという人は
前もって彗星の時期を調べておくと
余裕を持って観測することが
できるかと思います。

 

 

彗星は本当に綺麗なものなので
是非一度でもその目で確かめてみると
彗星ファンになってしまう
ということもあるかもしれませんね!

    スポンサーリンク


    コメントを残す