イーロンマスク宇宙輸送事業スペースXを経営するイケメン。

世界一の起業家とも言われている
イーロン・マスク。

 

 

彼はPayPal社の創業者であり
スペースX社の共同設立社、そして
CEOでもあります。

スポンサーリンク

イーロン・マスクとは

イーロン・マスクとは
おそらく聞いたことがあるという人も
多い、世界的にも有名な実業家の名前です。

 

 

南アフリカ共和国出身の
アメリカの起業家として活躍をしていて
現在、宇宙輸送事業を業務としている
スペースX社を設立、CEOとして活躍。

 

 

また、電子メールアカウントや
インターネットを使った決済サービス
アメリカの企業である
PayPal社の設立者でもあります。

 

 

広くアメリカを中心に普及をしていて
世界的にも使われているので
日本にとっても馴染み深い会社だと言えるでしょう。

 

 

イーロン・マスクは
わずか10歳という年齢ながらにして
独学でプログラミングを習得し
12歳で商業ソフトウェアを販売。

 

 

その後企業をしていき
1999年には現在のPayPal社の
前身となるX.com社を設立。
コンフィニティ社と合併をした後に
2001年にPayPal社となりました。

 

 

さらにはその1年後には
スペースX社を起業しています。

 

 

彼が今までに企業した会社は
全部で3つ。
しかも全てが短いスパンの中で
行われているので、その行動力と
思い切りの良さには驚かされますよね。

 

 

2002年に起業した
スペースX社は
宇宙輸送事業を業務としている企業です。

 

 

宇宙開発が年々進むに連れて
宇宙をテーマとした業務というのは
時代の先端をいくもの。

 

 

スペース社が行っている主な事業は
ロケットや宇宙船の開発と打ち上げ

 

 

2006年にNASAと
国際宇宙ステーションの物資補給のために
契約も果たしたことで話題にあがりましたね。

 

 

将来的に宇宙エレベーターの建設など
宇宙と地球を自由に行き来できるようにという
計画が進められています。

 

 

まだ様々な問題はあるので
実現は難しく簡単ではありませんが
もし実現したら、このスペースX社が
計画を大きくリードしていくのではないかと思います。

 

 

現在スペースX社の目標には
再利用できるロケットや宇宙船の開発

 

 

もし再利用することができれば
それだけコストパフォーマンスは削減できますし
多額の費用がかかる宇宙開発においては
大きなメリットとなっていきます。

 

 

色々なことを実現してきた
イーロン・マスクならば
今まで誰もができなかったことすれも
できてしまうかもしれません。

スポンサーリンク


宇宙輸送事業スペースXを経営するイケメン

イーロン・マスクは
今までに3つの会社を企業してきて
現在スペースX社に力をいれている
世界的な起業家、有名人であります。

 

 

世界一とも言われていたり
スティーブ・ジョブズをも超える
と言われていたりと
その名はどんどん広まっていっているので
数年後には、誰もが知っている名前になるかもしれません。

 

 

何よりもこの天才
イケメンだということでも注目を浴びていますね!

 

 

イーロン・マスクは
2013年に最も輝いた起業家
世界でもっとも影響力のある100人
2013年版雑誌の表紙も飾りました。

 

 

男らしさが溢れでている雰囲気は
すぐに多くの女性の心を鷲掴みにしたみたいですね。

 

 

また、実は人気映画でもある
アイアンマン2にも出演をしています。

 

 

アイアンマンの主人公といえば
社長であり天才発明家の
トニースタークですが
このモデルとなったのが
イーロン・マスクなのです。

 

 

映画自体に
大きく影響力を与えている
超人だったということですね。
映画を見ていて、こんなすごい人がいるわけない
なんて思ったりもしますが
まさか実在していたとは…と驚きです。

 

 

すでに世界規模で名も顔も知られていますが
日本はまだ宇宙に関しての認識や情報量は
低めでもあるとも言えます。

 

 

日本のJAXAは固体燃料ロケットの打ち上げに
成功を果たしましたし
高い技術が世界から注目をされています。

 

 

近い将来、日本でも宇宙に関する話題が
どんどんメディアなどで取り上げられてくると思いますし
そうなると、イーロン・マスクのことも
同じくらいに取り上げられるのではないかと思います。

 

 

今大注目であり
そして世界を変えるといわれるまさにヒーローである
イーロン・マスク。

 

 

今後も注目していきたいですね!

⇒スペースx社人類火星移住計画。

    スポンサーリンク


    コメントを残す