しぶんぎ座流星群2015 。ピークは1月4日11時。

冬の天体観測は本当に美しく綺麗ですし
見どころの1つでもあります。

 

 

さて早くも来年2015年の流星群に
注目が集まっている様子。
来年最初の流星群である
しぶんぎ座流星群に注目してみましょう。

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群というと
数多くある流星群の中でも
有名な流星群の1つですよね。

 

 

それもそのはず
このしぶんぎ座流星群は
年始にある、その年最初にある
流星群なのです。

 

 

しぶんぎ座流星群は
うしかい座、りゅう座の境界付近に出現する
流星群であり
毎年1月1日から1月5日の間に観ることができる
まさに新年早々の星のアート。

 

 

この流星群は
1時間あたりにおよそ20個から40個ほどの
流星を観ることができます。

 

 

三大流星群の1つということもあるために
より多く出現する年には
さらに流星を観ることができます。

 

 

通常の年でも多く見られる流星群なので
条件さえ揃えば
最高の流星群を
新年に観ることができるということ。

 

 

なのでお正月には
初詣をしたあと、夜には流星群を観る
という人も多いでしょう。

 

 

またこのしぶんぎ座流星群は
北半球に限って観られるという条件があるため
特に日本の太平洋側では
観測条件は最適。

 

 

今年2014年のしぶんぎ座流星群の
ピークは1月4日でした。
しかも今年の条件は
月明かりの影響はまったくないという
天体観測をする上では
最高の条件でした。

 

 

やはりそういった条件ということもあったので
今年のしぶんぎ座流星群は
より観測することができました。

 

 

やはり月明かりがないというだけで
普段見えない星というのも
見えるようになりますから
さすが三大流星群の1つということもあり
かなり活発な出現を
観ることができた人も多いようです。

 

 

いよいよ今年もあとわずかですから
今年条件良くしぶんぎ座流星群をみれたので
来年2015年のしぶんぎ座流星群も
期待と注目が集まっているみたいですね。

スポンサーリンク


しぶんぎ座流星群2015年。ピークは1月4日11時

今年好条件で観測することが出来た
しぶんぎ座流星群。

 

 

来年も出来れば好条件で
流星群を観測することができればいいな
と思いますよね。

 

 

では早速しぶんぎ座流星群2015が
今のところどういった条件なのか
ピークや方角などを観てみましょう。

 

 

出現は1月1日から5日の間で
ピークは1月4日とされています。

 

 

月明かりの条件は…と気になるところですが
実はタイミングが悪いことに
来年2015年のしぶんぎ座流星群の
ピークの時間帯は
なんと午前11時。

 

 

ちょうど太陽が昇っている
昼間の時間帯なので
流星群を観ることは厳しく
非情に条件は悪いと言えるでしょう。

 

 

なので来年のしぶんぎ座流星群は
惜しくも観測することができないということ…。

 

 

年の中でも三大流星群の1つである
しぶんぎ座流星群が観れないというのは
やっぱり残念ですよね。

 

 

もしかしたら明るい空に
流星のようなものが
うっすらと見えることもあるかもしれません。

 

 

では来年は見れないとして
再来年2016年はどうなのか。

 

 

2016年の場合は
夕方に時間がずれるため
2015年よりかは
観ることができるかもしれませんが
条件はよくないみたいですね。

 

 

条件良く観ることの出来るのは
2017年。

 

 

月明かりの条件もいいために
2017年まで待てば
美しいしぶんぎ座流星群を
観測することができるみたいですね。

 

 

冬の流星群は他にもありますし
なおかつ流星群でなくとも
冬の夜空というものは
天体観測には最適。

 

 

また、ピーク時ではなくとも
一応1日から5日の間には
出現をするので
その期間中に夜空を見上げると
しぶんぎ座流星群を観ることができるかもしれませんね。

関連記事⇒2015年流星群まとめ!!

    スポンサーリンク


    コメントを残す