しぶんぎ座流星群2018の見頃はいつ?極大や方角について!

いよいよ年末にも差し掛かって
来年の予定もどんどん決めている人も多いかと思います。
天体観測が好きな人にとっては
冬の流星群であり、年の始まりにあるしぶんぎ座流星群について
気になる人も少なくないでしょう。

 

 

そこで今回は2018年のしぶんぎ座流星群について注目!
すでに迫っているしぶんぎ座流星群を見逃さないためにも
見頃や極大、方角について詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

2018年のしぶんぎ座流星群の見頃はいつ?

しぶんぎ座流星群
流星群の中でも特に有名な流星群なので
星にあまり詳しくないという人でも
耳にしたことがある流星群だと思います。

 

 

まずしぶんぎ座流星群は
三大流星群と呼ばれる
一年の中でも特に多く流星が見れる流星群の一つなので
流星群を初めて観測するという人でも
気軽に観測できる流星群なのです。

 

 

さらにしぶんぎ座流星群は
一年の中で一番最初に流れる流星群なので
流星群好きな人にとっては
しぶんぎ座流星群を見て、ようやく年明けを感じる
という人もいますよね。

 

 

すでに今年は終わりに近づいてきているので
間近に迫るしぶんぎ座流星群を見逃さないためにも
見頃などをチェックしておきたいという人も多いかと思います。

 

 

しぶんぎ座流星群は
5日間くらいの期間で
流れる流星群です。

 

 

来年のしぶんぎ座流星群の場合は
1月1日から1月5日に流れるので
まさに年明けと同時に
流星群も流れるということですね。

 

 

初日の出を待っている間に
もしかしたらしぶんぎ座流星群を
観測できるチャンスもあるかもしれません!

 

 

初日の出を観るために
夜の間外にいるという人や
初詣をするという人は
夜空をよくチェックしておくと
良いことがおこるかもしれませんね。

スポンサーリンク


極大や方角について!

流星群を観測する上で最も注目したいのが
極大だと思います。

 

 

極大は流星群が流れる期間の中でも
特に多くの流星群が流れるピーク期間なので
ピーク中に空を見上げていれば
おそらく一つは流星群を見れるでしょう。

 

 

しぶんぎ座流星群は
ただでさえ流れることが多い流星群なので
少し観測をしていれば
たくさんの流星を観ることが出来るかもしれません。

 

 

2018年のしぶんぎ座流星群は
1月4日5時頃
に極大を迎えます。

 

 

見頃となる時間は
その日の0時から夜明けまで。

 

 

次に見頃とされているのが
前日の1月3日0時から夜明け

 

 

天体観測が好きな人は
二日間連続で観てみると
たくさんの流星を観測出来るかもしれません。

 

 

次に方角ですが
しぶんぎ座流星群は特に方角が決まっていないので
どの方向で観てもOK。

 

 

しかし、2018年のしぶんぎ座流星群は
満月過ぎの月明かりに邪魔をされるため、
非常に観測条件は悪いとのこと。

 

 

出来るだけ月のない方角を観てみるといいでしょう。

 

 

他に注意点があるとすれば
1月の夜中はかなり冷え込むので
防寒をしっかりとするということや
出来るだけ温かい飲み物を持参して
観測をするのがオススメです。

 

 

いくら三大流星群だからといっても
やはり忍耐強さが試されるのが流星群でもあるので
美しい流星群をしっかりと観測するためにも
寒さ対策は体の内側からも万全にするようにして
しぶんぎ座流星群を楽しんでいきましょう!

⇒しぶんぎ座流星群のしぶんぎ(四分儀)とは何のこと?

⇒流星群はいつ見れる?2017年の流星群をまとめて紹介!

    スポンサーリンク


    コメントを残す