三大流星群とは。2015年の日程やピーク時間。

近年流星群がメディアなどでも
注目され紹介される機会が増えたので
興味を持ち始めたという人も多いと思います。

 

 

その中でも是非知っておきたいのが
三大流星群の存在。
2015年の日程、ピーク時間と共に
紹介していきます。

スポンサーリンク

三大流星群とは

誰もが一度は耳にしたことがあり
一度は夜空に流れる美しく幻想的な
流星群を一目みたいと思ったことがあるでしょう。

 

 

近年メディアなどを中心にして
流星群が注目される機会が多くなりました。

 

 

これは、ネットが普及するようになり
SNSでの繋がりも増えたり
情報などがより耳に入りやすくなったからだと思いますが
それにより流星群を見てみたい、と興味を持つ人も
多くなったと言えます。

 

 

しかし流星群を観たいといっても
季節や時間、また数多くの流星群があるために
どの流星群が観測しやすく見やすいのか
どの流星群がオススメなのか
ということはわからないところ。

 

 

多くの流星群好きや、
これから流星群を観測していきたいという人に
絶対欠かせない流星群というのが
三大流星群の存在

 

 

1年の中では、流星群は数多くみることができ
その年の流星群をたとえ見逃してしまっても
また次の年にみることができます。

 

 

なので、流星群の知識を頭にいれるために
そろそろ2014年も終わりを告げますし
2015年幕開けと同時に注目しておくと
より多くの流星群を観ることができると言えます。

 

 

さて、今回注目する三大流星群
その名の通りに、流星群の中でも特に大きな活発を観ることが出来る
かなり大きな流星群。

 

 

他の流星群となるとあまり活動が活発ではない
ということもありますが
三大流星群の場合には
他の流星群と比べると観測しやすい
より多くの流星を観ることが出来る
という点が言えます。

 

 

まず1年の最初、1月に流れる流星群が
しぶんぎ座流星群

 

 

1時間に普段は20個から50個
また活発な年には100個といった
非常に多くの流星を観ることができます。

 

 

次に、年に1,2を争うほどの
流星数を誇るのがペルセウス座流星群

 

 

ペルセウス座流星群は
7月下旬に流れ始め
8月の中旬に極大を迎えるので
夏休み真っ只中に観測できる人気の流れ星ですね。

 

 

おそらく流星群を観測したことがあるという人の多くは
このペルセウス座流星群を夏休み中に観た
という人が多いのではないでしょうか。

 

 

次にふたご座流星群

 

 

これは12月上旬に観測することができるもので
冬の夜空は他の季節と比べてみると
空気が澄み渡っているために
より美しく観測することができます。

 

 

2014年最後に
ふたご座流星群を観測したという人も
多かったみたいですね。

 

 

流星群の活動というのは
ムラがあったりするために
流星群をどうしてもみたいという人には
三大流星群をオススメします。

 

 

出現数も多く
観測しやすいため
是非、一年を通して
三大流星群を制覇してみてくださいね。

スポンサーリンク


2015年の日程やピーク時間

しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群
ふたご座流星群が三大流星群だということを
みてきましたが
いよいよ注目したいのが
2015年の日程やピーク時間について。

 

 

流星群によっては
毎年同じ日に極大を迎えるものもあれば
ややずれることもあるために
日程、ピーク時間や
その日の月の状態などをチェックしておくのが
必須だと言えます。

 

 

まずは、しぶんぎ座流星群

 

 

しぶんぎ座流星群の極大は
1月4日の11頃
4日未明あたりが見やすいようなので
見てみるといいかもしれませんね。

 

 

ただ夜ですと
満月直前ということもあり
月明かりが邪魔をして観測しづらいと言えます。

 

 

極大時間である11時も昼間なので
観測条件はよくありませんが
4日未明にみてみると
月明かりの影響を受けずに観ることができるので
東の空というのを意識して
是非見てみてくださいね。

 

 

夏の流星群、ペルセウス座流星群
2015年は好条件で観ることができるようです。

 

 

極大は8月13日の15時頃ですが
12日~14日未明に注目してみると
月齢条件的にも影響を受けずに観ることができるので
12日、13日、14日夜明け頃に
空を見上げてみると◎。

 

 

月明かりの心配もいらないので
方角は全天で観ることができます。

 

 

さて、最後の三大流星群の1つ
ふたご座流星群
ここ数年では最も観測条件が良いと言われています。

 

 

一晩で最高500個は観測できるのではないか
と言われているほどなので
全体の流星群をみてみても
トップクラスの流星数を誇るかもしれませんね。

 

 

極大は12月15日の3時
月齢条件も時間帯も最高に良いので
やや深夜+冬の寒さという
厳しい環境ではあるものの
美しい流星のイルミネーションを
観ることができるのではないかと思います。

 

 

さて、三大流星群の観測条件について
まとめてみましたが
やはり注目したいのは
ふたご座流星群ですね。

 

 

今から約1年後なので
まだまだ先ではあるものの
その間に、年明けてすぐしぶんぎ座流星群
一年の折り返し地点でもある夏には
ペルセウス座流星群
そして三大流星群の他にも
まだまだたくさんの魅力的な流星群があるので
あっという間に一年は経ってしまうと思います。

 

 

今回紹介した三大流星群と
そのピーク時間や日程などを参考にして
美しい流星群を観測してみてくださいね。

関連記事⇒2015年流星群まとめ!!

    スポンサーリンク


    コメントを残す