サイディングスプリング彗星の軌道上に火星。衝突危機?

先日NASAがサイディング・スプリング彗星
の撮影に成功したことを
発表しましたよね。

 

 

このサイディング・スプリング彗星の
軌道上に火星があるということで
衝突危機の可能性も示唆されています。

スポンサーリンク

サイディング・スプリング彗星の軌道上に火星

サイディング・スプリング彗星の話題については
以前から注目されていました。

 

 

このサイディング・スプリング彗星とは
非周期彗星の一つであり
以前から2014年10月19日に
火星に衝突をするとも言われていたので
以前から世界中では話題になっていました。

 

 

なによりも火星という
地球とはかなり間近でもあり
何よりも誰もが知っている惑星でもあるために
そんな火星に衝突ともなれば
大問題ですよね。

 

 

火星は地球とは近いというのと
類似点や、過去には生命体がいたという可能性も
示唆されていますし
火星移住計画の噂もあるので
一気にそういった研究や計画が
丸つぶれになる可能性もあります。

 

 

また、衝突の影響により
地球にも影響を及ぼしていきますし
危険視もされていましたね。

 

 

このサイディング・スプリング彗星は
2013年に
サイディング・スプリング天文台にて
発見された比較的新しい彗星です。

 

 

見つかったすぐに火星に衝突の可能性が
でてくるというのも
このサイディング・スプリング彗星の軌道上に
火星があったから。

 

 

もともとこのサイディング・スプリング彗星は
今回で初めて太陽系の中心にやってくる
というものなので
発見が遅くなったということもいえますね。

 

 

このサイディング・スプリング彗星は
肉眼では見ることができない
あまり明るくないものなので
観測したいと思っても気軽にできないのは
少し残念。

 

 

しかし、軌道上に火星があるということで
先日NASAが軌道上にある無人探査機と
火星にある無人探査機で
サイディング・スプリング彗星の
姿の撮影に成功したことを
発表しました。

 

 

それだけ側まで近づいていた
と思うと少しすごいような
こわいような感じがしてしまいますね。

スポンサーリンク


火星衝突の危機?

さて、気になるのが
火星への衝突の問題ですよね。

 

 

予定日だと言われていたのが
2014年10月19日なので
もう予定日からは
結構な日にちが経っています。

 

 

しかし未だに火星へ衝突をした
というニュースはありませんし
どうなったか気になるところ。

 

 

実はもうすでに
サイディング・スプリング彗星は
火星の近くを通過しているのです!

 

 

火星からは約14万㎞
の地点を接近したのち
通り過ぎたので
衝突はせずにそのまま。

 

 

なので衝突の危機も
過ぎ去ってしまったため
心配はせずとももう大丈夫のようですね。

 

 

しかしかなり接近をしたため
無人探査機でその姿を
撮影することができましたし
これはこれで快挙だといえます。

 

 

太陽系にはじめてやってきた
サイディング・スプリング彗星なので
今後はこういった機会は
もうないかもしれませんし
今後の宇宙開発をしていく上では
重要な資料になっていくのではないでしょうか。

 

 

また今回のサイディング・スプリング彗星は
接近をした結果、衝突には至りませんでしたが
今後いきなりこういった彗星が
現れて衝突の危機ということは
問題になる可能性は低くないと思います。

 

 

その度に今回のように
話題になってくると思いますし
世間を賑わせることになりそうですね。

 

 

火星ほどの身近な惑星に
衝突をした場合などは
地球に大きく影響をおよぼす可能性も
捨てきれないので
そういった情報には
耳を傾けていきたいと思います。

    スポンサーリンク


    コメントを残す