2015年流星群まとめ。

1年間の間には
たくさんの流星群が観測できます。

 

 

今回は2015年版
流星群まとめということで
時期や極大、ちょっとした紹介を
していきます。

スポンサーリンク

2015年流星群まとめ

1年間をとおして
春、夏、秋、冬と流星群は観測でき
夜空の天体ショーをみせてくれます。

 

 

流星群が流れる時期やその名前
そしてその流星群に関する
ちょっとした特徴や神話などを知っておくと
さらに流星群観測は深みを増して
楽しくなっていくといっても過言ではありません。

 

 

さて、今回は
2015年の流星群まとめということで
1年間に流れる流星群について
軽く紹介を加えながら
まとめてみました。

 

 

まず流星群の観測条件としては
その流星群が最も活発に活動する
極大日の日程や月齢を踏まえるものです。

 

 

普段は月の光というものは
美しく幻想的ではあるものの
流星群の日はなるべく夜空が照らされることは避けたいので
満月やそれに近い状態の月齢の時は
観測条件が悪い、というのを覚えておくのが
いいかもしれませんね。

 

 

では早速見てみましょう。

 

 

1月

しぶんぎ座流星群 

三大流星群の1つであるしぶんぎ座流星群
1月1日~5日の間出現しており
1時間あたり20個~40個ほど観測できます。

今年2015年の極大日は1月4日午前11時
あまり観測条件はよくありませんでしたね。

⇒しぶんぎ座流星群について詳しくはこちら!

 

4月

こと座流星群

春の流星群こと座流星群
流星速度は速く、流星痕が残るという特徴を持っています。
出現は4月16日~25日で、時に突発出現も見られます。

2015年の極大日は4月22日23時頃~23日明け方
月齢は4なので月明かりの問題もなく
観測条件は良いと言えます。

⇒こと座流星群について詳しくはこちら!

 

5月

みずがめ座η流星群

4月下旬から5月下旬まで観測できる
割と長い活動期間を持つみずがめ座η流星群

2015年の極大日は5月6日22時なので
時間帯的には問題ないものの
月齢が17なので、月明かりの影響を受けるため
なるべく月明かりがない方角を見て観測するのが◎

⇒みずがめ座η流星群について詳しくはこちら!

スポンサーリンク


7月

やぎ座流星群

火球が非常に明るく見つけやすいやぎ座流星群
1時間に観測できる数は少ないものの
とても目立つので感動的です。
出現は7月3日~8月15日まで。

2015年の極大日は7月31日予定ですが
30日が丁度満月だったということもあり
条件はよくないと言えます。

⇒やぎ座流星群について詳しくはこちら!

 

8月

ペルセウス座流星群

三大流星群の1つであるペルセウス座流星群
年間流星数1,2位を争うほどの大きな流星群。
出現は7月20日~8月20日の1ヶ月間。

2015年の極大日は8月13日15時なので
あまり条件はよくないようにも見えますが
月齢条件も良いため、13日未明、または14日未明
注目してみるのが◎。

⇒ペルセウス座流星群について詳しくはこちら!

 

はくちょう座k流星群

8月3日~25日にかけて出現する
はくちょう座k流星群
丁度ペルセウス座流星群とも被る
夏を代表する流星群ですね。

2015年の極大日は8月18日日没後
月齢も4なので非常に条件が良いので
是非注目してみるといいでしょう。

⇒はくちょう座k流星群について詳しくはこちら!

 

10月

りゅう座流星群

秋の流星群であるりゅう座流星群
10月6日~10日まで見られる
短めの出現を見せる流星群です。

 

2015年の極大日は10月9日14時
月明かりは下弦の月なので条件はいいものの
昼間なので条件としては微妙かもしれません。

⇒りゅう座流星群について詳しくはこちら!

 

オリオン座流星群

全流星群の中では2番目の速度を持つ
オリオン座流星群
明るい流星のため観測もしやすくあります。
出現は10月2日~11月7日まで。

2015年の極大日は10月22日8時
午前中の極大日ですが、月齢条件は良いため
22日未明や前日深夜などに観測してみるといいでしょう。

⇒オリオン座流星群について詳しくはこちら!

 

11月

おうし座流星群

冬初めに姿を現すおうし座流星群
明るい火球が特徴的だと言えます。
南群、北群と2つの形で極大を迎えるので
それぞれの極大日を見てみるのが◎。

南群の極大日は11月6日
月齢は24なのであまり条件はよくありません。
北群の極大日は11月13日
月齢1という新月というところを見ると
かなり条件はいいと言えます。

⇒おうし座流星群について詳しくはこちら!

 

12月

ふたご座流星群

三大流星群の1つであるふたご座流星群
1時間に40個から見られるものですが
多い時は100個もみれる超極大流星群。
出現は12月7日~17日まで。

今年の極大日は12月15日3時頃
月齢も全く問題ないため
ここ数年では最もいい最良条件で観測が可能
今年一年の中では最も注目したい流星群です。

⇒ふたご座流星群について詳しくはこちら! 

 

 

1年間の流星群を少し紹介してきましたが
こうしてみると本当に一年を通して
流星群を見ることができるということを
実感しますね。

 

 

特にふたご座流星群は
普通の条件でも十分にみれるので
今年の最良条件での観測ともなれば
かなり感動的な天体ショーを見ることが
できるのではないかと思います。

 

 

詳しい流星群の詳細は
各流星群名のところに専門記事のリンクをしているので
是非チェックしてみてくださいね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す