流星群はいつ見れる?2017年の流星群をまとめて紹介!

毎年、流星群を観ることを楽しみにしている人も
少なくありません。
すでに来年2017年の流星群について
気になり調べている人もいます。

 

 

今回はそんな2017年の流星群について注目。
2017年の流星群はいつ観ることが出来るのか
まとめて紹介をしていきます。

スポンサーリンク

2017年の流星群まとめ

流星群は本当に幻想的で
夢の様な光景ですよね。

 

 

一度見てしまうと心が奪われてしまいますし
流星群によるものの
多数の流れ星を観ることが出来るというのは
ある意味非日常を味わっているような感じがして
特別な夜を味わうことも出来ます。

 

 

そんな流星群ですが
いきなり流れるのではなく
だいたいこのくらいの時期に流星群になる
という予測も立てられています。

 

 

予め流星群のスケジュールを把握しておくと
流星群に備えて準備をすることが出来ますし
可能であれば、より綺麗な流星群を観るために
天体観測に最適な場所へと足を運ぶことも出来るでしょう。

 

 

流星群はたくさんのものがありますが
その中でも特に有名なものは
メディアなどでも取り上げられることも多く
注目度も高くなります。

 

 

主な流星群として有名なのは
三大流星群の一つであるしぶんぎ座流星群

 

 

冬を代表する流星群であり
毎年楽しみにしている人も少なくありません。

 

 

2017年はだいたい1月3日の23時頃
極大を迎えるとされています。
朝方まで降り注ぐと言われているので
23時頃から朝方まで流星群を観測していると
多くの流れ星を観ることが出来るかもしれませんね。

 

 

 

次に春の流星群を見てみましょう。

 

 

春の流星群には4月のこと座流星群
5月の水瓶座η流星群があります。

 

 

こと座流星群は
4月22日の21頃に極大を迎えるので
あまり夜も遅くなく
比較的見やすいかと思います。

 

 

次に5月の水瓶座η流星群は
5月6日の5時に極大を迎えます。

 

 

実はここ数年では最も条件の良い
最高条件の中で観ることが出来るので
かなり幻想的な流星群を観ることが出来るかと思います。
2017年の流星群の中でも
特に注目をしたい流星群ですね。

スポンサーリンク


続いて夏の流星群を見てみましょう。

 

夏は天体観測の季節でもあるため
気になる人も多いかと思います。

 

 

7月にある水瓶座δ流星群
7月28日前後だと言われています。
夏休みに入ったばかりの日付でもあるので
観測する人も多そうですね。

 

 

8月13日4時にはペルセウス座流星群があります。
月齢が20なので、残念ながら観測条件は良くありませんが
光害を受けない天体観測に最適な場所に移動をすることによって
月明かりをそこまで気にせずに観測することが出来るでしょう。

 

 

秋の流星群の代表的なオリオン座流星群
2017年は好条件で観測することが出来ます。
10月21日の20時からなので見やすい時間帯であり
月明かりに邪魔をされることもないので
集中して流星群を観ることが出来るでしょう。

 

 

2017年の最後を締めくくる冬の流星群は
11月の獅子座流星群と、12月の双子座流星群があります。

 

 

 

11月のしし座流星群は11月18日の1時に観ることが出来て
さらに月齢は1なので最高条件の中で
観測をすることが出来ます。

 

 

最後のふたご座流星群は
12月14日の15日が極大となっているため
残念ながら極大を観ることは出来ません。

 

 

なので、14日未明や15日の夜に注目をしてみるといいでしょう。

 

 

 

以上が、2017年注目の流星群です。

 

 

比較的好条件で観測することが出来る流星群が多いので
可能であれば天体観測に最適な場所へと足を運び
整った環境でより美しい流星群を観ることをオススメします。

 

 

光害や月明かりというのは
流星群を隠してしまうことに繋がるため
出来る限り市街地や都市部を避けたほうが
流星群を楽しむことが出来ます。

 

 

休みと被っている流星群も多いので
流星群をしっかりと観たことがないという人は
是非一度、美しい流星群を観に足を運んでみてくださいね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す