10月りゅう座流星群2015。見頃や方角。

流星群の魅力としては
季節ごとに様々な流星群がある
ということですよね。

 

 

今回は秋の流星群である
りゅう座流星群について注目していきます。

スポンサーリンク

りゅう座流星群2015

春夏秋冬
この4つの季節を感じることができる日本は
1年中流れる様々な流星群を
それぞれの季節の流星群として
捉えることができますよね。

 

 

流星群の季節というと
どうしても夏や冬といった季節に
注目されがちですが
春や秋にも同じように流星群が流れているため
流星群好きには見逃せないものです。

 

 

 

今回注目するりゅう座流星群
秋の流星群として人気の流星群の1つ。

 

 

りゅう座流星群は全体的に見てみると
まだまだ歴史の浅い流星群であり
それほど昔からの記録が残されていません。

 

 

1920年代に初めて出現したので
かなり新しい流星群だと言えます。

 

 

流星の流れ方はかなり特徴的であり
どこか浮いたような
ふわっとした感じで流れるため
印象的で見つけやすくもあります。

 

 

また、軌道の関係上
13年に一度活発な出現を見せる
ということもわかっているため
事前にその年の流星について
調べやすいのも嬉しいポイント。

 

 

しかし毎年1時間あたりに見せる流星数は
未だにブレがあるために
ハッキリとはわかっていません。

 

 

掴みどころがあるようで
掴みどころがない
少し不思議な流星群だといっても
いいかもしれませんね。

 

 

一番最近でかなり活発な出現をしたのは
ヨーロッパで2011年を中心に
一時間に約300前後にも及ぶ
活動が記録されました。

 

 

他にも日本では
1998年に平均96
最大800ほどの大出現
記録されたので
13年という節目は
かなり期待できるかもしれませんね。

スポンサーリンク


2015年、見頃や方角

だいたい13年毎に
軌道の関係上によって
活発な出現を見せるりゅう座流星群。

 

 

りゅう座流星群は
10月6日から10月10日までの
わずか4日間の中で出現をします。

 

 

1ヶ月ほどにわたり活動する流星群もあるので
たった4日というと結構短い気がしてしまいますよね。

 

 

極大は毎年違っており
今年2015年の極大日は
10月9日

 

 

月齢をみてみると
丁度下弦の月となっているために
月明かりの影響を受けずにいられますが
昼間である14時がピーク時刻なので
あまり観測条件はいいとはいえないかもしれませんね。

 

 

また9日未明などに注目してみるのもオススメ。

 

 

他にも4日間の間は
活動期間でもあるので
月齢を踏まえてみると
夜中に流れるりゅう座流星群を
思いがけず観ることもできるかもしれません。

 

 

丁度10月となると
夏の暑さが少しだけ残りつつも
肌寒くなってくるので
防寒は必須になっていきます。

 

 

特に日が落ちた後や
深夜帯での観測は気温が下がって
非常に寒く感じることもあると思うので
寒さには気をつけて
見れたらラッキー、くらいの心構えで見てみると
案外その姿をたくさん現してくれるかもしれません。

 

 

また、今年観測条件はあまり良くないものの
2016年の観測条件は良いようなので
今年見れなかったとしても
来年に期待をしてみるといいでしょう。

関連記事⇒2015年流星群まとめ!!

    スポンサーリンク


    コメントを残す