宇宙の年齢を計算すると。プランク望遠鏡とは。

私達の住む地球は
宇宙の一部であり、広大な宇宙を前にすると
地球はほんの小さく若い存在だといえます。

 

 

「宇宙はいつからあるのだろう」
全ての始まりである宇宙の年齢って
気になりますよね。

スポンサーリンク

宇宙の年齢を計算すると…

人には生まれてから現在までの年を数えた
年齢というものが存在しています。

 

 

それは人だけではなく
生まれた全てのものにたいして
適用されるものだと言えます。

 

 

私達が住んでいる地球の年齢は
およそ46億歳だと言われていますね。

 

 

これは隕石から得たデータなどから
得た年齢の情報であり
正確な年齢はわからないものの
おそらく今から約46億年前に
地球は誕生したと考えられています。

 

 

はじまりは
宇宙のどこかで爆発がおこり
その結果銀河系に太陽が生まれたことが
地球が生まれるきっかけとなりました。

 

 

太陽の周りを回っていた
ガスや鉱物粒子などがかたまりとなり
そのかたまりがさらに衝突などを繰り返した結果
惑星が生まれていき
その中に、地球の元となる
原始地球が誕生したのが
この地球のはじまりだと言われています。

 

 

奇跡の星とも言われている地球は
その後多くの生命を生んでいき
私達人類や動物などが
生まれたということですね。

 

 

地球にそんな始まりがあるように
地球がある宇宙にも始まりがあります。

 

 

今から46億年も前に
地球が誕生したと思うと
それ以前にあった宇宙というものは
いつ頃誕生して、今何歳なのか
気になりますよね。

 

 

宇宙のはじまり
ビッグバンという超大爆発によって
生まれたとされていて
その爆発は今も宇宙の果てまで広がっていっており
宇宙は拡大し続けている
という説もありますね。

 

 

宇宙にある天体は宇宙より若いはず
というところから
天体を観測し年齢を予測することにより
おおよその宇宙の年齢というものは
導かれていきます。

 

 

しかし確実に宇宙の年齢を
調べる方法というものはないために
様々な諸説や仮説などが立てられていて
正しい年齢というものはわからない
というのも事実です。

 

 

今まで宇宙の年齢は
約137億歳だと言われていました。

 

 

しかし昨年欧州宇宙機関ESAが発表した
研究によると
約138億年前に誕生したということ。

 

 

また実は1000億年前に
宇宙は誕生していたという説
浮上しているというのもあり
今まで誕生からおよそ137億年
といわれてきていましたが
どんどん新説によって
宇宙の年齢に関しては
議論が白熱している様子。

 

 

今からそこまで遥か昔となると
推定でしか年齢を予測することはできないので
さらに宇宙の年齢については
これから様々な説が出てくるのではないかと思います。

 

 

今から1000億年前という説に関しても
そもそも人間は、高度な文明を持つ宇宙人によって
作られた…なんて言われていますから
それくらいの年月をかけて文明を発達させた宇宙人が
生まれた地球にやってきて、人間を作った…
ということもあるかもしれませんね。

 

 

宇宙の年齢を知るためには
ありとあらゆる天体を調べなければなりませんし
古代文明に残された高度な天文学や文明、知識なども
関係してくる可能性も否めないと言えるでしょう。

スポンサーリンク


プランク望遠鏡とは

宇宙の事を知る上で大活躍しているのが
プランク宇宙望遠鏡というもの。

 

 

このプランク宇宙望遠鏡は
宇宙マイクロ波背景放射を観測するために
高度な観測装置を備えた
人工衛星です。

 

 

宇宙マイクロ波背景放射というのは
宇宙のはじまりとされる
ビッグバンの名残りと言われています。

 

 

最初と言われるビッグバンの名残を
観測し調べることにより
宇宙の年齢や宇宙のことを知ることができる
ということ。

 

 

このプランク宇宙望遠鏡は
2009年にESAにて
打ち上げられました。

 

 

宇宙の年齢は約137億歳と言われていて
その後、わずかに古い
138億歳という説がでましたが
これはプランク宇宙望遠鏡によってのもの。

 

 

しかしまだまだ課題や解析には時間がかかるようで
これも確かな数字ではないというのが
現状のようですね。

 

 

プランク宇宙望遠鏡は
高性能であり今後宇宙を知るためには
大きく貢献をすると期待されています。

 

 

決定的な宇宙の年齢がわかるまで
それはどのくらい先の未来かわかりませんが
プランク宇宙望遠鏡が
新たな情報を掴んでくことを
期待していきたいと思います。

    スポンサーリンク


    コメントを残す