ペルセウス座流星群2018!ピークの時間や方角は?

流星群の中でもペルセウス座流星群は
有名な流星群の一つですよね!

 

 

名前も覚えやすいだけに、
知っているという人も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は2018年の
ペルセウス座流星群について注目!

 

 

ペルセウス座流星群を観測するために必要な
ピーク時間や方角の情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群といえば
流星群の中で最も有名なのではないかと言っても
過言ではないくらいに有名な流星群ですよね!

 

 

それもそのはず、ペルセウス座流星群は三大流星群の一つでもあり
名前もかっこよくて覚えやすいということもあってか
知っている人が多い流星群でもありますよね。

 

 

学生の頃、天体のことはよくわかっていなかったけれど
ペルセウス座だけは覚えやすくて知っていた
という人も多いのではないでしょうか?

 

 

さて、ペルセウス座流星群は
夏に降り注ぐ流星群の一つです。

 

 

自由研究などを考えている人にとっては
三大流星群ということもあり
かなり観測しやすくテーマにしやすいですよね!
(7月下旬にはみずがめ座δ流星群も!
詳しくはこちらの記事で!)

 

 

流星群をあまり観たことがないという
流星群初心者さんにとっても、
ペルセウス座流星群は観測のしやすさから考えて
オススメの流星群です。

 

 

ピークとなる極大では
1時間に20個前後の流星群を
観られると予測されている
ので
空をじーっと眺めていれば
必ず一つは観ることが出来るかと思います。

 

 

全体的に観測しやすい流星群ですが
確実に観たい場合にはピーク日に観測をしたほうが◎。

 

 

というのもピークから外れてしまうと、
かなり一時間に流れる流星の数が減ってしまうので、
見付けるのも少し難しくなってしまうのです。

 

 

そのため、出来るだけたくさんの
ペルセウス座流星群を観るためにも
ピーク時間や方角について知っておき
備えておいたほうがいいのです!

スポンサーリンク


2018年のピーク時間や方角は?

ペルセウス座流星群に限らず
流星群を観る場合には
ピーク時間や方角を知っておく必要があります。

 

 

ピークの日程や時間、方角から外れてしまえば
いくら期間中だと言っても
観測するのは少し難しくなってしまうので、
流星群を観測する上では
必要不可欠な情報というわけですね!

 

 

ペルセウス座流星群の場合
活動期間は毎年7月17日前後から8月の終わりまでになります。

 

 

その中でピークとなるのが
2018年だと8月13日の10時頃だと予測されています。

 

 

残念ながらピーク時には朝になっていますが
夜明け前でも十分に
観測出来るそうです。

 

 

幸いなことに月明かりの心配は必要ありませんので、
どの方角からでも流星を見ることができるでしょう。

 

 

明け方になるにつれてピークに近づくことから
太陽が昇る前には東ではなく西
向いておくといいかもしれませんね。

 

 

また、観測する際に注意をしたいのが、
少し都心から離れた場所や自然に囲まれた場所で観測をする時に、
野生の動物を刺激しないようにするということ。

 

 

夏は野生の動物も活動が活発になっているので、
刺激をしてしまうと思わぬトラブルに
発展してしまう可能性もあるのです!

 

 

私はかつてオーロラを見に行ったことがあるのですが、
そのときには何も考えずに
一人で雪山の中を歩いていました。

 

 

今思うと恐ろしいことをしていたなと……。笑

 

 

また、近隣住民に迷惑をかけないためにも、
観測する際には静かに
周りに迷惑をかけないように心掛けていきましょう!

 

 

夏場は特に天体観測の時期ということもあり
天体観測の名所によってはイベントやツアー、
または天体観測をするための宿なども注目されるようになってきます。

 

 

ペルセウス座流星群の時期は他の流星群とも被る時期でもあるので
星が好きな人や流星群をとにかく観たいという人は、
そういったイベントなどに注目してみるのもオススメです。

 

 

冬とはまた違った星の輝きを夏には観ることが出来ると思うので
普段あまり流星群を観ないという人でも
ペルセウス座流星群に注目してみると、
思ったよりも素敵な時間を過ごせると思うので
是非観てみてくださいね!

⇒流星群はいつ見れる?2018年の流星群をまとめて紹介!

    スポンサーリンク


    コメントを残す