彗星探査機ロゼッタと着陸機フィラエ。彗星に着陸。

人類史上初となる彗星着陸をしたと
現在話題に上がっている彗星探査機ロゼッタ。

 

 

着陸機フィラエも無事目的地である彗星
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に投下成功し
今後地球にどのような彗星の情報を届けてくれるか
期待されています。

スポンサーリンク

彗星探査機ロゼッタと着陸機フィラエ

技術が進歩し、昔と比べると
かなり宇宙を知ることや
宇宙にある天体の状態などを
観測したり調査したりすることが
出来る時代となりました。

 

 

しかしそれでも宇宙は広く
未知の世界であるために
ほんの一握りも
私達は宇宙のことをわかっていない
とも言われています。

 

 

広大な宇宙の一部である地球は
宇宙の広さから見れば
本当に小さな存在であり
その中で生きている人間は
さらに小さな生き物。

 

 

しかしそんな小さな存在が
こうして宇宙を調べることができているというのは
すごいことだと思いますし
次々と宇宙開発を進めていっています。

 

 

人類は月に着陸を成功させた
と言われていて
火星などを始めとした
太陽系の天体に
探査機などを送り込んでいます。

 

 

その中で新たな挑戦をし
見事成功させたのは
彗星探査機のロゼッタ

 

 

2004年にフランスから打ち上げられた
探査機であり
今年2014年8月に目的地である
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星
無事到着をしました。

 

 

10年間という時間をかけて
彗星へと到達し
今月11月12日には
着陸機フィラエ
地表へと投下、着陸に成功させました。

 

 

目的地である
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は
ロゼッタの探査機によって
非常にに臭い彗星であるということと
不思議な形をしていることを
すでに情報として地球に情報を送っています。

 

 

非常に臭いという点では
すでに探査機がチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に
到着した際にネット上では大きく話題になり
腐った卵のニオイ、馬糞のニオイ、刺激臭に
アルコールのニオイなどが混ざった
凄まじく強烈な臭さがあるということ。

 

 

アンモニアメタン硫化水素などが
含まれていることを検知し
研究チームは
「匂いを嗅いだら後悔するだろう」
ということを述べたのも
話題に上がりました。

 

 

また不思議な形というのは
球体を二つくっつけたような
形をしています。

 

 

ロゼッタが到着したことによって
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の
全貌を写真に納、
データを地球へと送っているので
すでに写真もネットなどでは
公開されていますね。

 

 

不思議な形
また、強烈な臭さを持つ
という特徴があるのは
今までの彗星のイメージからは
大きくかけ離れているだけに
これからのロゼッタと
フィラエの調査によって
新事実が次々に見つかるかもしれません。

スポンサーリンク


彗星に着陸。

先日見事着陸機フィラエを
着陸させた彗星探査機ロゼッタ。

 

 

しかしこの着陸は
一筋縄でいかない場面もあり
ハラハラさせる一面も。

 

 

まず、彗星と探査機の
スピードの問題です。

 

 

同時も二つとも動いているために
少しのミスが着陸地点を狂わせ
探査計画に支障をきたしてしまうこと。

 

 

また、大きな問題というのが
ロゼッタから切り離した瞬間から
フィラエが着陸するまでの時間には
およそ7時間必要になります。

 

 

7時間、目標地点にむけて
フィラエは落下をし続けるわけですから
その時間の間にトラブルがあれば
計画にくずれてしまうことも。

 

 

そして最終的な大きな問題は
彗星の重力の問題

 

 

彗星は地球と比べて重力が弱く
フィラエが投下され
無事に着陸をしたとしても
バウンドしてしまう可能性が
示唆されていました。

 

 

着陸をする際には
姿勢制御などを行うための
スラスターを利用して
無事に着陸することを予定としていましたが
なんとスラスターは故障。

 

 

なので実際無事に着陸したというよりかは
一度バウンドをして
二度着陸を経験した、とことがわかりました。

 

 

そんな困難を乗り越えて
無事に着陸を成功させたフィラエは
氷と岩に覆われていると言われている
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星を徹底的に調査し
組成などを調べる予定です。

 

太陽系の一番最初のことを
知ることができるのではないかという
かなり大きな可能性を秘めているようで
今後送られてくる情報によっては
宇宙開発はかなり前進するのではないでしょうか。

 

 

まだまだ調査は始まったばかりの
ロゼッタとフィラエ。

 

 

すでに臭いという点では
かなり驚かされていますが
さらに驚愕する彗星の秘密を
期待していきたいと思います。

    スポンサーリンク


    コメントを残す