おうし座の見つけ方。アルデバランという1等星。

天体観測の中でも楽しみの1つなのが
星座をみつけること。

 

 

星座にまつわる神話は楽しいですし
星座を知ることによって
天体観測に深みが増してきます。
今回は星座の1つ、おうし座を見てみましょう。

スポンサーリンク

おうし座の見つけ方

おうし座ときくと
だいたい5月の誕生日星座である
というイメージを持つ人が多いでしょう。

 

 

数多くある星座の中でも
12星座はより身近で親しみやすい星座でありますが
それとは裏腹に
実際に空に浮かぶ星座の位置を把握している
という人は少ないかもしれません。

 

 

おうし座は黄道十二星座の1つ。

 

 

この黄道十二星座が
誕生日の星座を表しています。

 

 

黄道十二星座の特徴は
黄道が経過しているへびつかい座をのぞく
12星座。

 

 

誕生日星座の中には
13星座に当てはめる場合もありますが
そのときに、黄道が経過している
へびつかい座が追加されるわけです。

 

 

おうし座はギリシャ神の中で
全知全能の神であるゼウス
女神ニンフのエウローペに恋をし
近づくためにおうしに化けて近づき
その後正体を明かした後に
結ばれて子をもうけた、と言われています。

 

 

このエウローペは
木星の衛星である
エウロパの名前の由来でもあります。

 

 

神話を知ると
星座の関係性なんかも見えてきて
ますますおもしろくなりますよね。

 

 

また、おうし座の中にある
プレアデス星団は、7人姉妹に例えられており
楽しく踊っているところを
オリオン座がやってきて、5年間追いかけまわした
なんてこともいわれています。

 

 

星座にまつわる神話には
恋愛が欠かせないものなので
女性の中にもこういったことを知ると
難しそうな天文学も
少しは親しみやすくなりますよね。

 

 

さて、肝心なおうし座ですが
神話などをきいていくと
興味がわいてきて
是非夜空に浮かぶおうし座を見つけたい
と思いますよね。

 

 

おうし座は冬の星座であり
西の方角に見えます。

 

 

秋には東の空ですね。

 

 

おうし座を見つけるためには
季節の方角にあわせて
赤い空を見つけることが
一番わかりやすいといわれています。

 

 

また、オリオン座を探すのも
おうし座を見つけるためには
いい目印となります。

 

 

オリオン座の三つ星は
密接している3つの星なので
見つけやすいと思います。

 

 

その三つ星から
西の方へと視線をずらしていくと
赤い星の周りの星をつなげると
V字にみえてきます。

 

 

この部分がちょうど頭のようになり
そこから勢い良く地をけるような
おうし座がみえてきます。

 

 

なかなか見えづらいという人もいるとおもうので
最初のうちは、星座絵を参考にしてみると
なんとなく全体像もみえてきて
自然と夜空に浮かぶおうしの姿を
見ることができるようになるでしょう。

スポンサーリンク


アルデバランという1等星

おうし座を見つけるために
大きな目印となる
赤く輝く星。

 

 

この星はアルデバランといわれる
一等星の星です。

 

 

おなじみのとおりに
一等星の星というのは
都心部でも光り輝く姿を観ることの出来る
非常に明るいレベルで輝く星のこと。

 

 

なので星が見えづらい都心部でも
一等星の赤い星、アルデバランを見つければ
だいたいあのあたりにおうし座があるだろう
というのがわかってきます。

 

 

アルデバランは
おうし座を構成する星の中では
一番明るい恒星であり
冬のダイヤモンドの1つでもあります。

 

 

アルデバランの特徴でもある
赤い色ですが
赤色巨星に移行しているから。

 

 

恒星は常に進化をし続けるもので
その進化の度には
色をかえていきます。

 

 

恒星が膨張していくと
赤色巨星となっていき
その星の終わりを迎えていきます。

 

 

恒星は自ら輝くことのできる星ですが
これは生まれてからもっている
水素の核融合反応によって
輝いています。

 

 

しかし無限ではなく有限のために
その水素はなくなっていってしまい
星の中の構造がかわっていき
熱が発生していくようになり
赤く光る、というわけですね。

 

 

そしてその後には
白色矮星となっていきます。

 

 

白色矮星は
白く光る星であり
星が燃え尽きたあとの
最終段階。

 

 

そのうちアルデバランも
白色矮星となっていき
赤い星が白い星へと
変化していくかもしれませんね。

 

 

アルデバランは
おうし座を見つけるだけでなく
冬のダイヤモンドを構成している星でもあるため
見つけることができれば
より冬の天体観測を楽しむことができます。

 

 

冬の夜空をみあげて
わかりにくい人は
オリオン座の三つ星をみつけて
そこの西の方角にある
ひときわ赤く輝くアルデバランを
見つけてみてくださいね。

    スポンサーリンク


    1件のコメント

    • ねこねこ

      携帯の待ち受けが動く天球儀です。
      どんな天気の日も携帯からいつも美しい星空が見えます。
      今日はその天球儀に、見慣れたオリオン座のそばに見慣れない赤い星を見つけました。
      アルデバランというのですね♪
      さそり座のアンタレス
      おうし座のアルデバラン、と覚えます。
      晴れた夜空で探してみます♪(●^o^●)

    コメントを残す