オリオン座流星群 2015年は10月22日。

待ち遠しい天体ショーである流星群。
流星群の時期をチェックして
一年中流星群を存分に楽しむというのも
素敵な1年になりますよね。

 

 

さて今回は秋の流星群
オリオン座流星群について
注目していきます。

スポンサーリンク

オリオン座流星群

オリオン座流星群
わりと聞いたことがあるという人も
多い流星群かもしれませんね。

 

 

オリオン座については
数多くある星座の中でも
有名なものですし
秋の流星群の中でも
話題になりやすいものですよね。

 

 

オリオン座流星群は
全体の流星群の中では
2番目の速さを持つという特徴があります。

 

 

すごい速さで流れるものの
その分十分に明るい流星なので
見つけやすく、観測しやすい
流星群らしい流星群だと
言えるかもしれません。

 

 

しかもオリオン座流星群は
10月2日から11月7日にかけて
長期間での活動をしているので
秋の流星群としても
じっくりみれるのが特徴。

 

 

極大は毎年違うものですが
それでも1ヶ月以上にわたって観測できるので
のんびりと条件のいい時を見つけて
観ることができます。

 

 

オリオン座流星群の歴史としては
西暦288年に中国で記録されたものが最初であり
ヨーロッパではあまり記録がありません。

 

 

天体観測というと
ヨーロッパが本場な気がしてしまいますが
オリオン座流星群の記録がないというのも
少し意外ですよね。

スポンサーリンク


オリオン座流星群が2015

さて今年のオリオン座流星群の
観測条件や極大日、方角など
早速見てみましょう。

 

 

オリオン座流星群は
10月2日から11月7日の
1ヶ月以上にわたって観ることが出来るため
たとえ極大日ではなくとも
運が良ければ流星を観ることができます。

 

 

その中でも今年2015年の極大日は
10月22日8時

 

 

朝方の極大日になるので
22日未明や前後の深夜などに
チェックしてみるのが
いいかもしれませんね。

 

 

月齢条件も上弦の月なので
悪くはありません。

 

 

トータル条件は普通にみれるくらいなので
22日未明、またはその前後の
夜に見てみると◎。

 

 

方角に関しても
全天で観ることができますが
なるべく月がある方向を避けてみる
月光に妨げられずに
天体観測をすることができるのでオススメ。

 

 

観測をするにあたって
丁度11月に近い時期にもなるので
かなり夜は冷え込むことが
予想されます。

 

 

なので防寒具の準備は必須であり
温かいドリンクなどもあると
集中して流星群観測にすることが
できるかもしれませんね。

 

 

また、天候状態に関しても
極大日付近にならないと
今は予測できないために
早めのうちに週間天気予報などを
チェックしておくといいでしょう。

 

 

極大日に観ることができなくとも
長く1ヶ月以上にわたって
活動をする流星群でもあるので
気を長くして見てみることが大切。

 

 

来年の予測は
あまり条件がよくないために
期待はしないほうが良いですが
再来年である2017年は最良ということで
今年以上に観測条件は整います。

 

 

オリオン座流星群は
三大流星群ではなくとも
観測しやすく流星も見つけやすいということで
初めて流星群を観測するという人にもオススメ。

 

 

この時期は他の流星群や
冬の空となって空気も澄み渡り
星座を眺める天体観測もオススメなので
流星群だけではなく
そういったものも一緒に楽しむことができれば
最高の一晩になっていきそうですね。

関連記事⇒2015年流星群まとめ!!

    スポンサーリンク


    コメントを残す