火星にモノリス?衛星フォボスにも?

先日NASAの実験で
次世代宇宙船オリオンの打ち上げと
飛行に成功したことが発表されました。

 

 

後に火星へと有人飛行する計画が
予定されていますが
なんと火星にモノリスが存在するということで
話題になっているようです。

スポンサーリンク

火星にモノリス?

火星というのは
私達の最も身近な惑星かもしれません。

 

 

地球とやや類似点もあるために
惑星移住をするのならば
火星の名前はあがってきますし
実際に都市伝説レベルではありますが
火星移住計画というものも
ささやかれたりしています。

 

 

また、現在の宇宙開発の段階で
観測した火星というのは
謎の人工物や建造物のようなものが
発見されていたり
謎に包まれています。

 

 

評論家や研究家達の間では
火星人の仕業ということが
冗談交じりに話されているようですが
火星には以前水が存在していた可能性も
示唆されていることから
過去には火星人のような
知的生命体が存在していた
または、現在も何らかの形で
存在していると考えられています。

 

 

なので度々火星にある
謎の建造物などについては
ネット上などを中心にして
話題に上がることが多いですよね。

 

 

現在話題になっているのは
火星のモノリス

 

 

モノリスときいてピンと来る方も
いるかと思いますが
アーサー・C・クラークスタンリー・キューブリック
2001年宇宙の旅シリーズに登場している
謎の物体モノリスのこと。

 

 

そのモノリスに
非常に似ている物体が
火星の表面に存在しているため
火星のモノリスと呼ばれています。

 

 

この火星のモノリスは
火星にある謎の建造物の中でも
特に有名なものとされて
火星の話題になったときには
よく注目されています。

 

 

まず、この火星のモノリスは
NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが
撮影した火星の表面の中に
うつりこんでいたものであり
2009年に確認されました。

 

 

どうやらNASAの見解では
自然に出来た産物と言われているようですが
自然にモノリスのようなものができる
というのは少し考えにくいですし
色々と考えてしまいますよね。

 

 

他にも火星といえば
人面岩などがみられたり
遺跡のようなものが発見されたりと
火星に何かがいた確率というのは
たかそうですよね。

 

 

次世代宇宙船オリオンが
打ち上げに成功しましたし
今後火星についての研究は
さらに積極的に進められていくかと思います。

 

 

なので火星のモノリスについても
新たな説が浮上していきそうですね。

スポンサーリンク


衛星フォボスにも?

火星のモノリスが話題になっていますが
衛星フォボスにも
謎の物体があるということが
言われています。

 

 

衛星フォボス
火星の衛星ですが
まさか火星と衛星両方に
モノリスが存在しているというのは
奇妙な話ですよね。

 

 

なぜ衛星フォボスや
火星にモノリスが誕生しているのか
それは未だにわかっていません。

 

 

研究家などの間では
発言の機会を伺いつつ
言葉を濁したりジョークをいっているようで
やはりモノリスの正体については
わからない様子。

 

 

ただ、実際に宇宙へと旅だった
宇宙飛行士達の間では
地球外生物の生物について
実在するという実証も
噂ではされているということ。

 

 

私達や研究者、天文科学者の中では
やはり地球からでしか
観測はできませんし
実際に宇宙へと行った時には
それらしきものを目撃していたり
気配を感じることも
あったかもしれません。

 

 

情報がすべて公開されている
というわけでもないので
核心部分をすでに掴んでいる…なんてことも
あるかもしれません。

 

 

2009年までは
このモノリスの存在は
確認されていなかったので
今のところ、突然現れたと
されています。

 

 

自然に現れたものなのか
それとも、火星人に作られたものなのか
今はまだ謎ですが
いつか解明される日が
くればいいですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す