木星型惑星の特徴とは?地球型惑星との違い。

太陽系の惑星は大きな分類によって
分けられており
その1つが木星型惑星というもの。

 

 

木星と類似している惑星の総称のことを
指しますが、一体どんな特徴や違いがあるのか
それを知るとより太陽系を深く知ることができます。

スポンサーリンク

木星型惑星の特徴とは?

私達人類が生きている地球は
太陽系の惑星の1つだということは
ご存知ですよね。

 

 

地球以外にも、彗星や木星、海王星に土星など
様々な惑星が存在をして
太陽系となっています。

 

 

惑星にはそれぞれの特徴があり
惑星を形成しているの主成分の違いや
密度の違いなども様々

 

 

その中でも似たようなもの同士を
地球型惑星
木星型惑星
天王星型惑星
という大きな部類に分けることにしています。

 

 

今回注目をするのが
木星型惑星

 

 

木星型惑星はそもそも
さらに広い意味で
広義の木星型惑星の分類されており
天王型惑星もその1つですね。

 

 

広義の木星型惑星は
大惑星のことを指し
大きく重い惑星のことを指します。

 

 

それらは地球と比べて
直径が4倍以上であり
質量が10倍以上のサイズであり
さらに密度が小さいとされるものですね。

 

 

さらなる共通点には
衛星や環を多数持っているなど
が挙げられます。

 

 

広義の木星型惑星には
木星、土星、天王星、海王星
が分類されています、

 

 

そこから更に分かれて
木星型惑星は木星と土星
天王型惑星は天王星と海王星
といった感じになります。

 

 

今回注目する木星型惑星の大きな特徴
まず、主成分がガスでできていることが
挙げられます。

 

 

巨大な大きさを持つ木星型惑星ですが
主成分がガスなため
見た目とは裏腹にとても軽いのが特徴。

 

 

そして地表は水素ガスが圧力によって
液状化をしていたりと
地球とはまったく異なりますね。

 

 

水素・ヘリウムなどを主成分としているので
密度も小さく
自転が速い、といった特徴もあります。

 

 

なので木星型惑星は
ほぼガスでできているとても軽いもの
というイメージをしていいでしょう。

 

 

地球はがっしりとした感じなので
地球よりも何倍も大きいのに
全く軽いだなんて少し考えにくいかもしれませんね。

 

 

実は天王型惑星に分類されている
天王星と海王星も
もともとは木星型惑星と同じでした。

 

 

しかし宇宙開発が進むにつれて
木星や土星がガスで出来ているのと比べて
天王型惑星は核の外側が
水やメタンの氷などを形成している
ということがわかり
別の部類とされました。

スポンサーリンク


地球型惑星との違いは?

木星型惑星の特徴がわかりましたが
それでは地球が分類されている
地球型惑星との違いは何なのでしょうか。

 

 

まず、地球型惑星に分類されるのは
地球、火星、木星、水星です。

 

 

主に地球型惑星は
岩石、金属などから構成されており
陸地がある、というのが特徴ですね。

 

 

広義の木星型惑星と比べると
質量は小さくも、密度が大きい
というのが特徴です。

 

 

木星型惑星と地球型惑星の違い
見てみましょう。

 

 

まずは木星型惑星はガスが主成分なため
岩石や金属などでは構成されていないことから
陸地のようなものはありません。

 

 

それに比べて地球型惑星は陸地があるので
人間は地に足をつけることができますね。

 

 

質量と密度の違いもそうですし
かなりの大きな違いがあると言っていいでしょう。

 

 

では、何故こういった違いが生まれたのか。
それを知ることにより
さらに深く木星型惑星と地球型惑星の
違いについて知ることができます。

 

 

木星型惑星と地球型惑星の
最大の大きな違いは
太陽との距離と言えます。

 

 

木星型惑星は
太陽から離れた位置にありますが
地球型惑星は
太陽から比較的近い位置に存在していますね。

 

 

太陽にが近い惑星というのは
温度が必然的に高くなると言えますね。

 

 

それによって、気体の運動量が増え
ガスや水などの物質は失われることになり
結果的に、岩石や鉄といった成分が
惑星の主成分となっていきました。

 

 

しかし太陽から距離のある
木星型惑星は
そういった影響を受けることはないので
ガスやヘリウムといった物質は
失われずに済みますよね。

 

 

こういった太陽との位置関係から
惑星を構成する主成分に違いが出来た
と言えます。

 

 

太陽に近ければ近いほど
小さくもがっちりとした惑星であり
遠ければ大きいけれどとても軽い惑星である
とても不思議な感じはしますが
原理さえわかれば納得がいきますよね。

 

 

太陽系についてよくわからないという人や
いまいち木星型惑星と地球型惑星の違いが
あやふやであるという人は
太陽との距離を思い返してみると
とてもわかりやすいですよね。

 

 

今後は宇宙開発によって
さらにそれぞれの惑星の成分の解明が
進められていくと思いますし
分類も大きくなることもあると思うので
もしそうならばチェックしていこうと思います!

    スポンサーリンク


    コメントを残す