みずがめ座η流星群2015年の情報。観測条件は良くない。

来年5月の流星群である
みずがめ座η流星群の速報が
すでに届いています。

 

 

今から約半年もあとの流星群ですが
早くも注目されていますね。

スポンサーリンク

みずがめ座η流星群2015年の情報

流星群は1年を通して
多く見られる星の天体ショーですよね。

 

 

流星群というのは
そもそも宇宙の塵
大気圏に突入して燃える姿が
流星群の正体となっていますが
それでも幻想的な流星の数々は
奇跡さえも起こしてしまいそうなほどに
美しく見飽きないもの。

 

 

流星群には
それぞれ名前がついていますが
これはその星座の方向から
流星の元となる塵が
大量に流れてくるからと
言われています。

 

 

遠い宇宙の様々なところから
地球の地上から観ることができる
流星群というのは
宇宙の奇跡が重なりあってできたもの
というわけですね。

 

 

さて、今回注目するのは
毎年5月に観測することができる
みずがめ座η流星群

 

 

出現期間は
4月19日から5月28日まで
わりと長い間観測できる
流星群だといえます。

 

 

ただこれだけ長い期間
出現する流星群でもあるので
毎年極大時刻が異なるため要注意。

 

 

みずがめ座η流星群は
8世紀に中国で出現した
というのが最初の観測のようです。

 

 

あまり目立ったような
活動はないものの
最近でいうと2012年には
やや活発な活動を見せてくれたので
その年に観測したという人も
少なくないかもしれませんね。

 

 

来年のみずがめ座η流星群の
極大は
今のところ5月6日
22時ごろだと言われています。

 

 

ちょうどゴールデンウィークと被るので
休暇中に流星群を眺めてみるのも
いいかもしれません。

スポンサーリンク


観測条件は良くない。

来年2015年5月6日22時に
極大を迎える
みずがめ座η流星群。

 

 

しかし、どうやら観測条件は良くないようで
あまり期待はできない様子…。

 

 

22時という時間帯に関しては
夜が深まる時間でもあるので
良好だと言えます。

 

 

日中に極大を迎えてしまうと
明るい太陽の元なので
せっかくの流星を観ることもできません。

 

 

では、2015年のみずがめ座η流星群は
何が観測条件を悪くしているのかというと
月の状態。

 

 

月齢が17なので
満月が明けて少したった頃の状態は
夜を明るく照らすには十分の光で
星々を隠してしまいます。

 

 

流星群を観測するにおいて
最も重要なのは月との関係なので
満月ではないにしても
ほぼ満月とは変わらない輝きを持つ月が
一晩中夜に浮かんでいるために
観測状態は悪いといえます。

 

 

もともと大きな活発を見せない
みずがめ座η流星群なので
もしかしたら月が明るすぎてしまい
観測できないということも
考えられるかもしれません。

 

 

また、観測場所に最適なのは
市街地や都心部を避けた
人工的な明かりが少ない場所なので
そういったところを避けて観測すれば
運良く観ることが出来る可能性が
高まると言えるでしょう。

 

 

みずがめ座η流星群2015の
観測条件は悪いということで
少し残念な気持ちになりますが
2016年のみずがめ座η流星群は
観測条件が最良と予測されています。

 

 

ここ数年の中では
最も好条件が揃う年となるようで
もし来年観測することができなくとも
2016年に観測できる可能性は
十分にあります。

 

 

月齢も29で月明かりの影響は受けずに
観測することができるため
美しい天体ショーを期待できます。

 

 

みずがめ座η流星群は
来年観測には向かないという予測ですが
見えないというわけではないので
気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

関連記事⇒2015年流星群まとめ!!

    スポンサーリンク


    コメントを残す