恐竜滅亡の原因は地球に隕石が衝突したからではなかった?

人間が誕生するよりもはるか昔のこと
地球には恐竜がいたと言われていますが
地球に隕石が衝突をしたことによって
絶滅したと言われてきました。

 

 

しかし、恐竜滅亡の原因は
地球に隕石が衝突したからではない
ということも言われてきています。
何故恐竜は絶滅をしてしまったのか
様々な説を見ていきましょう。

スポンサーリンク

地球に隕石が衝突して恐竜は絶滅をした?

恐竜が絶滅した原因については
いくつかの仮説が立てられているものお
隕石が地球に衝突をしたことによって
それが原因で恐竜は絶滅をしたというのが
最も考えられる説だとして
今日まで語られてきています。

 

 

実際、恐竜がいたとされる
今から約6500万年前に
隕石が地球に衝突したという事実はあるようです。

 

 

突如巨大な隕石が地球へと衝突をしてきた
その結果として恐竜が絶滅をした。

 

 

隕石が衝突をしたことが事実であれば
恐竜がそれが原因によって絶滅をしたというのも
かなり納得がいく話だと思います。

 

 

その時の隕石の跡というのは
現在もメキシコ湾で発見されているので
隕石が実際に衝突したというのは
本当に確かなようですね。

 

 

隕石が衝突をしたことによって
噴煙のようなチリが地球を多い
地球は暗闇に包まれていき
太陽の光が届かなくなりました。

 

 

結果敵に、光合成などが出来なくなり
さらに日の光が届かなくなるため
氷河期に突入をして
生態系は一気に崩れ
生物はどんどん絶滅をしていったと言われています。

 

 

氷河期に突入すれば
凍える寒さの中で生きられる生物は決まっていきますし
その中で生きられたとしていても
生態系が崩れてしまえばエサがなくなり
自分たちも命を落とすことになる。

 

 

結果的に隕石が地球に衝突をしたことが
恐竜の全滅に繋がったと考えるのは
とてもスムーズなことですし
今まで語り継がれ、信じられてきただけ
信憑性はかなりあると思います。

スポンサーリンク


他にも絶滅した原因が考えられる

長らく信じられてきている
地球に隕石が衝突をしたことによって
恐竜が絶滅したという説ですが
最近になって、新たな事実が出てくるようにもなりました。

 

 

以前から他にも説が浮上をしていたようですが
隕石が衝突をしたというだけでは
恐竜の絶滅に繋がるとは言い切れない
という意見も多くありました。

 

 

隕石衝突説では
それが原因となって恐竜が絶滅をした
ということが言われていますが、
隕石が衝突をする前から
すでに恐竜は絶滅をしかけていたとも言われているのです。

 

 

考古学者らは
各年代別に、恐竜がどう増えて、どう減っていったのか
ということを調査、研究をしていったということ。

 

 

特に新種の恐竜の誕生に関しては
重点的に調査をしていったようですが
隕石恐竜の前から
恐竜の誕生、進化をするスピードは
劇的に低下をしていったということ。

 

 

それは隕石が衝突をした時まで
ずっと続いていったそうです。

 

 

新しく恐竜は誕生をしていたものの
絶滅のスピードに追いつけるわけではなく
全体的にみて恐竜は隕石が衝突する前から
すでに絶滅の危機に直面をしていたということ。

 

 

そして隕石が衝突をしたことや
他にも火山活動などが原因となって
環境が変化をしていき
数少なくなっていた恐竜たちは
あっという間にその数を減らしていき
最終的に絶滅へと繋がったのではないかと
考えられています。

 

 

隕石衝突は紛れも無い事実であり
確かにその時代に恐竜がいたことも事実であり
それが恐竜が全滅した原因にもなっているようですが
隕石が衝突をしたから一気に絶滅をしたのではなく
隕石が衝突をしたことが、トドメとなってしまった
ということみたいですね。

 

 

しかしこれだけでは
まだ恐竜が絶滅をした謎は解き明かされないため
今後の研究や調査によって
その全貌を解き明かしていくということ。

 

 

調査精度がどんどん上がっていけば
さらに恐竜が絶滅した原因についても
わかってくることがあるとされているので
今後、新たな恐竜絶滅説が出てくるかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す