宇宙船は臭い?スペースシャトル帰還後にハッチを開けると…

突然ですが宇宙船ってどんなにおいがするのか
気になりませんか?

 

 

近代的画期的、未来的、かっこいい象徴でもある
宇宙船ですが、どうやら噂によると
宇宙船は臭いとのことです。

スポンサーリンク

宇宙船は臭い?

宇宙船はたくさんのSF映画などでは欠かせないもので
人類の憧れの的でもありますよね。

 

 

近くも遠い存在である宇宙へと旅立つための
そんな船に憧れる人は多く
将来乗ってみたい、一目観るだけでも見てみたい
そういった夢を一度でも描いたことがあるかと思います。

 

 

さて、そんな宇宙船ですが
果たしてにおいはどうなのか
ずっと宇宙にいるわけですから
考えてみれば、臭いがこもりますし
宇宙環境においては換気もできないので
あまりいいイメージを抱くのは
難しいですよね。

 

 

現在の宇宙船というと
改良などを重ねていく上では
だいぶ人々が生活しやすく
衛生環境もよくなりました。

 

 

シャワールームやトイレなども
地上とまったく同じとはいえませんが
そこで生活する宇宙飛行士達は
昔と比べてるとストレスを感じない
快適な暮らしにも。

 

 

そういった時代の変化を考えると
やっぱり宇宙船はそこまで気にするほど
くさくないのではないかな
なんて思ってしまいます。

 

 

また、中に住む宇宙飛行士達にとって
もし臭いのであれば
大きなストレスとなって
生活しづらくなってしまいますよね。

 

 

さて、気になる宇宙船のにおいですが
果たして臭いのか、そうではないのか…。

 

 

どうやら個人差はあるものの無臭とはいかないようで

「体育会系の部室のにおい」

と話す宇宙飛行士もいる様子。

 

 

体育会系の部室の臭いというと
むわっと熱気がこもっていて
息がしづらい重たさがありますし
汗と土の臭いなども重なりあって
お世辞にも良い臭いとはいえませんよね。

 

 

宇宙船と体育会系の部室というのは
どうも結びつきは感じないものの
換気できない、密室…ということを考えると
あながち簡単に想像できるかもしれません。

 

 

この臭いの原因というのは
人間の汗

 

 

汗の中には
体に含まれていた
様々な有機物も含まれているため
臭いがこもっているような
重たいような感じになる仕組みのようですね。

 

 

実際宇宙船の国際宇宙ステーションでは
衛生面を考慮して
空気再生システムが搭載されています。

 

 

これは物資補給時に
空気を入れ替えるものなので
まったく換気をしていない
というわけではありません。

 

 

しかし臭いというものは
空気を入れ替えただけでは
消えないほどの頑固なもの。

 

 

臭いのもととなっている物質
細菌類を除去しなければ
臭いの根本的な解決には至らないので
体育系の部室のような臭いに
なってしまうようですね。

 

 

宇宙空間というと
どこか臭いとは無縁な感じもしましたが
まさか部室の臭いがするというのは
納得はいくものの少し意外です。

 

 

なのでスペースシャトル帰還後ハッチを明けると
むわっとしたそういった臭いが充満するようですね。

 

 

中にいる人間にとっては
そういった環境は次第に慣れになってきてしまうので
あまり生活をしている上では気にならないものの
地上に戻って、改めて臭さに驚愕するということ。

 

 

自分自身がそんな空間にいた…というのは
あまり信じたくない現実かもしれません。

スポンサーリンク


宇宙船内を脱臭

宇宙船は体育会系の部室の臭いがする
これは宇宙飛行士にとっては
歓迎できるものでもありませんし
開発する側としても
改善点だと言えます。

 

 

そんなことで
現在宇宙船内を脱臭するための研究が
JAXA北九州市複合金属製品メーカー「フジコー」
によって行われているということ。

 

 

狙いとしては
宇宙に滞在する飛行士が快適な空間で
生活できるようにというもので
こもってしまう臭いを取り除くようですね。

 

 

将来的に火星有人探査が計画されているのは
有名な話でもありますが
往復だけで約3年という期間を必要とします。

 

 

さらにその上で探査や
何かあったときのために時間を多めに考えると
かなり長い間宇宙船に滞在することになるでしょう。

 

 

そうなれば快適にストレスなくというのは
ある意味最重要事項とも言えますし
臭いこもらせたままにしておくというのは
なんとしても改善したい点。

 

 

脱臭研究においては
光触媒を利用したもののようで
光に反応して電子を放出していき
それらは、空気中の酸素、水分と反応し
臭いの元となる物質を無害化していくというもの。

 

 

フジコーのこの技術は
対象物に吹き付けることによって
高密度・耐久性に優れている皮膜を作るというものであり
対象物となる宇宙船を傷つけることなく
使うことができる優れ物。

 

 

日本の技術が宇宙開発において
大きな成果を果たしているのは
常々話題になっていますが
これが実現ともなれば
さらに貢献し注目を浴びることは間違いなし。

 

 

宇宙飛行士達が快適な宇宙船ライフを送って
火星探査に存分に集中してほしいですし
早く実現することを
願って、朗報を期待したいと思います。

    スポンサーリンク


    コメントを残す