太陽の巨大黒点を24年ぶりに観測。地球への影響は?

先日、太陽の巨大黒点が
24年ぶりに観測されたことが
JAXAから発表されました。

 

 

巨大すぎる黒点による
地球への影響についても
注目されているみたいですね。

スポンサーリンク

太陽の巨大黒点を24年ぶりに観測

JAXAが今月11月20日に
24年ぶりとなる
太陽の巨大黒点を観測に成功したことを
発表しました。

 

 

巨大というと
どのくらいなのか気になるところですが
なんと地球の66個分の大きさを誇るのだとか。

 

 

超巨大な黒点なので
観測に成功したというのも
頷けますよね。

 

 

今回の巨大黒点は
10月16日から30日の間で
現れたもの。

 

 

そもそも黒点とは何なのか
ということですが
太陽の表面に黒く点のようにみえる
部分のことを言います。

 

 

太陽というと
燃えているオレンジのようにみえますが
よく見てみると
黒い点のようなものが見えます。
それが黒点ですね。

 

 

太陽の表面の温度は
およそ6000℃ですが
黒点の部分はおよそ4000℃となって
少し低くなっています。

 

 

それによって暗くみえることから
黒点と呼ばれるようになりました。

 

 

この黒点の発生原因は
詳しくはわからないものの
太陽の磁場の関係で発生すると
考えられています。

 

 

黒点は太陽活動の活発によって
増えたり減ったりするものなので
近年太陽活動の活発が示唆されていますから
それの影響により
今回のような巨大な黒点が発生したのではないか
と思われます。

 

 

この黒点は必ずずっと存在しているわけではなく
寿命が存在しており
数日から長いもので言えば1ヶ月ほどの
期間で消えます。

 

 

なので今回観測できた黒点も
永遠に存在し続けるわけではありません。

 

 

10月に巨大黒点の存在が
確認されていて
太陽の自転によって一時期見えなくなったものの
また今月見えるようになったために
さらに話題にあがりました。

 

 

なので今回の黒点は
わりと寿命が長いのかもしれませんね。

 

 

また、実は今回の太陽黒点は
とある形に似ているということでも
ネット上では大きく関心を引き寄せています!

 

 

その形というのが
猫の足あとのような形

 

 

まるで猫が太陽の上を歩いたように見える
足あと型の黒点は
とても可愛いということで
話題にあがっているみたいです。

 

 

あまり黒点というのは
広く話題には上がらないものですが
猫の足あと型で
黒点が身近なものになったといえるかもしれませんね。

スポンサーリンク


地球への影響は?

猫の足あと型という
可愛らしい巨大黒点をみせた
太陽ですが
地球への影響についても
不安な声が上がっています。

 

 

そもそもここ最近で
急激に太陽の活動が活発になったと
言われてきていますから
今回の巨大黒点の出現により
さらに不安は大きなものになった
といっても過言ではありません。

 

 

太陽活動の1つには
太陽フレアというものがあります。

 

 

このフレアは
太陽で起こる爆発現象のことをいい
磁気嵐なども発生させます。

 

 

この磁気嵐によって
人工衛星、通信機器
送電網などの障害を引き起こすことになるために
地球に影響を及ぼすと言えるでしょう。

 

 

ちなみにフレアによって
オーロラの発生も見られるために
最近の太陽活動の活発さから
日本ではいつしか北海道でも
オーロラが発生するのではないか
ということも言われていますね。

 

 

一節では地球温暖化の影響も
太陽活動の活発化によるもの
とも言われています。

 

 

さて、このフレアですが
実は黒点の近くで発生する
という特徴があります。

 

 

巨大黒点が発生した太陽では
この巨大黒点の近くで
巨大フレアが発生するのでは
ということも言われており
すでに10月には6回もの
巨大フレアが起きていることが
確認されています。

 

 

この巨大フレアの発生によりの
航空システム、無線通信の混乱などが
起きているようで
地球への影響はすでに及ぼされているということ。

 

 

実際この放出されたエネルギーが
人類の健康状態などに
影響を及ぼすということはないものの
通信機器などに影響が及べば
日常生活にはどんどん支障をきたしていくでしょう。

 

 

太陽フレアの影響は
巨大黒点がなくなるまでは
危険が示唆されていくと思いますし
航空機関などを利用する場合には
突然急便になるなんてことも
あるかもしれません。

 

 

航空機のパイロットなどと
連絡がとれなくなれば
大きな事故の発生源ともなりかねないので
しばらくは細心の注意を
払っていきたいですね。

 

 

ただ巨大黒点、巨大フレアのわりには
予想よりも被害が少ないために
数日後には消滅するのではないか
と言われています。

 

 

黒点の確かな寿命はわからないものの
大きければ大きいほどに
長く生きるのではないかと言われていますが
それでもわずかな時間なため
あまり大きな問題には繋がらないのではないか
と思います。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-00000021-mai-sctch

    スポンサーリンク


    コメントを残す