金星の太陽系における位置。地球との距離は?

太陽系の惑星の1つである近世いは
地球型惑星に分類され
さらには最も大きさ、密度も地球と似た
惑星だと知られています。

 

 

なので地球姉妹惑星と呼ばれることもあり
明け方と夕方に観測することもできる
地球とは馴染み深い惑星です。

スポンサーリンク

金星の太陽系における位置は?

地球の姉妹惑星
明けの明星、宵の明星といったように
金星は地球とは深い関わりがある
太陽系の惑星の1つですね。

 

 

地球とは大きさから平均密度まで
最も類似しているために
どこか親近感が湧く
惑星だといるかもしれません。

 

 

太陽を中心として周回する軌道でも
地球とは最も近い位置にある
というのも特徴ですね。

 

しかし地球とは似ているといっても
地表の温度は高温であり
火山がたくさんあり、マグマがあります。

 

 

地球にも火山やマグマ地帯はありますが
金星はより多いと言ってもいいでしょう。

 

 

金星の雲は
濃硫酸でできていると言われているので
人間が行けばあっという間に溶けてしまいます。

 

 

大気圧も大きいため
もし人間が金星へ行くことがあれば
重さに耐えかねて潰れてしまいますし
地球とは似ているといっても
大きさや密度が他の惑星と比べて
少し似ているというだけなのです。

 

 

地球は水に覆われている惑星ですが
金星が火に覆われていると思えば
確かに姉妹惑星というのは
あながち間違いではないかもしれませんね。

 

 

軌道では地球と最も近い位置にある金星ですが
太陽系での位置はどこらへんなのか
見てみましょう。

 

 

金星の位置は
太陽から二番目に近い位置にあります。

 

 

金星が非常に暑い気功である
というのもこのことが関係していますね。

 

 

太陽からの距離は
1億820万㎞です。

 

 

ちなみに地球と太陽の距離は
1億5000万㎞なので
かなり太陽と近く
惑星自体が暑いというのも
想像がしやすいかと思います。

スポンサーリンク


地球との距離は?

太陽と金星の距離は
1億820万kmでしたが
それでは地球との距離
どのくらいなのでしょうか。

 

 

軌道が近いということもあり
それなりに近いのではないか
というのはイメージがしやすいですよね。

 

 

地球との距離は
最も近いルートをいくと
約4000万㎞となります。

 

 

地球とは比較的に近い距離にある
というのは想像どおりでしたね。

 

 

あまりにも気温が高いため
宇宙飛行士が地を踏むというのは
難しくありますが
探査機などを送り込んで
より金星についての謎についても
解明されていくと思いますし
新たな発見もあるかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す