地球に似ている惑星「ケプラー186f」の位置や生命の存在について。

地球は生命が溢れる豊かな惑星である
稀な惑星であると今のところは言われていますが
度々他の惑星にも生命体が存在する噂や
過去には存在していたという噂もあります。

 

 

最近、どうやら地球と似た惑星である
ケプラー186fという惑星が話題になっており
多くの人の関心を集めているようですね。

スポンサーリンク

地球に似ている惑星ケプラー186f。位置は?

太陽系に生命体が存在している惑星や天体が
ある可能性は極めて低いと言われています。

 

 

最近になり木製の衛星であるエウロパ
氷や水で覆われていたのもわかったので
生命体がいるという可能性も出てきていますが
まだ見つかってはいません。

⇒木星の衛星エウロパには海がある?宇宙人もいる可能生がありそう。 

 

他の惑星には過去に水があった形跡がある
ということや
謎の建造物らしきものが発見されていたりするので
昔は存在していたのでは?という噂なども
ありますね。

 

 

ただそれらは噂にすぎず
地球のように多くの生物が存在をしている
ということはわかっていません。

 

 

そもそも地球というのは
生命体が生きるのには最適な空間であり
水や酸素の存在などがないと
生きるのは難しいとされています。

 

 

もし他の惑星に、しかも地球と違う環境で
生き物がいたとしたならば
身体の構造など全てにおいての仕組みが
異なるということになりますね。

 

 

なので今のところわかっていることは
地球のような環境でなければ
生命体などは存在しにくい
ということです。

 

 

さて、そんな状況下の中ですが
どうやら最近になって
地球と非常によく似た惑星が発見された
ということで大きな話題となっています。

 

 

その惑星の名前が
ケプラー186fというもの。

 

 

太陽系には存在しない
太陽系外惑星の一つ
赤色矮星ケプラー186を周回している
惑星のようです。

 

 

これを発見したのは
NASAケプラー探査機
今年2014年の3月にカンファレンス
初めて公開をされ
4月には科学史サイエンスにて掲載されたことにより
一気に注目を浴びる存在となりました。

 

 

 

ケプラー186fの大きさは
地球の約1.1倍であり
ケプラー186の周りを130日ほどかけて
一周するということ。

 

 

また、ケプラー186は恒星ではありますが
それほどに熱を発していないことから
水が存在をしている可能性も高くあるようです。

 

 

地球とかなり類似点があるということから
NASAは地球のいとこ
とも呼んでいるほどに
地球と似ているということ。

 

 

太陽系外なのでかなり遠くに存在している
ケプラー186fは
地球から500光年先にあるようで
実際に探査機などを送ったり宇宙船で向かう
というのは今のところは困難ですが
かなりの可能性を秘めているということで
今後ケプラー186fに関しては
調査が積極的に進められていくのではないかと
思われます。

スポンサーリンク


生命の存在について

地球とほとんど似ている
とされている
ケプラー186f。

 

 

水が液体状に残っている可能性が
高いと言われているだけに
生命体の可能性も濃厚なものとなっているみたいです。

 

 

ケプラー186fにとっては
ケプラー186が
地球で言う太陽のような存在になります。

 

 

地球と太陽の距離よりも
ケプラー186fとケプラー186の距離は
近いということなので
もしケプラー186が高温な恒星ならば
水が存在する可能性は
低くなります。

 

 

しかしケプラー186はそこまで熱を持っていない
ということなので
水は蒸発せずに残っていて
海のようになっているのではないか
という可能性が指摘されているようです。

 

 

水さえあれば
生命は誕生することが出来る
といわれていますし
水があれば様々な可能性も生まれてくるので
生命体が存在をする可能性や
今後誕生する可能性は
かなり高くあるのではないでしょうか。

 

 

500光年も先にある惑星なので
実際に足を運ぶということは
かなり難しくあるので
不確かな情報までしか現在はつかむことが
できないとされていますが
何らかの方法を使って
今後研究をしていくのではないかと思います。

 

 

もし地球外生命体がいた
ということがわかれば
宇宙には他の惑星にも生命体がいる
という可能性は高くなっていきますし
世紀の大発見となります。

 

 

どんな文化を築いているのか
地球人や地球の生物とはどんな違いがあるのか
未知なる領域にはなりますが
これによりさらに宇宙開発が進むともいえます。

 

 

まだ見つかったばかりなので
不透明な部分はありますが
さらなるケプラー186fの情報を
首を長くして待っていたいですね!

⇒地球のいとこ?ケプラー452bには生物が存在する?

    スポンサーリンク


    1件のコメント

    • 根保孝栄・石塚邦男

      ケプラー186Fは地球の環境に近似している。ひょっとして生物が・・・。
      500光年の外宇宙の奇跡か・・・

    コメントを残す