ケプラー444(Kepler-444)観測史上最古の恒星!

観測史上最古の恒星が発見された
という研究論文が27日の天文学専門誌
アストロフィジカル・ジャーナルにて
掲載されましたよね。

 

 

ケプラー444と呼ばれるこの恒星について
今回は注目していきます。

スポンサーリンク

ケプラー444観測史上最古の恒星を発見

宇宙には幾千もの星が存在していて
真新しいものもあれば
地球が生まれるその前から
宇宙の一部として存在し続けているものも
たくさんあります。

 

 

宇宙誕生は今から137億年前
言われていて
今から46億年前に
地球が誕生しました。

 

 

宇宙誕生というものは
ビッグバンという大爆発によって生まれた
ということが言われており
今でもその衝撃の影響で
未だに宇宙は広がり続けていると言われていますよね。

 

 

爆発当初、高温になった宇宙は
3分間の間に様々な宇宙の元となる物質が
生まれたと考えられています。

 

 

そしてそういったものが重なりあい
約130億年前には
銀河が誕生していたと言われています。

 

 

銀河というのは
恒星や惑星などの天体の集合体であり
地球が属する太陽系は
銀河系という銀河に属していますよね。

 

 

銀河はかなり前に存在していて
その美しさを宇宙の中で輝かせていた
ということです。

 

 

しかし銀河の誕生はわかっているものの
天体が1番最初に誕生したのはいつ頃なのか
ということはわかっていませんでした。

 

 

そんな中で27日の天文学専門誌
アストロフィジカル・ジャーナルにおいて
観測史上最古の恒星を発見したという
研究論文が掲載され、話題になっています。

 

 

観測史上最古の恒星というのは
すなわち、宇宙で誕生した1番最初の星
という可能性も高いですし
1番最初ではなかったとしても
それに近いものがあるとも言えます。

 

 

その恒星はケプラー444と名付けられ
恒星の周りには地球サイズの惑星が5個
公転をしているようです。

 

 

このケプラー444を観測したのが
2009年にNASAが打ち上げた
ケプラー宇宙望遠鏡

 

 

ケプラー宇宙望遠鏡が観測したというのもあり
この恒星にはケプラー444という名前が
付けられたようですね。

スポンサーリンク


ケプラー444

発見された観測史上最古の恒星
ケプラー444。

 

 

ケプラー444の周りには
地球サイズの5個の惑星が公転している
とされていますが
この惑星の厳密なサイズは
地球よりもやや小さく、
水星から金星ほどの大きさのようですね。

 

 

そのくらいの惑星だと
もしかしたら生命体も!?なんてことを
思ってしまいますが
ケプラー444との距離感が近いため
5個の惑星は非常に高温である可能性も高いため
生命体存在の可能性は低いと言えます。

 

 

このケプラー444系は
銀河系が誕生して間もない頃に生まれたとされており
年齢はおよそ112億歳

 

 

宇宙誕生が137億年前ですし
宇宙が誕生してほんの間もない間に
この星が誕生したということですよね。

 

 

地球が誕生したのは今から46億年前
太陽系が誕生したのも
約45億年前と言われているために
このケプラー444と比べてみると
いかにケプラー444が古い星というのが
わかるかと思います。

 

 

地球からの距離はおよそ117光年
恒星内部に閉じ込められた音波が発生させる
主星の振動を観測することによって
地球から遠く離れた星の年齢を図ることができ
それによって年齢が導かれました。

 

 

ケプラー444は恒星の中でも
とても明るい星とされているために
双眼鏡では簡単に観測することができるということ。

 

 

同じ銀河系内で観測史上最古の恒星を
観測することができるというのは
感動的なものがありますよね。

 

 

宇宙の歴史の大半を観てきた星ですし
周りの惑星もこの長い年月をかけて
構成されたということもわかったようです。

 

 

もしこのケプラー444の研究を
さらに進めることができるのならば
宇宙の大半の歴史を知ることも
出来るかもしれませんし
かなり期待は高まるのではないでしょうか。

 

 

また論文の共同執筆者によると
現在は高温で生命の存在が過酷な環境である
ケプラー444の周りの惑星ですが
もしかしたら今よりもずっと昔には
地球のような環境で
生命体が存在していたかもしれない
と示唆しています。

 

 

長い年月を宇宙で過ごしているこのケプラー444系ならば
その間にケプラー444系の中でも
歴史が作られてきたと思いますし
古代生命が存在し、暮らしていたということも
可能性としては十分にあるのではないでしょうか。

 

 

長い年月をかけて天体は変化をしていくのは
人間や生き物と同じですし
今とは全く違った形で
遥か昔、ケプラー444系は存在していたかもしれませんね。

 

 

今後ケプラー444系についての研究は
さらに進められていくと思いますし
宇宙誕生や他の星々の誕生
または、宇宙のまだ知り得なかった歴史なども
明かされていくかもしれません。

    スポンサーリンク


    1件のコメント

    • 根保孝栄・石塚邦男

      百億歳以上のケプラー444・・・
      最も旧い星のひとつが、地球とさして遠くないところに存在しているなんて・・・

    コメントを残す