海王星の特徴について!青く見える謎とは?

太陽系の中では最も遠い位置で公転をしている
海王星は、氷惑星であるということも
大きな特徴の天体です。

 

 

さて今回は海王星について注目。
海王星の特徴は何なのか
何故青く見えるのかなどについて
見て行きましょう。

スポンサーリンク

海王星の特徴について

太陽から8番目に近い距離に位置する
海王星ですが
8番目ともなれば近くないですし
とても遠いところにある惑星だと言えます。

 

 

海王星は木星型惑星に部類されていて
最も小さいものでもあるため
地球から肉眼で観測することは出来ません。

 

 

地球から海王星までの距離は
およそ43億5000万kmだと言われており
非常に遠く離れているのがわかります。

 

 

それに加えて小さいともなれば
地球から肉眼で観測することが不可能である
というのも納得いきますね。

 

 

海王星を想像してみると
誰もがその名前からわかるとおりに
青い惑星を浮かべるでしょう。

 

 

そのイメージどおりに
海王星の最大の特徴といえば
その青々とした美しい姿

 

 

地球を除けば太陽系では
1番青い天体であり
かなり特徴的な惑星だと言えます。

 

 

それではさらに海王星の
特徴について見て行きましょう。

 

 

海王星の大きさは
太陽系の中では4位の大きさですが
質量を見てみると3位になります。

 

 

また最大の衛星トリトンを持っていることも
海王星の有名な特徴であり
トリトンの大きさは準惑星の冥王星よりも大きく
海王星の自転とは逆向きに公転をしている
逆行衛星です。

 

 

海王星には以前1989年に探査機ボイジャー2号
間近まで接近することに成功してから
わかったことがたくさんあります。

 

 

それまで仮説でしかなかった
海王星の環が4本完全なものが見つかりました。

 

 

また不可思議なことに
ボイジャー2号が接近した時に発見された
大暗斑が、その後のハッブル宇宙望遠鏡での観測だと
消失していたということもあります。

 

 

海王星は太陽から離れているということもあり
惑星全体が極寒の地
巨大な氷惑星であることが知られています。

 

 

表面温度はおよそマイナス218℃であり
厚い大気が存在していると考えられています。

 

 

また表面温度とは裏腹に
惑星の中心部の温度は
およそ5000℃。

 

 

内部構造は天皇制と似ていると言われており
さらに海王星の風は
最大で時速2000kmにも達する
最速のものを誇っています。

 

 

地球では考えられないほどの
強風を持っているだけでなく
全体的に氷で覆われている氷惑星というのは
想像できないものですよね。

 

 

海王星は遠く離れた場所にあるので
ボイジャー2号が接近するまでは
ほとんど謎に包まれた未知の惑星でしたが
それでも現在わかっている情報も限られており
未知であることもある意味特徴だと言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク


海王星が青いのは何故?

海王星といえば
ボイジャー2号が撮影した写真もあるため
青々とした姿をイメージする人も
少なくないでしょう。

 

 

地球を覗いて太陽系の中では
最も青いと言われる海王星は
地球の青さの理論から言えば
広大な海が広がっているのではないか
と思う人も多いかもしれません。

 

 

しかし海王星の特徴をみてきて
海王星が氷惑星であることがわかり
広大な海が広がっているわけではないことも
わかりましたね。

 

 

では何故あれほどまでに
青く美しい惑星なのか
疑問に残るところだと思います。

 

 

海王星が青々としている理由は
現在はっきりとわかっていることはなく
仮説とされていますが
大気が関係していると考えられています。

 

 

海王星の大気には
水素約84%ヘリウム12%が含まれており
メタンも含まれています。

 

 

この大気中に含まれている
メタンの影響によって
青色をしていると言われていますが
同じくメタンの影響で青くなっていると考えられている
天王星と比べてみると
海王星のほうがやや深みがある青色をしていますよね。

 

 

海王星にはメタンの影響で青くなるだけでなく
未知の物質も大気に含まれていて
その未知の物質によって
さらに深みがある青色をしているのではないか
と考えられています。

 

 

何故海王星が青いのか
現在の段階ではこのメタンの影響によって
というのも仮説にしか過ぎませんし
もしメタンと未知の物質によって青くなっているのならば
今後この未知の物質が何なのかも
徐々に解明されていくのではないでしょうか。

 

 

まだまだ謎に包まれた海王星ですが
以前ボイジャー2号が接近し
海王星の姿をとらえた事例もあるため
今後の研究によって海王星へと
直接探査機を送って調査を進めるということも
あると思いますし
まだ知られざる海王星が
一体どんな惑星であり、どんな特徴が隠されているのか
それが明かされる日を楽しみにしていきたいですね。

    スポンサーリンク


    3件のコメント

    • 根保孝栄・石塚邦男

      トリトンは冥王星よりも大きいのですね。

    • ひぇ〜

    • 櫻井翔

      宿題のためになりました
      ありがとうございます
      海王星の正体気になりますね!

    コメントを残す