日本の人工衛星の名前について。種類や数はどれくらい?

人工衛星を打ち上げることによって
日々の生活が便利になったり
宇宙開発も進められるようになったりと
人工衛星は欠かせない存在となってきました。

 

 

そんな人工衛星は日本からも打ち上げられていますが
名前について、どうやって決められているかなど
疑問に思うところも結構ありますよね。
今回は日本の人工衛星について
見て行きましょう。

スポンサーリンク

日本の人工衛星の名前について

まず人工衛星とは、というところから
見ていきましょう。

 

 

人工衛星とは、
惑星などの軌道上に存在する人工天体です。

 

 

様々な目的で人工衛星は使われており
軍事衛星、通信衛星、地球観測衛星から
身近なもので言えば気象衛星など
他にもそれぞれ用途によって使われています。

 

 

有人宇宙船、宇宙ステーションなども
人工衛星に部類されるというのは
意外と知らない人も多いかもしれませんね。

 

 

主に人工衛星は地球の軌道上にあることが多いですが
他にも他の惑星探査目的で存在している
人工衛星もあります。

 

 

日本からも人工衛星は打ち上げられており
度々話題に上がっていますよね。

 

 

その際にはもちろん人工衛星の「名前」についても
注目が上がっていますが
どれもが日本らしさある名前ばかりなので
そんな日本の人工衛星が宇宙で活躍をしていくとなると
心から応援したくなっていきます。

 

 

有名どころでいえば
気象衛星「ひまわり」や通信衛星「さくら」
放送衛星「ゆり」などなど…。

 

 

こうしてみると花の名前が由来していることに
気付かされますが
花の名前からすべての人工衛星の名前が付けられている
というわけではないようですね。

 

 

以前は宇宙に花開けという意味を込められて
花の名前が付けられていたということ。

 

 

しかし1992年に宇宙飛行をした
日本の宇宙飛行士毛利さんによって
より多くの人に宇宙を身近に感じてもらいたい
というところから
一般から名前の公募をするようになっていきました。

 

 

 

なので現在人工衛星の名前の付け方というのは
宇宙開発に直接は携わることができない
一般からの公募によって決められるということ。

 

 

今までの場合は、確かに日本らしさがある花の名前
というのが多かったのもあったので
それはそれで親しみやすくありました。

 

 

しかしそれでもどこか遠い壁のようなものがあり
一般の人からすれば宇宙はやはり遠い存在。

 

 

現在公募によって人工衛星の名前が決められるようになり
さらに多くの人が宇宙に興味を示すようになり
関心を持つようにもなりました。

 

 

日本は他国と比べてみると
やや宇宙開発への関心は少ないと言えます。
なのでこういったプロジェクトがある度に
多くの人が興味を持つようになりますし
何よりも小さな子どもが宇宙へと夢を見て
将来宇宙関連の仕事についてみたい、とう思うことも
あると思うので
宇宙へと旅立つ人工衛星は
日本の未来への先駆けとなっているといっても
過言ではないかもしれませんね。

スポンサーリンク


種類や数はどのくらい?

人工衛星はたくさんの種類
そして数があります。

 

 

永遠に動き続けられる
というわけではなく
燃料が尽きてしまえば運用は終了し
新たな人工衛星が打ち上げられることとなります。

 

 

まず種類について見ていきましょう。

 

 

先のとおりに一般的な気象衛星をはじめとした
軍事衛星、通信衛星、地球観測衛星、科学衛星
存在しています。

 

 

他にも宇宙ゴミ問題解決のために
日本のJAXAでは掃除衛星の開発
現在進めているようですね。

 

 

「軍事衛星」とは
その名の通りに軍事目的に打ち上げられる
人工衛星のこと。

 

 

「通信衛星」とは
通信で使うことを目的としており
「地球観測衛星」
陸、海、大気圏などを観測するための人工衛星です。

 

 

宇宙開発において活躍するのが
星を観測するのが目的である「科学衛星」

 

 

「気象衛星」私達の地球の天候を観測するものなので
とても生活には身近ですし
人工衛星の中でも認知度は高いといえるでしょう。

 

 

2014年の時点では
日本が打ち上げた人工衛星の数は
およそ125

 

 

世界的にみてみると
この数は上位3位に入るものであり
日本はかなり多くの人工衛星を打ち上げているのが
わかりますよね。

 

 

ちなみに1位はソ連時代も含めた数を誇るロシア
その数は1446

 

 

2位のアメリカ1112というだけあって
やはり世界の中でも宇宙開発のトップを走る
というだけありますよね。

 

 

人工衛星は今後さらに打ち上げられていくこととなりますし
生活を豊かにするために
宇宙の問題を解決するために
様々な用途を目的として開発がされています。

 

 

普段あまり生活とは関わりがないように思えますが
それでも実は密接に関わっている人工衛星。

 

 

これからも活躍を応援し
新たな人工衛星が誕生するのを
見守っていきたいですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す