人工流れ星に日本企業が挑戦!流れ星の大きさって意外にも…!?

流れ星が流れたら3回願い事をすると叶う
誰もが一度は聞いたことあることですし
何よりも流れ星を見たらラッキーという気分になりますよね。

 

 

そんなロマンチックな流れ星。
なんと人口流れ星を作り出そうと
計画されているようです。

スポンサーリンク

流れ星

流れ星を人工的に作り出す
あまりイメージできませんよね。

 

 

流れ星というのは
夜空に流れる一筋の光でいて
ほんの一瞬のうちに流れてしまうために
観れたとしたらとてもラッキーなこと。

 

 

流星群シーズンはたくさんみることができたりしますが
それでも1時間に流れる星の数は決まっていたり
月齢条件によって流れ星が見えなかったりと
流れ星をいざ観ようと思っていても
なかなか難しいのが現実です。

 

 

しかし一度でもその美しさを見て感動してしまえば
何度も見たくなるほどに魅力的なため
流れ星を一度みたら流星群シーズンは夜空を見上げたり
普段の日でも流れ星を探してみたり。

 

 

とにかく流れ星というものは
人々の憧れだといえるでしょう。

 

 

もし人工流れ星が成功すれば
流れ星を観たことがないという人も楽しめますし
そこから自然の流れ星を見てみたい
という興味を持てることにもなります。

 

 

では、そもそも流れ星というものは
どういった原理のものなのでしょうか。

 

 

流れ星は一歩間違えば大惨事。
実は隕石と紙一重

 

 

宇宙にはなどがたくさん存在をしていますが
それらが地球の重力に引き寄せられていき
落下をしていきます。

 

 

しかしほとんどの場合
質量が1mg~数g程度のものであるために
大気との衝突によって摩擦をしていき
高温となった後、その衝撃で大気が光を放ちます。

 

 

これが流れ星の正体

 

 

もし質量が大きなものであり
大気に突入した時に燃え尽きなければ
それらは隕石となって地上へと降ってきます。

 

 

ちなみに隕石ですが
ほとんど地球には落下していないように思えても
実は想像よりも隕石は落下しているとされており
その多くは地球の大半を占める海に落下している
と言われていますね。

 

 

流れ星は強い光を放ち流れるために
結構大きなものだと感じていた人も多いかもしれませんが
実はこれほどまでに小さなものが
流れ星の正体であった、というのは
意外に感じる人も多いかもしれません。

 

 

だいたい大きさでいえば
数ミリ程度
1㎝もない塵が大気に突入、摩擦になり高温となって
流れ星になっていき
私達の目に映っていきます。

 

 

本当に小さなものがあれほどまでの光を放つ。
もし今後流れ星を見る機会がある場合は
そういったことを意識して見てみると
面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク


人口流れ星

流れ星の正体、大きさ、原理について見てきましたが
それでは早速人口流れ星について見て行きましょう。

 

 

これらを作り出そうとしているのが
なんと日本大学理工学部の研究所

 

 

実用化を目指して人口流星体を開発しています。

 

 

現在開発されている人口流星体というものが
本当に小さな玉がたくさん詰まったケース

 

 

この小さな玉1つ1つが
それぞれ流星群になるということみたいですね。

 

 

玉は、本物の隕石の構造
発光の仕方などを研究したものをいかし
作られているようですね。

 

 

これらが宇宙へと打ち上げられ
その後地球へ向けて放出。

 

 

そうすると実際の流れ星の原理と同じように
人口流星体は大気の衝突によって発光をし
その様子は地球から見ると流れ星のように見える
という仕組みのようですね。

 

 

流れ星の元となる宇宙の塵は
ほんの1mm程度しかないと言われていますが
人口流星体はそれよりもやや大きなもののようです。

 

 

しかしそれでも十分に小さく
大気圏突入時には燃えてなくなってしまうようですね。

 

 

近いうちに2年後に宇宙での実験が計画されているようで
その費用は1度の打ち上げにつき10億円ほど

 

 

もしこの計画が上手くいけば
5年後の東京オリンピックでの式典での採用も
目指しているということなので
採用されることがあれば、ものづくりの日本らしい
式典になっていくのではないでしょうか。

 

 

2年後の実験がどうなっていくのか
いつしか誰もが流れ星を見ることが出来る時代が
くるかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す