星の一生〜誕生してから死ぬまで〜

生物は誕生をして成長をし
そしていつかは死ぬ、そんな一生があります。

 

 

それは星にも言えることであり
星も誕生をして死ぬ。
星の一生は想像よりも儚いものかもしれません。

スポンサーリンク

星の誕生

私達人間にも、そして他の生き物にも
誕生の瞬間というものはあり
そしていつかは死ぬ運命にあります。

 

 

それを繰り返していき
多くの命をつなぎとめ、時代を乗り越えていく
そうして私達は誕生から生きてきました。

 

 

それは生き物だけではなく
何事にも始まりがあるように、終わりもあります。

 

 

宇宙に数多の数ある星にも一生があり
誕生の瞬間から死の瞬間を繰り返し
様々な星達が宇宙で一生を過ごしてきました。

 

 

星が死ぬ、というのは
なんとも想像できずに信じられないことかもしれませんが
私達の地球にもいつかは終わりが来るかもしれません。

 

 

何かが誕生をするということは
その先には必ず終わりが存在する
そう考えると少し切ない気分になりますね。

 

 

なので、ずっと永久不滅の存在というものは
何もかもに始まりがあるのならば
そんなものはないのかもしれませんね。

 

 

さて、気になる星の一生を見てみましょう。

 

 

星の誕生

現在、宇宙の誕生はビッグバンという
大爆発によって生まれていて
今でもその爆発は宇宙の果てまで続き
宇宙が広がっているとも言います。

 

 

この爆発の時には
水素、ヘリウムなどのガスがたくさん作られ
それらが星へとなっていきました。

 

 

なので星のほとんどは
ガスのような固まりだと思っていいでしょう。

 

 

それらは星の中心でガス同士が
燃える現象によって
私達のいる地球から見ると
光り輝いているようにみえるという仕組みなのです。

 

 

ちなみに、それらは恒星と言って
自ら輝くことができる星のことを指します。

 

 

私達の地球は自ら輝くことはできません。
それらを惑星と言い
様々な現象があって、今の形になりました。
宇宙から見た時に少し明るく見えるのは
太陽の光を反射しているからということです。

 

 

よく、月が何故あんなに綺麗に明るく輝くのか
というのも、月自体が輝いているわけではなく
太陽の光を受けて、地球の夜を照らしている
ということなのです。

スポンサーリンク


星が死ぬ瞬間

さて、星々の誕生についてはわかりましたが
次に終わり、死の瞬間はどうなるのか。

 

 

星は誕生をしたら
宇宙の一部として輝き続けます。

 

 

星の内部でガスを燃やし続ける現象は
いつまでも続くわけではなく
次第に水素やヘリウムが燃えたあとには
炭素や酸素が星の中では増えていきます。
そうなると、星のバランスは大きく崩れ
膨れていきます。

 

 

そうすると、赤く光る星である
赤色巨星へと変化をし
さらに中のガスを燃やしている間に
星の重さはどんどん増えていき
それに耐えることができなくなった後
大爆発を起こします。

 

 

これを、超新星爆発といいますね。

 

 

この超新星爆発の瞬間こそ
星が死ぬ瞬間です。

 

 

宇宙での星の重要なポイントとして
質量などの重さが大きなカギとなっていきます。

 

 

私達の身近にある太陽が恒星ですが
それの約25倍以上もの大きさを持つ星
赤色巨星となり、超新星爆発を起こした際には
ブラックホールになってしまう
と言われています。

 

 

ブラックホールは未が多く
一体どんなものなのかもわかっていない
未知の存在ですね。

 

 

ブラックホールは光すらも届かず
なおかつ出ることのできない
全てを飲み込んでしまうと言われています。

 

 

ただ、ほとんどの星は
超新星爆発によってはじけ飛び
その生涯を閉じることになります。

 

 

その星が生涯を閉じる爆発は
宇宙へと広がることになりますが
そのときに、水素とヘリウムが
再び宇宙へと吐出されることになります。

 

 

そしてこの吐出された水素とヘリウムなどのガスが
再び新しい星を形成し
その新たな星が誕生をします。

 

 

星が死ぬのは悲しいもので
それっきりかとおもいきや
星も地球上の生物のように、しっかりと代替わりをしている
と考えるとロマンチックですし
とても神秘的ですよね!

 

 

こうして星は誕生と死を繰り返し
宇宙を照らす一部となっているわけです。

 

 

ちなみに、私達のいる惑星は
恒星ではないため、こういった現象がおこり
最期を迎えるということはありません。

 

 

惑星の終わりについては未だハッキリとはわかっておらず
様々な諸説がささやかれていますが
地球は太陽がある太陽系に存在していて
太陽の恵みをうけて、生き物たちは
元気に生きることができています。

 

 

太陽は恒星なので
いつか終わりの瞬間がきますよね。

 

 

太陽が膨張をし続ければ
地球に届く日光の熱さは高温となっていき
しだいに地球へと支障をきたすようになっていきます。

 

 

そうなれば生き物が生きていくのは
厳しい状況になりますし
膨張期間がすぎれば、太陽は縮むことにより
次に地球を襲うのは、寒さ

 

 

地球という惑星の終わりは
まだわかりませんし
終わりなどなく、ずっと動き続けている
という事も言われますが
太陽の働きが変わってしまったり
または、太陽が超新星爆発を起こしたら
地球はなくなってしまうといえるかもしれませんね。

 

 

他の天体と衝突をする可能性もあったりと
惑星の終わりについては解明されていません。

 

 

恒星の終わりが誕生ならば
私達のいる惑星の終わりにも
新たな惑星を生み出してほしいですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す