異星人の存在の痕跡がメキシコに?

現在に至るまでに異星人の存在の可能性や
存在していたと思われる痕跡というのは
世界の至る所で発見されています。

 

 

そしてどうやら異星人の痕跡の中でも
メキシコで見つかった痕跡が
話題になっているみたいですね。

スポンサーリンク

異星人の存在の痕跡がメキシコに?

異星人・宇宙人の話題や噂というのは
以前から世界中を注目させる
話題として取り上げられてきました。

 

 

古来には宇宙人が高度な天文知識や
建築技術などを人類に教え
そこから文明が発達していった
ともいわれていたり
度々UFOの目撃情報なども
飛び込んできます。

 

 

また、最近では人間自体が
宇宙人によって作られたのでは
とも言われているのもあり
宇宙人と人間の関係性というのは
かなり深いところにあるように思われます。

 

 

しかし今のところ
宇宙人が存在しているという
決定的な証拠などはみつかっておらず
どこか都市伝説めいたようなものに
なっているのも事実。

 

 

UFOと思わしきものは
実は飛行機や光の屈折などによって
そう見えてしまっただけのものであったり
宇宙人と思わしき画像も
実は人工的なものでそう見えるように
撮影されていただけであったり
なかなか宇宙人に関する情報は
信憑性にかけるともいえます。

 

 

なので宇宙人や異星人の存在について
多くの人が半ば冗談にとらえている
というのが現在の認識なのだと思います。

 

 

そんな都市伝説やまるでSF映画のような
宇宙人や異星人についてですが
どうやらメキシコ
異星人の痕跡がみつかった
ということで話題になっているみたいですね。

 

 

メキシコで見つかったとされる
異星人の痕跡というのは
今からはるか昔に存在していた
テオティワカンという宗教都市遺跡のこと。

 

 

この遺跡は
紀元前2世紀から6世紀の間に
人々が生活をしていたとされており
およそ20万人の人が
生活をしていたみたいですね。

 

 

20万人というと
わかりやすいところでいえば
だいたい東京都の渋谷区が
約20万人です。

 

 

テオティワカンは
高度な天文学の知識を用いて
作られた遺跡のようで
遺跡に存在している
太陽のピラミッド月のピラミッドなどの
ピラミッドは
太陽系の惑星の位置を意識して
建設されていると言われているようです。

 

 

今では宇宙に関しては
技術が発達しているのもあるので
宇宙というものがあり、地球は
銀河系の中の太陽系の一部である
ということはわかりますが
紀元前という大昔に
このような知識があったというのは
考えにくくあります。

 

 

古来人は星の位置などを目印に
季節や時間などを把握していた
ともいわれていますが
それでも太陽系の位置を意識する
というのは当時としては
考えられないほどの高度な知識ですよね。

 

 

テオティワカンの他にも
有名なメソポタミア文明などをはじめとした
古代文明や都市などには
高度な天文知識を用いられている
ということもわかっているので
これらは地球外に住む
異星人によって教えられたのではないか
といわれています。

 

 

異星人が住むとされる
星は地球よりもはるかに文明や技術が
発達をしていると
考えられているようですね。

 

 

実際あたかも考えられないことではありますが
古来の文献などには
異星人の存在を示すようなことが書かれていたり
遺跡に残っている高度な天文学を用いたとされる
建造物などは、可能性を更に高めるものとされていますし
やはり異星人の存在について
完全に否定するということは難しい
といえるかもしれません。

スポンサーリンク


実際異星人は存在するの?

古来の文明文化などをみたり
遺跡などをみてみると
異星人が存在した痕跡が残っていたりと
かつて地球は異星人との親交が
深くあったのではないか
言われています。

 

 

しかし、現代の段階では
宇宙人・異星人の存在は
どこか否定的でもあるために
いまいち実際はどうなのかという点については
不透明であるともいえるでしょう。

 

 

現在考えられている可能性としては
以前は親交があり、異星人は存在していたが
現代ではその親交がたたれてしまっている
ということですね。

 

 

実際宇宙開発が進むにつれて
他の惑星に生物が存在する可能性なども
示唆されてきました。

 

 

そしてそれらの結果の多くは
かつては生物が存在できる環境であった
生物がいたかもしれない
という高い可能性がはじき出されています。

 

 

もし古来に地球と異星人との
関わりがあったとしても
異星人達が住まう惑星がなんらかの形で
滅んでしまったり
生きることができない環境になったのならば
今身近にはそういった存在がいない
ということには納得できます。

 

 

宇宙開発が進むにつれて
他惑星の生物の存在については
より多くの人が注目する点なので
その可能性は高いのではないでしょうか。

 

 

地球も現代に至るまでには
生物が誕生し、絶滅をしたり進化をしたりと
繰り返しを重ねて今に至ります。

 

 

それも一歩何かが違っていたならば
生物が絶滅をしていたり
違った形に進化をしていたということも
考えられますよね。

 

 

宇宙の全ては奇跡のものだともいいますし
地球自体かなり奇跡が重なりあって
できたものだといわれています。

 

 

かつて他の惑星には異星人がいた
という過去の可能性は
確かにあったかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す