イプシロンロケット打ち上げ成功に海外の反応は。固体燃料でコスト削減。

小型人工衛星打ち上げ用固体ロケット
イプシロンロケット。

 

 

昨年2013年に打ち上げが成功し
世界中からは大きな注目を浴び
JAXAは大きな成功を収めました。

スポンサーリンク

イプシロンロケット打ち上げ成功に海外の反応は

昨年2013年
宇宙航空開発機構JAXA
小型人工衛星打ち上げ用固体ロケット
イプシロンロケットの打ち上げに成功しました。

 

 

このイプシロンロケットは
2006年度に廃止されたロケット
M-Vロケットの後継機。

 

 

2010年から
イプシロンロケットは開発が進められ
わずか3年後である2013年に
試験1号機が打ち上げに成功。

 

 

何よりもイプシロンロケットは
非常に高性能であり低コストという
コストパフォーマンスに優れている特徴があります。

 

 

本来ロケットの打ち上げというものは
大きな費用がかかることが
メリットとなっています。

 

 

打ち上げ費用は
M-Vの場合にはおよそ75億円という
費用がかかりました。

 

 

世界最高レベルのロケットではありましたが
それでもあまりにも高い費用なので
頻繁に打ち上げることはできませんし
開発をすることはできません。

 

 

日本はまだ宇宙開発に向いている国
とはいえずに
この大きな費用は思った以上なデメリットに。

 

 

しかし、イプシロンロケットは
なんと総発射費用はおよそ30億円に。
75億円と比べると半分以下

 

 

これは前回の反省をもとにして
徹底してコスト削減、効率化を追求した結果で
大きく人件費などを削ることができた他
部品の簡素化なども行い
低コストでの実現が可能となりました。

 

 

ロケット打ち上げは大きな費用がかかるので
ここまでに低コストで打ち上げられた
JAXAのイプシロンロケットは
非常に画期的であり世界からは注目されることに。

 

 

特にお隣韓国は、日本のこの技術に対し
高く評価している人が多いようですね。

 

「韓国でこういう固体燃料ロケット制作するには
 30年必要である」

「日本は固体燃料ロケットが可能であり
 韓国は出来ない」

 

などなど。
打ち上げなどを行っていない韓国からみると
高い技術をもち、それを打ち上げるといことに
大きく関心している人が多いようです。

 

 

ただ、この高い技術によって
いつでも兵器などを創りだすことが出来るのでは?
という隣国だからこその心配を浮かべる人も多いようで
優れた技術を高く評価した上で
その先にある意見は分かれているようですね。

 

 

今回のイプシロンロケットの成功により
今後ロケット打ち上げはより簡単なものとなっていき
宇宙開発や、宇宙そのもの存在が
より身近になっていくのではないかと思います。

スポンサーリンク


固体燃料でコスト削減

低コスト高性能を実現し
打ち上げに成功したイプシロンロケット。

 

 

イプシロンロケットは
固体燃料を用いることによって
コスト削減に成功しました。

 

 

ロケットの大部分をしめるのは
エンジン開発となっていますが
ほとんどのロケットは
液体ロケットというもの。

 

 

液体ロケットの場合には
燃料と酸化剤などを
それぞれ別のタンクに入れて
そこから燃料が燃料室へと
送られていくというもの。

 

 

しかしイプシロンロケットのような
固体燃料ロケットの場合には
構造が簡単となっていきます。

 

 

燃料と酸化剤は液体ロケットのように
別々の場所に分けるのではなく
一緒に混ぜ合わせてそれを固めてしまいます。

 

 

これにより部品や構造も
簡素化を図れるほか
開発、制作だけではなく
取り扱いも単純で簡単なために
大きくコスト削減をすることが
できます。

 

 

ただ、液体ロケットの利点というのが
それぞれ燃料がわかれていることから
操縦性がいいということなので
この点固体燃料ロケットの場合には
やや操作の自由がきかないという
デメリットも勿論あります。

 

 

しかしやはり簡素であり
低コストであるともなれば
宇宙開発をする上では
最大のメリットや要因となっていくために
固体燃料ロケットである
イプシロンロケットが打ち上げに成功したというのは
大きな進歩と言えるでしょう。

 

 

開発や制作が簡単であるということは
それだけ使う時間というのも少なくて済みますし
どんどん新しいことにチャレンジできる
ともいえます。

 

 

開発等に時間がかかってしまえば
それだけ人員や開発や研究に時間が割かれてしまうので
より簡単に色々できるというのは
それだけ可能性が増える確率があがるということ。

 

 

また世界では宇宙開発は着々と進んでいき
最新の技術が求められる時代でもあります。

 

 

どんどん新しいことを取り入れていけるというのは
いつまでも最新でいられるという
宇宙開発においては最前線に立つことができる
ともいえますから
今後JAXAはさらに注目されることになるでしょうし
国としてもより宇宙開発がしやすい環境へと
変わっていくのではないかと思います。

    スポンサーリンク


    コメントを残す