関東地方に謎の光。クリスマスの奇跡。

ここ一ヶ月ほど賑わいをみせていた
クリスマスも終わりを告げて
それぞれ素敵な日を過ごしたかと思います。

 

 

さてそんなクリスマスの最中
関東地方では謎の光が目撃され
クリスマスの奇跡なのではないか
と話題になりました。

スポンサーリンク

関東地方に謎の光

本来クリスマスというものは
イエス・キリストの生誕祭であるものの
すっかり生誕祭というよりかは
イベント行事の一貫として
世界中で楽しまれていますよね。

 

 

協会などにいけば
キリストの誕生日を祝う会ということもありますが
日本には決まった宗教もないために
ほとんどの人がクリスマスを
1年の中にある1つのイベント事として
楽しんでいるかと思います。

 

 

11月下旬頃からは
街中はイルミネーションで飾られて
美しくなりますし
テーマパークなどはクリスマス特別プログラムを
組んでいたり
サンタさんからのプレゼントを楽しみにする
子どもたちがそわそわする時期でもあります。

 

 

冬という季節にあるこのクリスマスは
簡単にいえば美しく幻想的である
ともいえますよね。

 

 

そう思うのも
街中に飾られているイルミネーションの美しさや
冬特有の光がいつもよりも綺麗に見えるから
ということなどが挙げられるかと思います。

 

 

そんな幻想的でどこか神秘的な
クリスマスの夜に
謎の光が目撃されて話題になりました。

 

 

 

謎の光が目撃されたのは
関東地方を中心とした地域なので
もしかしたらリアルタイムで
謎の光を見ていたという人も
多いかもしれませんね。

 

 

クリスマスの夜に見えた
謎の光というものは
クリスマスをより楽しみ盛り上げるための
スパイスとなりましたし
さらに感動を生んだという声もあります。

 

 

しかし、そもそもその謎の光の正体は?
と気になるのも事実ですよね。

 

 

自然的なものであれば
聖なる夜の日ということを踏まえると
本当に奇跡のような感じもしますし
もしかしたらキリスト様かもしれない
世界中の空をトナカイと飛び回る
サンタさんかもしれない、なんて思ってしまいます。

 

 

この謎の光については
Twitterを中心に目撃情報が多数寄せられており
「流星のようで流星じゃないものが落ちていった」
ということで、多くの人が目撃したみたいですね。

 

 

こういった情報を元にすると
謎の光というものは
ただ発光したというよりかは
夜の空を落ちていった様子。

 

 

また、静岡県を中心にして
地鳴りのようなものも聞こえたという声もあったので
地震が起こるのではないか?と
思った人も多いようです。

スポンサーリンク


謎の光の正体は?クリスマスの奇跡?それとも…

さて、多数の目撃情報が寄せられた
クリスマスの夜に突如現れた謎の光。

 

 

この正体は一体何なのかということで
今でもネット上ではその話題で盛り上がっています。

 

 

やはり、一番有力な説としては
隕石なのではないかということ。

 

 

流れ星なのではないかという声もありましたが
そもそも流れ星というものは
宇宙の塵が大気圏突入の時に燃えて消える現象のことなので
目撃された謎の光をみてみると
流星よりもはるかにおおきく、光も眩しく
巨大であることがわかります。

 

 

宇宙の塵などが大気圏突入時に燃えなかった場合
これは隕石となって地上と降り注ぐので
隕石が落下した、というほうが現実味があるかもしれませんね。

 

 

静岡中心できかれた地響きのような音も
隕石が落下をしたときの音ときけば
納得もいきます。

 

 

地球には人類が思っているよりも
隕石が落下しているということが言われていますが
それを実際に目にすることはほとんどなく
隕石のほとんどは、地球の大部分を占める
海に落下しているとされています。

 

 

なので、もし隕石だとするならば
貴重な瞬間を、夜に、そしてクリスマスに見れた
というのはたとえ自然現象であったとしても
奇跡だと思ってもいいかもしれませんね。

 

 

また、クリスマスということもあり
サンタが走っている跡ということや
サンタがソリから落下した瞬間
なんて声もありました。

 

 

Twitterには
砕け散った隕石の破片が空から降ってきた
という声もあるために
隕石説は有力ではあるものの
今後もこの謎の光の正体については
話題になっていくのではないかと思います。

 

 

ただこの場合は
クリスマスだったということもあり
あえて、正体を突き止めずに
クリスマスの奇跡だったということに留めておいたほうが
ロマンチックかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す