はやぶさ2打ち上げ見学ツアー?小惑星1999 JU3へ。

宇宙には地球から打ち上げている
小惑星や衛星などがありますよね。

 

 

近いうちに小惑星探査機である
はやぶさ2が打ち上げられるようで
予定日も発表され着々と注目を集めているようです。

スポンサーリンク

はやぶさ2打ち上げ見学ツアー

小惑星探査機はやぶさ2
打ち上げ予定日が決定したのもあり
現在大きく話題に上がっています。

 

 

小惑星探査機などは
今までには何度も新たな発見などを
地球へと情報を送っているので
今回のはやぶさ2にも
期待が寄せられていますよね。

 

 

はやぶさ2は
2003年に打ち上げられた小惑星探査機
はやぶさの後継機ということで
宇宙航空研究開発機構JAXAによって
開発をされていました。

 

 

前回のはやぶさとは
問題点などを改良したものとなっており
さらに大きな成果を出せるのではないか
ということ。

 

 

特に、魚眼レンズが搭載されたことにり
さらに粒子の光学観測もできるとかで
小惑星についての情報が
打ち上げられた後には
たくさん地球へと届けられていくのではないかな
と思われます。

 

 

なのでパワーアップした
はやぶさ2には
無事に打ち上げを成功してもらいたいですし
新たな発見などを
地球へと届けてほしいですよね。

 

 

どんなに小さな発見だったとしても
それは地球では考えられないことかもしれませんし
宇宙を知っていく上では
大きな一歩となっていくと思います。

 

 

はやぶさ2が
宇宙開発をさらに促進させる
力になればいいですよね。

 

 

さて、そんな期待が込められている
はやぶさ2ですが
気になる打ち上げ予定日
2014年11月30日
13時24分48秒
に決まりました!

 

 

まだ打ち上げまでは一ヶ月以上あるので
その間には
さらにはやぶさ2について
世間でも取り上げられる機会が
増えていくのではないでしょうか。

 

 

打ち上げ予定地は
種子島宇宙センター大型ロケット射場

 

 

是非とも打ち上げを観てみたい
という人は近くまでいくと
打ち上げの様子を見ることが
出来るかもしれませんね。

 

 

また、打ち上げツアーがあるのならば
参加したいと思っている人も
いるかと思います。

 

 

今のところそのような情報はないものの
打ち上げ予定日は先日決まったのもあるので
もしかしたら今後そのようなものが
発表されることもあるかもしれません。

 

 

当日には打ち上げ予定地である
種子島宇宙センターからは
インターネットでライブ配信をする予定らしく
ツアーなどがあっても参加できない
という人などはそちらを観てみると
打ち上げの様子を見ることができるかと思います。

 

 

ライブ配信の内容としては
ミッション紹介VTRや、準備状況から
ロケット打ち上げ、その後
についてを中継していくということ。

 

 

このライブ配信を見れば
はやぶさ2のことについて
より深く知ることができますし
歴史的な瞬間をこの目で観たい
という人は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク


小惑星1999 JU3へ

さて11月30日に
打ち上げ予定がされている
小惑星探査機はやぶさ2。

 

 

今回はやぶさ2が
探査をする予定である小惑星というのが
小惑星1999 JU3

 

 

この小惑星は炭素系物質を主成分とする
小惑星となっており
はやぶさ2の前であるはやぶさが訪れた
イトカワはケイ素を主成分とする
小惑星でした。

 

 

はやぶさは、無事イトカワへと
着陸を果たしましたが
様々な故障などが重なってしまい
思うような成果をあげられませんでしたよね。

 

 

しかし今回のはやぶさ2では
そういった反省点などをいかしているので
おそらく大成功を収めて
地球へと戻ってきてくれるのではないかと思います。

 

 

この小惑星を探査することにより
得られるものとしては
地球の起源を知ることができるということ。

 

 

本来惑星というのは
小さなチリの集合体であります。

 

 

地球も同じだといえますが
一度地球は過去には溶けてしまった
ということもあるために
宇宙誕生当時のチリが
どういったものであったかというのは
まだわからないということがあります。

 

 

この小惑星では
そのチリなどを含めた
全ての起源を知る何らかの手がかりになるのでは
とも言われているために
もし、はやぶさ2がそういった情報を
つかめたとしたならば
これは世界中で大きく取り上げられるものに
なっていくのではないでしょうか。

 

 

まだまだ、打ち上げ前ですし
絶対打ち上げが成功をする
ということも言えませんが
成功をして、帰還予定である
2020年末には
無事帰ってこられるように
願っていたいですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す