はやぶさ2打ち上げ延期理由。12月9日までに打ち上げないと…

はやぶさの後継機として打ち上げ予定の
はやぶさ2

 

 

本来11月30日の打ち上げ予定でしたが
延期をしたことをJAXAが発表しました。

スポンサーリンク

はやぶさ2打ち上げ延期理由

はやぶさの後継機として
打ち上げ予定であったはやぶさ2

 

 

はやぶさ2は
1999 JU3という小惑星を
探査する目的で
打ち上げられます。

 

 

この小惑星は
地球に接近している軌道を持っている
地球接近小惑星の一つであり
大きさなはわずか900m。

 

 

小惑星には
太陽系誕生や進化の過程に関する
情報などを持っている可能性がある
とされていることから
今回はやぶさ2が探査をする予定です。

 

 

小惑星に含まれる物質には
有機物や水が存在しているといわれており
地球の進化過程についても
わかるかもしれませんね。

 

 

はやぶさ2は
今年2014年に打ち上げが予定されており
到着をするのは4年後である
2018年。

 

 

そしてその2年後である
2020年末に
地球へと帰還する
スケジュールを組まれています。

 

 

小惑星には
およそ18ヶ月滞在する予定です。

 

 

太陽系の誕生や
進化を知ることができるかもしれない
ということもあり
以前から打ち上げには
注目されて今か今かと
待ちわびている人も多くいました。

 

 

しかし、はやぶさ2の打ち上げが
延期することをJAXAが発表。

 

 

当初は11月30日に
打ち上げを予定していましたが
天候が良くないことから
12月1日に変更

 

 

しかし12月1日も
天候に左右されてしまったことから
再び延期。

 

 

二度に渡る延期は
結構波紋を呼んでおり
期待され注目されていただけ
残念がる声も多いようです。

 

 

打ち上げは
デリケートなものなので
無理に打ち上げて
失敗をしてしまえば
元も子もありません。

 

 

延期されていて
次に打ち上げ予定とされているのが
12月3日午後1時22分4秒

 

 

今のところ3日の天候は
良好なようなので
大きな問題がない限りは
打ち上げられるのではないかと思います。

スポンサーリンク


12月9日までに打ち上げないと…

12月3日に
はやぶさ2の打ち上げが予定されています。

 

 

二度にわたる
打ち上げ延期なので
さすがに3日には
無事打ち上げられるといいですよね。

 

 

しかしやはり当日になってみないと
天候がわからないために
打ち上げられるのか不安なところ。

 

 

はやぶさ2は
最長延期期間は
12月9日まで

 

 

この12月9日までに打ち上げないと
色々と問題が出てくるようなので
なんとしても天候に恵まれて
打ち上げられればいいですよね。

 

 

何故色々な問題が出てくるかというと
なんと9日以降のスケジュールは
まったく組まれていないようで
もし9日までに打ち上げられなかったとなると
はやぶさ2打ち上げは
かなり難しくなる様子。

 

 

打ち上げスケジュールは
多忙なものを極めるだけに
時間を確保していくのも
準備をしていくのも
かなり大変なことになりそうです。

 

 

そうなればはやぶさ2の探査スケジュールは
全体的に狂ってしまうことも
あるかもしれませんし
なんとしても9日までには
打ち上げたいものですよね。

 

 

では、どういった場合に
打ち上げが延期されてしまうのか
条件を見てみましょう。

 

 

・打ち上げ時、1時間あたり8ミリ以下の雨が
降ってしまった場合

・雹が降った場合

・積乱雲が航路上にないこと

・半径10㎞以内に雷雲がないこと

 

など。

 

わりと簡単そうな条件にみえて
上空の天候は変わりやすいために
直前になってみないと
なかなかわからないようです。

 

 

他にも
打ち上げの12時間前には
発射台に移動させるのですが
そのときにも多くの条件があり
それをクリアしなければなりません。

 

 

大規模なものなだけに
条件は厳しく
それを乗り越えてやっと
宇宙へと旅立つことができます。

 

 

一体はやぶさ2の打ち上げは
無事に3日にできるのか
それとも9日の間にすることが
できるのか…。

 

 

しっかりと打ち上げられるように
応援していきたいですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す