ドイツではロボットで宇宙ゴミを回収し大気圏で燃やし除去へ。

ゴミの問題は地球全体には
どの時代にもある問題ですが
今は宇宙に浮遊する宇宙ゴミについても
問題となっています。

 

 

宇宙ゴミ問題については
世界中で解決策が練られています。
そんな中でドイツでは
ロボットを使って宇宙ゴミを回収する
ということで話題になっているみたいですね。

スポンサーリンク

宇宙ゴミとは?

地球には常にゴミが排出し始めている
と言えますし
そのゴミは海や川を汚し
森などの自然も汚し
生態系を壊すこともあれば
地球の環境を悪くさせることもある
大きな問題です。

 

 

ゴミは生活をしていく上では
必ず出るものであり
それを減らすという意味を込めて
リサイクルやエコといった対策を
現代、世界中で対策が練られています。

 

 

ゴミの分別なども厳しくなっている
というのはここ数年で
過ごしていて感じたことがある人は多いでしょう。

 

 

それだけゴミというものは
脅威となる存在だといえます。

 

 

そんなゴミ問題ですが
地球だけの話ではとどまらずに
今では宇宙に浮遊する宇宙ゴミについても
問題となっています。

 

 

何故宇宙が汚れるのか
ゴミが浮遊しているというのは
イメージがわかないでしょう。

 

 

宇宙には地球から
人工衛星やロケットなどが
打ち上げられています。

 

 

その破片や部品などが
宇宙に漂うことになるようで
それが宇宙ゴミとして
宇宙に浮遊することになっているようです。

 

 

この宇宙ゴミは放置していれば
打ち上げられた衛生やロケットなどと
衝突する可能性は高いと言えます。

 

 

宇宙ゴミは
秒速8㎞という速さ
地球の周りを周回しているため
そんな速さのものが
もし衝突をしたと考えると
かなり危険ですよね。

 

 

せっかく打ち上げた
衛生などにぶつかってしまうと
それらは大破してしまうことになり
さらに宇宙ゴミを生み出してしまう
問題となってしまいます。

 

 

現在わかっている中では
地球の周りには
多くの地球ゴミが浮遊しているということで
この宇宙ゴミの問題は
早急に対処しなければならないという
課題があると言えるでしょう。

 

 

なので世界中では
この宇宙ゴミの問題を早急に対処するために
多くの案が出てきています。

 

 

最近注目されたものというのが
なんと日本の漁網を作っている
漁網会社が制作した特殊な漁網を応用して
宇宙ゴミを取ろうというもの。

 

 

まさか魚を捕まえる網で
宇宙のゴミを取り除くだなんて
信じがたいものですが
日本の漁網会社が活躍をするというのは
とても光栄なことだと思います。

 

 

現在研究段階ということで
実施はまだのようですが
日本の漁網が活躍する
宇宙ゴミ問題に関しては
注目していきたいですね。

スポンサーリンク


ドイツではロボットで宇宙ゴミを回収し大気圏で燃やし除去へ?

さて今注目されている
宇宙ゴミ問題ですが
ドイツではロボットを使った
対策を考えているみたいですね。

 

 

この作戦に使われるロボットは
地球から遠隔操作をすることができ
宇宙ゴミの位置を正確に把握
安全に接近、回収をすることができる
高性能ロボット。

 

 

しかも宇宙では何が起こるかわからない
危機的状況下の中でも
自律的に振る舞うことができるという
重要なポイントも踏まえているようで
もしこのロボットが打ち上げられれば
宇宙ゴミを確実に安全な方法で
回収することが可能となります。

 

 

特に宇宙ゴミは宇宙を漂っている中で
どんな影響を受けているのかも
今のところ予測はできません。

 

 

そんな宇宙ゴミを回収するためにも
ロボットに求められるスペックは
かなり高いために
現在は研究開発が進められているということ。

 

 

漁網技術によって宇宙ゴミを回収する
というのも理想的でありますが
もしロボットによって回収することができるのならば
地球から自由に操作を出来ますし
どんな状況でも最小限にトラブルを
抑えられると思うので
かなり期待ができますよね。

 

 

まだ開発途中ということもあり
一体どんなものとなっていくのか
わかりませんが
お披露目されるのが今からでも楽しみです!

 

 

今後漁網にロボットといった
様々な宇宙ゴミ回収方法が
出てくると思うので
新たな新技術や開発、研究に
注目していきたいと思います。

    スポンサーリンク


    コメントを残す