原始重力波とは?米国の研究チームが発見!?

原子重力波とはご存知ですか?

 

 

米国の研究チームが発見したということで
話題になっていますが
そもそも原子重力波とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

原子重力派とは

今からおよそ138億年前のこと
ビッグバンという大爆発が起きて
宇宙が誕生したと考えられています。

 

 

このビッグバンに関しては
最も宇宙が誕生した時の説としては有力で
小学校の理科の教科書にも
乗っていることですよね。

 

 

宇宙はその爆発によって
今もなお膨張し続けているとも考えられており
このビッグバンという大きな爆発は
大きな膨張の瞬間でもあると言えます。

 

 

宇宙の1番最初は
最小の粒々である素粒子よりも小さかった
言われています。

 

 

これが本来の宇宙の形であり
この素粒子よりも小さな物質が
一気に膨張をはじめました。

 

 

この膨張のことは
インフレーション理論と呼ばれるものであり
この膨張し続ける力とは逆の力が働き
通常の素粒子だったものが
高温・高密度のプラズマへと変化を遂げ
宇宙は超高エネルギー状態へとなりました。

 

 

いわゆるこの状態が
ビッグバンになります。

 

 

宇宙には光がたくさんあり
その光によって様々なことを観測することができますが
宇宙が誕生して間もない頃には
宇宙は多数の電子が自由に飛び交う空間だったので
現在のように光が届くような環境ではなく
光が通りづらい環境でした。

 

 

その通りづらい環境が解消されたのは
宇宙誕生から38万年後のこと宇宙の晴れ上がりと呼ばれます。
現在の段階では、光によって宇宙を観測する限界は
この宇宙誕生から38万年後から現在に至るまで
ということになるのです。

 

 

なので宇宙誕生から38万年より以前の光を
観測することは出来ません。

 

 

そんな時に登場するのが原子重力波で
インフレーションが生まれた時の
原子重力波を観測することによって
宇宙の起源を知ることが可能となりました。

 

 

ビッグバンで急速に膨張した時空は
歪められており
その時に時空のゆらぎが波として生み出され
この波こそが原子重力波と呼ばれるものになります。

 

 

ただし、この原子重力波自体を直接観測するまでには
現在の宇宙開発では至っていません。

 

 

しかし宇宙誕生から38万年後にに起きた
宇宙の晴れ上がりの時に
この原子重力波の痕跡が残されているとされており
これをさらに研究していくことによって
宇宙のはじまりに迫っていけると
言えるようです。

 

 

今後、直接この原子重力波を観測することができれば
宇宙誕生のその時、どんな状態だったのか
生まれた瞬間の写真までもを見ることができるかもしれないと
宇宙誕生の瞬間、原子重力波が生み出された
インフレーション時の宇宙を観測することができるかもしれないため
現在研究が進められています。

スポンサーリンク


米国の研究チームが発見!?

この原子重力波の痕跡
昨年2014年3月
米国の研究チームが発見しました。

 

 

研究チームは
南極に設置してある電波望遠鏡によって
原子重力波の痕跡をとらえたと発表。

 

 

これによって仮説でもあるインフレーション理論を
裏付けるものということで
世界的に注目されており
ノーベル賞級の成果とされていました。

 

 

実際原子重力波を観測するのは難しいですし
痕跡の観測に成功したというのは
宇宙の始まりに一気に迫れる成果なので
世界的に注目されるのもわかりますよね。

 

 

宇宙の始まりをより今よりも知ることができれば
宇宙の誕生だけではなく
天体の誕生や謎の物質であるダークマター
ブラックホールなどのことについても
迫れる可能性が高くなります。

 

 

全ての起源である誕生の瞬間を
知ることができるというのは
宇宙にあるもの全てを知る可能性を得ることになるので
歴史的瞬間になるといっても過言ではないと言えます。

 

 

しかしこの発表当初から
原子重力波の痕跡はノイズで生じたものではないか
という指摘もされていたため
議論が繰り広げられていました。

 

 

これにより米国、ESAなどが
観測衛星プランクで得たデータなどを
共同で解析を進めていき
先日1月30日に確定的な証拠は見つからなかったことを
発表しました。

 

 

ただ、確定的な証拠が見つからなかったというのは
途中段階に過ぎずに
まだ痕跡が残されている可能性もあるとされているようで
あくまで現段階での見解の様子。

 

 

今後観測した原子重力波の痕跡を解析していくようで
研究もし続けていくようです。

 

 

果たして原子重力波の痕跡なのか
それともノイズなのかは今はわかりませんが
出来れば原子重力波の発見であってほしいですし
解析と研究結果に期待していきたいですね。

    スポンサーリンク


    1件のコメント

    • 根保孝栄・石塚邦男

      ブラックホールの発見の歴史に関心を持ってまして、数冊の専門家のものを読んできました。下手な小説よりも面白いですね。

    コメントを残す