ふたご座流星群。2014年の見頃は?

肌寒い季節になってきて
そろそろ秋も本格的に移り変わる時期ですが
寒さを感じると冬の訪れも感じますよね。

 

 

冬といえば冬の流星群であり
三大流星群の1つである
ふたご座流星群は見逃せません。

スポンサーリンク

ふたご座流星群

冬の名物でもあり
1年の中でも三大流星群と言われている
ふたご座流星群が早くも注目を集めています。

 

 

さすがに三大流星群と言われるだけあって
毎年綺麗な流星群を見ることができるので
毎年テレビなどでも取り上げられていますよね。

 

 

ふたご座流星群とは
ふたご座α星付近を放射点として出現をする
流星群だと知られており
ふたご座α流星群とも呼ばれていますね。

 

 

毎年12月5日から12月20日頃に
活動をしているので
まさに冬の名物とも言えます。

 

 

1月のしぶんぎ座流星群
9月のペルセウス座流星群
三大流星群としても有名なので
かなり知名度の高く人気のある
流星群ですね。

 

 

一時間あたり20個から30個ほど
流星を確認でき
さらに条件がいい年には
50個から60個観測できます。

 

 

だいたいふたご座流星群は
毎年条件が良くなくとも
流星を確認することができるので
安定して観測することができます。

 

 

特徴としては
あまり明るくもなく有痕率もない
地味な流星でしたが
最近では明るい流星が増え
有痕率も増えているので
さらに観測はしやすくなってきています。

 

 

なのでよりここ数年では
今まで以上に注目を浴びる流星群として
人気を集めているので
仲間内で毎年観ているという人も
多いみたいですね。

スポンサーリンク


今年2014年の見頃は?

今からでもすでに注目を浴びている
ふたご座流星群。

 

 

今まで見たことがないという人は
これほど注目されている
流星群のことを
是非一度でもいいから目にしてみたいですよね。

 

 

毎年注目しているという人も
今年の見頃が気になるかと思います。

 

 

流星群の活動は
12月5日頃から20日頃の間となっていますが
今年は14日から15日が
より見ることができると言われています。

 

 

その中でも特にピークは
14日日曜日の21時頃
と言われているみたいですね。

 

 

ただ14日の前日である
13日の深夜帯も
比較的観測しやすいようなので
13日~15日を中心に夜空を見上げておくと
安定して観測することができるかと思うのでオススメ。

 

 

次に月齢条件ですが
今年は残念ながらあまりよくはありません。

 

 

ただ、比較的ふたご座流星群は
観測しやすくなっているので
特に問題はないと言えます。

 

 

もし月の影響を受けずに
観測したいと思うのであれば
月が昇る前の時間帯である
夕方明けから深夜前を目処に見ると
いいかもしれませんね。

 

 

次に方角についてですが
特に決まった方角はないので
空一面を見渡せば観測をすることができます。

 

 

綺麗にしっかくと観測したいという人は
特に市街地や人工的な光が
空に届かない場所を選ぶのが◎。

 

 

ふたご座流星群は
近年明るさを増していて
有痕率も上がっていますが
空が明るければはっきりとは見えない
ということもあります。

 

 

なのでできるだけ暗い場所や
地方、山などに行って観測をすれば
より最高の条件で見ることができるので
オススメです。

 

 

ふたご座流星群なので
都心部でも見ることができない
というわけではないですが
出現数も多いので
本当に障害のない場所で観測をすることにより
さらにロマンチックな夜空に
なるかと思います。

 

 

また12月は寒く
夜中はさらに冷え込むので
防寒具を忘れずに。

 

 

天気などはまだわかりませんから
前後の天気をしっかりと確認して
観測日に備えてくださいね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す