ふたご座流星群2017!方角やピークについて!

流星群の中でもふたご座流星群は
メジャーな流星群の一つですよね。
すでに今年2017年のふたご座流星群はどうなんだろう?と
気になっている人もいると思います。

 

 

そこで今回はふたご座流星群に注目!
ふたご座流星群2017は、どんな観測条件となっているのでしょうか?
方角やピークについて、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

ふたご座流星群2017

ふたご座流星群
流星群にあまり詳しくないという人でも
聞いたことのある流星群の一つだと思います。

 

 

流星群は、いつも馴染みのある星座ではない名前のものもあるので
ふたご座はその点、12星座に数えられているだけあって
ふたご座流星群も聞き馴染みがある流星群の名前ですよね。

 

 

さて、そんなふたご座流星群ですが
誕生日の星座と同じく
6月頃の流星群なのかな~と思いきや
実はふたご座流星群は12月の流星群になります。

 

 

ふたご座というと6月ってイメージが強いので
12月となると、意外!と驚く人もいるかもしれませんね。

 

 

今回はふたご座流星群2017に注目ということで
まだ先ではありますが
今年のふたご座流星群の観測条件などについて
見ていきたいと思います!

 

 

まず、昨年2016年のふたご座流星群を振り返ってみると
観測条件はあまり良くなかったので
期待どおり観測出来なかった
という人も多かったと思います。

 

 

しかし今年2017年のふたご座流星群は
観測条件はまずまずな感じとなっているので
昨年はよく観測出来なかったという人も
期待出来そうな感じですね!

 

 

ここ数年間は
観測条件が急激に悪くなることもなければ
最高に良いというわけでもないので
安定して見ることが出来そうな流星群だと言えます。

 

 

では、次にふたご座流星群の観測条件や
ピーク期間について見ていきましょう!

スポンサーリンク


方角やピークについて

ふたご座流星群2017の観測条件を知っていないと
いくら観測したいと思っていたとしても
思うように観測出来ずに終わってしまいますよね。

 

 

流星群を見る際には
期間はいつからなのか、方角、月齢
極大ともなるピーク時間について知っておかなければ
上手く観測出来ないので注意が必要です。

 

 

だいたい期間に関しては
例年通り12月始めくらいから中旬終わりまで。

 

 

今年2017年のふたご座流星群の極大となる日程は
12月14日の午後15時となっています。

 

 

午後15時ともなれば
冬と言えどまだ空は明るいので
極大の観測条件としては、あまり良くない条件になりますね。

 

 

なので、14日未明と15日の夜にかけて
観測をしてみると良いでしょう。

 

 

極大となる時間を過ぎてしまっていますが
前後ともなっているので
幾分観測しやすいかと思います。

 

 

方角は特に指定はありませんが
少しでも観測出来るように
月とは反対の方角を眺めてみると良いでしょう。

 

 

かなり12月の夜は冷え込むことになるので
防寒対策をしっかりすると◎。

 

 

温かい飲み物やカイロなどを用意しておくと
夜中の間じっくりと天体観測をしていけると思うので
用意してみるといいかもしれませんね。

 

 

また、天体観測をするオススメのスポットも
日本各地にたくさんあるので
そういった場所に足を運んでみるのもオススメですよ!

    スポンサーリンク


    コメントを残す