太陽フレアが人体に及ぼす影響。

太陽は天体の中でも特に常に様々な現象が
起きている天体だと言えます。
その中でも大きな特徴でもある
太陽フレア。

 

 

太陽で発生している爆発現象ですが
実はこの太陽フレアは地球にも影響を及ぼすことのある
現象なのです。

スポンサーリンク

太陽フレアの影響

太陽は常に様々な現象が起きています。

 

 

特にその中でも特徴的な現象といえば
太陽フレアと言われるものですね。

 

 

この太陽フレアは
月が太陽を覆い隠す現象
皆既日食のときにも見ることができるので
その目で確かめたことのある人も
少なくないでしょう。

 

 

月が重なりあった時に
その背後から、炎のようなものが
噴射しているような、漂っているような
そんな姿を見たことがあるかと思います。
これが太陽フレアですね。

 

 

太陽は燃えていると言われるのも
ほとんどがこの太陽フレアの存在が
大きいといえるかもしれません。

 

 

皆既日蝕中にはこの太陽フレアは
より幻想的な瞬間を深めてくれるものでもあります。

 

 

太陽フレアというのは
太陽系では最大の爆発現象のことで
太陽の黒点付近で発生することが多い
とされています。

 

 

太陽フレアの大きさは
数万㎞と言われるものであり
水素爆発10万から1億個と同等
と言われています。

 

 

かなり大きな爆発ですよね。
さすが太陽系最大といったところでしょうか。

 

 

この太陽フレアによって
衝撃波、プラズマ噴出が発生をします。

 

 

これほどまでに大きな爆発が起こった場合
そして、それらのものが発射された場合
周辺のものへ影響が及ぼす
というのはわかりますよね。

 

 

地球上で見てみても
大規模な爆発があった場合は
衝撃波によって様々なものが飛び散ります
それをイメージしてくれていいでしょう。

 

 

太陽フレアによって
衝撃波、プラズマ噴出が発生すると
時に地球へ急激に接近をします。

 

 

接近をすると
突然の磁気嵐を起こすことになります。

 

 

磁気嵐というのは
地磁気が乱れてしまうことで
地球上では激しいオーロラ嵐がであり
地場の変化も観測されます。

 

 

送電線には誘導電流が作られ
送電システムが障害を起こし
それは停電という形で人々の生活を襲います。

 

 

また、人工衛星や無線通信などにも
障害を及ぼすなど
この太陽フレアが地球に及ぼす影響は
かなり大きなものに。

 

 

現在はそれを防ぐための手段はないので
宇宙天気予報の研究によって
太陽フレアからなる磁気嵐を予測し
対策できないかという研究が
進められています。

スポンサーリンク


人体への影響は?

送電システムを麻痺させてしまったり
通信システムや人工衛星に
障害をもたらしてしまうほどの威力がある
太陽フレア。

 

 

そこで気になるのがやはり
人体への影響ですよね。

 

 

ネットなどをみていると
太陽フレアが活発化するにあたって
頭痛や身体のだるさなど
体調不良を訴える人が
結構います。

 

 

もし実際に人体へ影響があるのならば
これは早く研究を進めてもらわないと…
と焦る人もいるでしょう。

 

 

しかし、実際太陽フレアが
人体に及ぼす影響というのはありません。

 

 

太陽フレアは確かに大きな爆発ではありますが
その爆発の影響というのは
地上にまでは到達できません。

 

 

地磁気が乱れることはあっても
人体に及ぼすほどの力もないため
人体への影響はゼロということです。

 

 

何故体調不良になってしまったのかというと
これらは憶測にしか過ぎませんが
病は気から、とも言うように
太陽フレアという聞きなれない不安要素によって
気持ちが落ちてしまい
それによって体調不良が引き出された
ということが考えられます。

 

 

人間はそういった不安要素や心配事には
とても弱く、気にすれば気にするほどに
それは体調へと変化を及ぼしていきます。

 

 

正式に人体への影響は否定されているので
そういったところから体調不良になった
というのが妥当なところでしょう。

 

 

大規模な太陽フレアが起こったとしても
人体に影響を及ぼすレベルではないため
もしニュースで取り上げられても
過剰な反応をしないのがポイント。

 

 

ただ、停電やシステム麻痺など
生活に支障が出てしまうのもあるので
それによって生活サイクルや不便さによって
調子が狂ってしまう
ということはあると言えますね。

 

 

そうならないためにも
現在宇宙天気予報が研究を進めているので
少しでも早く、これを防ぐ方法を
見つけてくれたらいいなと
願っていきたいですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す