スペースシャトル コロンビア号の爆発事故。原因はUFOか。

スペースシャトルときくと
宇宙へ旅立つ宇宙船として
かっこいいイメージはあるものの
2003年に起きたあの事件のことも
思い出す人も少なくないと思います。

 

 

コロンビア号の爆発事故は
今でも悲惨な事故として取り上げられるものですが
原因にはUFO説も浮上しているようです。

スポンサーリンク

スペースシャトル コロンビア号の爆発事故

スペースシャトル
NASAが1981年から2011年にかけて
135回打ち上げをした
有人宇宙船です。

 

 

たとえ宇宙に詳しくないという人でも
スペースシャトルは誰だって
一度は耳にしたことがあると思いますし
宇宙開発において
スペースシャトルは大きな成果を収めたために
おそらくこれからの未来には
深く歴史上に刻まれていくことに
なると思います。

 

 

しかし、近代的であり
画期的でもあったこの宇宙船は
決して成功だけを収めただけではなく
悲惨な事故を起こしてあることも
忘れられない事実として
歴史に刻まれています。

 

 

その事故があったのが
2003年2月1日

 

 

スペースシャトルの
コロンビア号が大気圏に突入する際に
空中分解をしてしまい
7人の宇宙飛行士が
犠牲になってしまったという事故です。

 

 

7名の宇宙飛行士が
地球を目前として
二度と帰ってくることができなくなった
この事故は、今でも語り継がれる悲惨な事故であり
今後も宇宙船事故としては
起こりうるものだとも言えます。

 

 

この時行われたミッションはSTS-107で
16日間にわたって
地球を周回するという科学実験が
ミッション内容。

 

 

しかし、打ち上げの際に
外部燃料タンクの断熱材が落下して
そのときにシャトルの左翼にぶつかり
損傷したと見られています。

 

 

これが今のところ事故の原因とされており
帰還のために大気圏突入をした際に
左翼の損傷部分から超高温の空気が流出。

 

 

そして空中分解、墜落という
最悪の結果を招いてしまいました。

 

 

当初この左翼の損傷時には
NASAはこの時の判断として
問題ないと決断をしていたこともあり
安全面の軽視が厳しく批判されることに。

 

 

スペースシャトルにとって
死亡事故は2度目となりましたが
左翼損傷の時に、安全面を考慮して
引き換えしていれば
もしかしたら助かったかもしれないと思うと
いい加減さも感じてしまいますよね。

 

 

また、断熱材落下は
今回が初めてではなく
頻繁に起きているものでもあったため
そういった改善をしなかったことや
危険だという周りの声をきかなかった
という点についても
NASAには悲痛な声がたくさん届いたようです。

 

 

改善を常に重ねていれば
コロンビア号のような事故は
起きなかったかもしれない
又は、何らかの対処を講じて
被害を最小限に留められたのではないかと思います。

スポンサーリンク


原因はUFOだった?

断熱材落下による左翼損傷が原因で
スペースシャトル、コロンビア号は
無事に地球に戻ることはありませんでした。

 

 

というのが正式発表となりましたが
この事故原因については
未だにとある噂が囁かれているのも事実。

 

 

その噂というのが
UFOによる追撃をうけて
事故に発展したのではないかということ。

 

 

現在の段階で
地球外生命体やUFOの存在は
はっきりとはわかっていませんが
それでも何年も前からUFO目撃情報や
宇宙人、UMAの存在など
未確認生物の話題は絶えず語り継がれています。

 

 

それらがいるとされているのは
宇宙ですし、UFOの手によって
攻撃される可能性は0とは言えないのも
正直なところ。

 

 

どうやらこの噂は
とある動画が流出されて
ささやかれるようになったようで
未だにこのコロンビア号の本当の原因は
わかっていないようですね。

 

 

この動画で語られていることは
どうやら、大気圏外である無重力の状態で
爆発をしているというもので
大気圏突入時に爆発をした
というわけではないということ。

 

 

確かに動画をみてみると
無重力状態のまま
爆発をしている機体が
宇宙空間を漂っているようにもみえ
その後、重力によって
地上へと落下をしている様子が
みえます。

 

 

実際、この動画が本物なのか
コロンビア号では何がおこったのか
それは今では知ることはできませんが
1つの事実としていえることは
この際に、避難をされたNASAの
安全面軽視の問題は確かであったということ。

 

 

もしUFOの攻撃によって
事故が起きてしまったとしても
安全面軽視をしていたのが事実であるのならば
それは大問題ですし
あれから大きな事故は起こっていませんが
この事故で失敗してしまった経験を
これからは繰り返さないようにと
ただ、願っていきたいですね。

    スポンサーリンク


    1件のコメント

    • ややや

      打ち上げ中に引き返すことはできませんし、
      シャトルが飛んでるとこは無重力ではありません
      思いっきり重力圏内です

    コメントを残す