地球の寿命が5分って?原因は大気汚染による地球温暖化?

地球の寿命について
度々話題に上がることがありますが
生きているうちに地球が終わる
というのは現実味がない話ですよね。

 

 

しかし、地球の寿命があと5分だったら。
あと5分間しかないという地球の寿命について
注目していきます。

スポンサーリンク

地球の寿命が5分?

地球の寿命について
調べたことがあるという人も
いるのではないでしょうか。

 

 

地球の寿命というのは
すなわち私達人類を含む
地球上の生物の最期というわけでもあるため
あと何年の間、安心して生きていられるのだろう
ということは考えてしまうものです。

 

 

しかし今のところ
地球が寿命を迎える
ということは遠い未来の話であり
漠然としたそんな未来に
怯える人もいなければ
現実的に考える、という人も少ないでしょう。

 

 

もし寿命を迎えることがあり
それが遠い未来だったとするならば
人類はその前に他の惑星に移住している
なんてことも十分にありえますよね。

 

 

そんなどこか遠い未来であり
現実味のない、他人ごとのようにも聞こえる
地球の寿命ですが
地球の寿命で調べていくと
残りはあと5分、という情報も出てきます。

 

 

今から5分後に地球が終わるならば
あと5分で出来ることなんて何もないですし
映画のように地球を救うなんてこともできません。

 

 

ただ驚いて現実も受け入れられないままに終わる
それってとてもこわいことですし
あと5分で地球が終わるなんてことは
考えたくないですよね。

 

 

この5分というのは
もちろん実際の5分ではありません。

 

 

なので今から5分後に
地球が終わるなんてこともないので
ひとまず安心です。

 

 

ではこの5分とは何なのかですが
地球の寿命を24時間換算した時に
寿命があと5分ということを
数年前にニュースで取り上げていたということ。

 

 

地球規模になってしまえば
24時間というのも寿命である5分というのも
私達にしてみれば途方も無い時間ですが
それでも5分ときいてしまうと
その短さに驚かされますよね。

 

 

実際の地球の寿命というのは
あと約17億5千万年
と言われています。

 

 

その頃には私達人類がどうなっているのか
果たして地球はどんな姿をしているのか
想像すらできないものです。

 

 

しかしこの寿命というのは
伸びたり縮んだりしているため
大まかな寿命しかわからないということ。

 

 

今後地球に何があるのかわかりませんし
宇宙での何らかの変化や影響によって
地球の寿命が変わるということも
十分にありえることです。

 

 

まだまだ私達は地球に関しても
宇宙に関しても知らないことばかりであるため
現状ではおおまかな寿命しか
わからないと言えます。

スポンサーリンク


原因は大気汚染による地球温暖化?

24時間換算すれば
地球の寿命はあと5分。

 

 

寿命が来てしまうには
理由があります。

 

 

人間をはじめとした生き物や
物にも寿命があり
その理由は様々なものです。

 

 

では地球があと5分で終わってしまう
何がそんなに地球の寿命を縮めているのでしょうか。

 

 

やはり原因として挙げられるのが
大気汚染による地球温暖化問題ですよね。

 

 

地球温暖化の問題は
今では世界中で取り上げられており
CO2削減やエコ活動など
温暖化の問題に世界各国が取り組んでいます。

 

 

地球温暖化が進んでしまえば
オゾン層が破壊されてしまい
地球の生き物にとっては有害とされる物質が
宇宙から入りこんでしまうことにより
地球にいる全てのものに
何かしら影響が出てしまいます。

 

 

最終的には人類滅亡なども言われていますよね。

 

 

一説には地球温暖化はしていないということや
大気汚染によって温暖化はしていないということ
太陽活動の影響によって温暖化しているなど
温暖化問題に関しては様々な説が浮上していますが
それでも大気汚染の問題や環境問題は
地球に大きな悪影響を及ぼしていくというのは
容易に想像ができることですよね。

 

 

何故5分間で地球が寿命を迎えてしまうのか
そのはっきりとした理由はわかりません。

 

 

地球自体に関することかもしれませんし
宇宙での何らかの影響によって
地球はその時を迎えることもあります。

 

 

まだまだ地球が終わるのは
本当に先の未来のことではあるものの
今私達が取り組んでいけることは
いつかの私達の祖先や、地球の未来のために
きっと役立つことであると信じて
環境問題などには積極的に取り組んでいきたいですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す