ガリレオガリレイが最初に地動説を唱えた天文学者?確信したきっかけは?

ガリレオ・ガリレイ
誰もが一度は聞いたことがあるであろう
偉人の一人ですよね。

 

 

そんなガリレオ・ガリレイと言えば、
最初に地動説を唱えた天文学者?ということで
気になる人も多いようですね。
今回は地動説とガリレオ・ガリレイについて
注目していきます。

スポンサーリンク

ガリレオ・ガリレイが最初に地動説を唱えた天文学者?

ガリレオ・ガリレイ
世界が誇る偉人の一人。

 

 

ガリレオ・ガリレイはイタリアの天文学者
物理学者、哲学者として
今も名を馳せ続けていおり
天文学の父とも呼ばれています。

 

 

天文学の父と呼ばれるだけあって
ガリレオ・ガリレイが天文学とは
深い関わりがあるということもあり
天文学分野において名前が挙がることも
少なくないですよね。

 

 

さて、ガリレオ・ガリレイといえば
地動説を唱えたことが
現在の天文学の起源となっていると言っても
過言ではないかもしれません。

 

 

まずは地動説についておさらいをしていきましょう。

 

 

地動説というのは
宇宙の中心は太陽として
地球や火星、他の惑星などは
太陽の周りを自転しながら公転をしている
という学説のことを言います。

 

 

もう一つの説には
宇宙の中心は地球である
という天動説もあり
この2つは対義する学説として
ぶつかりあっていました。

 

 

当時は地動説ではなく天動説が信じられており
それでもなお天動説を唱え続けるガリレオ・ガリレイは
裁判にかけられ、有害判決を受けたことが
有名ですよね。

 

 

そういったこともあり
ガリレオ・ガリレイが地動説を一番最初に唱えた人物
というイメージが強くついている人も多いようです。

 

 

しかしガリレオ・ガリレイが唱える前から
地動説を唱える人は存在していました。

 

 

遡ること、なんとギリシア時代。
当時の天文学者であるアリタルコスという人物は
地動説と同じく、太陽の周りを地球や他のものが
回っているのではないかと考えていたのが
始まりだと言われています。

 

 

しかし当時の研究や技術だと
それを裏付けるものはなく
単なる考えに近いものだったと言われています。

 

 

その後、中世に時代が移行をしていき
ポーランドの天文学者でありカトリック司祭
ニコラウス・コペルニクス
地動説を唱えました。

 

 

天動説には様々な欠点があり
天動説が長らく信じられてきている間も
この欠点について明確の答えられる説というものは
現れませんでした。

 

 

そんな中でニコラウス・コペルニクスは欠点、誤差に着目をし
独自に計算や、最初に地動説を唱えたとされるアリタルコスの研究を進め
天動説ではなく、地動説のほうが正確なのではないか
考えたようです。

 

 

しかし、当時の天動説は昔から信じられていたということもあり
それを覆す考えになる地動説を発表してしまえば
批判されるのではないか、とニコラウス・コペルニクスは恐れ
結局発表をしたのは彼が死を目前に迫ったときだったようです。

 

 

さらに天動説がこれほどまでに指示されている理由というのも
聖書に「神のおかげで大地が動かなくなった」と記されていることから
大地が動いているという主張は神の力や偉大さを否定するものとして
多くの聖職者が地動説を否定したというのも
大きく関係していると言われています。

 

 

ニコラウス・コペルニクスは
自身が聖職者であったということもあって
自分の立場や名誉、権威が失墜するのではないかということもあり
発表をためらったと言われていますが
もし同じような立場であったとしたら
発表をためらうのも、共感できますよね。

 

 

神の考えは絶対という当時の聖職者にとって
それとは異なる考えを唱えてしまえば
迫害されることは間違いないですし
聖職者としての地位を持っていたニコラウス・コペルニクスだからこそ
痛いほどそれをわかっていたというのも
納得がいくかもしれません。

スポンサーリンク


確信したきっかけは?

ニコラウス・コペルニクスの死後
ガリレオ・ガリレイが地動説を唱えた時代というのも
やはり当時は天動説が神の偉大さを証明するものということもあって
地動説を唱える者は異端者ということで
裁判にかけられたり、迫害される運命にありました。

 

 

そういったこともあり
様々な功績を持つガリレオ・ガリレイですら
裁判にかけられ、一生監視つきの生涯を過ごしたと言われています。

 

 

しかしそれでもガリレオ・ガリレイが
地動説を唱えたのは何故なのか。
地動説について確信したきっかけは何なのか
気になりますよね。

 

 

天動説には欠点や誤差があるということが問題になっていましたが
ガリレオ・ガリレイは初めて天体望遠鏡を用いて
天体観測を行った人物であり
そこから木星の周りを動く衛生の存在や
金星の満ち欠けや大きさの変化など
次々と発見をしていきました。

 

 

このガリレオ・ガリレイが行った
天体望遠鏡を使った天体観測で発見したものというのは
当時信じられていた天動説では
説明できない点が多かったということもあり
より地動説に確信めいたものを感じたのではないか
と言われています。

 

 

しかし、ガリレオ・ガリレイがかけられた裁判というのは
実は天動説を覆す地動説を唱えたから、というのが原因ではなく
本当の理由はガリレオ・ガリレイの功績や今後の成功を恐れた者による
作られた裁判だったのではないかとも言われています。

 

 

これほどまでの功績を持つガリレオ・ガリレイは
今の時代ですら偉人として名前が挙がるだけに
当時の人からすれば恐ろしい脅威であったことは間違いなく
そういった理由から、地動説を唱えた異端者ということを理由として
裁かれたのではないかということ。

 

 

実際、当時は地動説を唱えれば異端者であり
裁判にかけられ迫害される運命であったと言われているものの
ガリレオ・ガリレイが裁かれる前、そして後に
実際に同じように裁かれた人の記録はないということ。

 

 

今もなお謎に包まれていることのようですが
現在は天動説ではなく地動説が認められていますし
ガリレオ・ガリレイの発見や行動が後世に伝わる大きなものであったというのは
決して揺るがない事実である、ということですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す